ネオキャリア、「テレワーク導入推進コンソーシアム」を共同設立

~中小企業へのテレワークの導入・推進により、生産性向上を支援~

株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役西澤亮一以下、ネオキャリア)は、2019年5月28日に「テレワーク導入推進コンソーシアム」を共同設立いたしました。当コンソーシアムにて、地域の中小企業を対象にテレワークに関する中小企業経営者向けのセミナーや、テレワークツールとしての「jinjer勤怠」を提供をすることで、テレワークのさらなる普及・推進に貢献してまいります。
 

■テレワーク導入推進コンソーシアムとは
【設立の目的】
 日本では少子高齢化が進み、生産年齢人口の減少が大きな社会課題となっており、特に地域の中小企業に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。そこで政府は、テレワークを活用した働き方改革や生産性革命等による労働人口の確保と労働生産性の向上を重要視しています。こうした状況で課題解決に貢献するとともに、「Society5.0」の実現に寄与することを目指し設立したのが、テレワーク協会を事務局とし、テレワークツールを提供する8社からなる「テレワーク導入推進コンソーシアム」です。地域の中小企業へのテレワークの普及・推進に向けて中小企業が抱える各種課題に応じて、セミナー、コンサルティング、スマートテレワークパッケージの提供等を実施します。なお、「スマートテレワークパッケージ」とは、中小企業の課題に対して、有効な解決策となるテレワーク活用場面を想定し、それを実現する為に役立つ支援策等(ガイドライン・モデル就業規則・テレワークツール等)をパッケージ化して例示したものです。

【ネオキャリアにおける当コンソーシアムでの取り組み】
 勤怠管理テレワークツールとして「jinjer勤怠」が「スマートテレワークパッケージ」に含まれています。単なる勤怠管理機能のみならず、従業員の打刻率や残業ランキングを把握できるなど、マネジメントの効率化につながる機能も持ち合わせております。マルチデバイスに完全対応した場所を選ばない打刻・勤怠管理を実現する「jinjer勤怠」により、企業のテレワーク導入をサポートします。
 今後も、これまでブラックボックス化してきた企業の人事データを「可視化」することによって、人事領域の大幅な業務改善の最適解を導き出し、政府の進めるテレワークを活用した働き方改革や労働生産性の向上を支援してまいります。


■jinjer概要
「jinjer」は、人事向けクラウド型プラットフォームサービスです。これまで、バラバラに管理され、ブラックボックス化してきた勤怠管理、部署異動、経費精算、役職変更などの人事業務を一つのプラットフォームで一元管理することで、煩雑だった業務の効率化を促し、データを用いた戦略的な人事業務を行うことを実現します。
ウェブサイト:https://hcm-jinjer.com/


■ネオキャリア概要
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2F
代表者:代表取締役西澤亮一
設立:2000年11月15日
事業概要:人材事業、HR Tech(IT、メディア)事業、ヘルスケア事業、グローバル事業他
ウェブサイト:http://www.neo-career.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネオキャリア >
  3. ネオキャリア、「テレワーク導入推進コンソーシアム」を共同設立