メルセデス・ベンツと NVIDIA、将来の車両に装備される、自動運転用のソフトウェア デファインド コンピューティング アーキテクチャを構築

自動車およびコンピューター業界の両リーダーが、ソフトウェア アップグレード機能、AI および自律機能を備えた次世代車両の実現を目指す

2020 年 6 月 23 日、ドイツ シュトゥットガルト/ カリフォルニア州サンタクララ — 世界屈指の高級乗用車メーカーであるメルセデス・ベンツと、アクセラレーテッド コンピューティングの世界的リーダーである NVIDIA が、車載コンピューティング システムと AI コンピューティング インフラストラクチャを構築するために今後協業することを発表しました。2024 年から出荷が始まる本協業では、次世代のメルセデス・ベンツの車両が対象となり、これらの車両に、アップグレード可能な自動運転機能が装備されるようになります。

両社は、過去に例を見ないような、最も洗練された、最先端の車載コンピューティング アーキテクチャの開発に取り組みます。

この新しいソフトウェア デファインドのアーキテクチャは NVIDIA DRIVE™ プラットフォームをベースとして、次世代のメルセデス・ベンツ車両に標準装備され、先進的な自動運転機能を実現します。注目の機能の 1 つは、ある住所から別の住所までの日常的に往復しているルートを自動運転できることでしょう。また、将来の安全および利便性のためのアプリケーションもいくつか実装されます。お客様は、その車両の所有期間を通じて、Over the Air (以下OTA) のソフトウェア アップデートによって機能、ソフトウェア アプリケーションおよびサブスクリプション サービスを購入し、追加することができるようになります。

NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「メルセデス・ベンツと協業できることを喜ばしく思っています。長きにわたる同社のイノベーションの歴史と両社の技術面での密接な関係を考えれば、メルセデス・ベンツは NVIDIA にとって完璧なパートナーです。同社のオラ (Ola) 会長および彼のチームとの徹底した議論を通じて、両社が将来の自動車について共通したビジョンを描いていることは明らかになっています。両社は一体となり、自動車の所有体験を一新させ、OTAを使って車載ソフトウェアをプログラムできるようにするだけでなく、継続的なアップデートも可能にします。NVIDIA DRIVE システムを搭載した、将来の全てのメルセデス・ベンツ車は、AI とソフトウェアのエキスパート エンジニアで構成されたチームによって継続的に開発と調整が行われ、車両の生涯を通じて拡張され続けます。」

ダイムラーAG取締役会会長兼メルセデス・ベンツAG取締役会会長であるオラ ケレニウス (Ola Källenius) 氏は、次のように話しています。「NVIDIA との協力関係をさらに拡大できることを嬉しく思います。ジェンスンと私はお互いによく知った仲で、次世代の車載コンピューティング アーキテクチャの目標と可能性について、多くの時間をかけて話し合ってきました。この新しいプラットフォームは、未来のメルセデス・ベンツ車に搭載される、効率的で集約的な、ソフトウェア デファインドのシステムとなります。NVIDIA のAIコンピューティング アーキテクチャにより、メルセデス・ベンツの自動運転に向けたプロセスがより効率化されるでしょう。これらの新しい機能とアップグレードは、クラウドからダウンロードされるようになりますので、メルセデス・ベンツのすべてのお客様の安全性が向上するととともに、車を所有する価値と楽しみがさらに高まるようになるでしょう。」

新しいコンピューティング アーキテクチャ

未来の メルセデス・ベンツ車の自動運転機能には、次世代のNVIDIA DRIVE プラットフォームが搭載されることになります。NVIDIA Orin™ と呼ばれるコンピュータ システム オン チップ (SoC) は、先頃発表されたNVIDIA Ampere スーパーコンピューティング アーキテクチャがベースとなっています。NVIDIA DRIVE プラットフォームには、自動運転用 AI アプリケーションのための、フルシステムのソフトウェア スタックが含まれています。NVIDIA とメルセデス・ベンツは、SAE レベル 2 およびレベル 3 の自動運転レベル、ならびに自動駐車機能 (レベル 4相当まで) を実装した、AI および自動運転車用アプリケーションを共同開発いたします。

この新システムの最先端の機能は、安全を最優先したものとなります。テクノロジおよび規制のフレームワークが発展すると、あらゆる車がOTAでアップデートできるようになり、新しい自動運転機能が実装されるようになるでしょう。他の安全機能とともに、便利な機能も入手可能となります。

 新しいモデルを開発するために、両社はNVIDIA DRIVE インフラストラクチャ ソリューションを活用して、データドリブンの開発およびディープニューラル ネットワークの開発を実現し、車両が販売される地域および営業領域の要件に対処できるようにします。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. メルセデス・ベンツと NVIDIA、将来の車両に装備される、自動運転用のソフトウェア デファインド コンピューティング アーキテクチャを構築