創業55周年記念イベント 38年ぶりにスケート場復活「アロハスケートリンク」

2020年2月8日(土)~2月24日(月・休)

常磐興産株式会社(本社:福島県いわき市、代表:井上直美)が運営するスパリゾートハワイアンズは、創業55周年を記念し、38年ぶりとなるスケート場「アロハスケートリンク」を2020年2月8日(土)~2月24日(月・休)の期間限定でオープンします。

 アロハスケートリンクは、氷を使用しておりませんが、通常のスケートと同じスケートシューズを使用し、リンク上をワックスで滑りやすくすることで、氷上と同じように滑走できるスケートリンクです。
 また、当イベントは、スパリゾートハワイアンズ創業55周年を記念して開催するもので、1982年(昭和57年)にオープンした「屋内スケート場」が、氷のない魔法のスケート場として38年ぶりに復活することになります。
 

 

 さらに、土日祝限定でファイヤーナイフダンサーとオリジナルゲームで遊べるふれあいイベントも開催。当時を懐かしむ大人の方から初滑りのお子様まで家族みんなで楽しむことができます。
 38年ぶりとなる、常夏ハワイアンズに出現する屋内スケートリンクにぜひお越しください。

当時の屋内スケート場当時の屋内スケート場

  • 【参考】38年前のハワイアンズ「屋内スケート場」
 1982年10月、現在の宿泊者駐車場付近に屋内のアイススケート場をオープン。「ハワイでスケート」の新鮮さから反響を呼び、宿泊者駐車場増設による閉館の日まで根強い人気を誇りました。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 常磐興産株式会社 >
  3. 創業55周年記念イベント 38年ぶりにスケート場復活「アロハスケートリンク」