モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」東海道新幹線「のぞみ号」の停車駅に10月1日(金)より設置開始

東京から新大阪までの主要駅にて利用が可能に

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を展開する、株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山 広宣)は、東海旅客鉄道株式会社 (本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:金子 慎)が運営する東海道新幹線「のぞみ号」の停車駅(東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪の各駅)に、10月1日(金)より「ChargeSPOT」を設置することをお知らせします。

日本設置台数シェアNo.1※の「ChargeSPOT」はモバイルバッテリーを「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に現在約27,000ヶ所まで設置場所を拡大しています。
※INFORICH調べ

東海道新幹線「のぞみ号」の停車駅に順次設置する事で、東京から大阪までの主要駅で「ChargeSPOT」を利用する事が可能になり、通勤や出張などのビジネスパーソンや、旅行者など様々な方の充電不足を解消する事ができます。
また、「ChargeSPOT」は既に約130店舗の駅中コンビニへ設置が完了しており、今後は約600店舗以上の駅中コンビニへの設置を予定しております。今回のような駅への設置と合わせて、駅中のコンビニへ設置していく事で、駅空間の更なる利便性向上が期待できます。さらに、駅周辺の施設などにも設置を進める事で、駅と駅周辺とのサービス連携を深め、優れたまちづくりの一環として皆様の生活利便性の向上を図ってまいります。

■東海道新幹線への設置について
設置日:2021年10月1日(金)
設置駅:「のぞみ号」の停車駅(東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪)

 

ChargeSPOTのサービスについて
モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。レンタル方法は「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけの簡単操作。日本全国47都道府県に設置されており、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中です。
外出時にスマホの充電が足りない・・・そんな時は「ChargeSPOT」。対応アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、「LINE」「d払い®︎」「PayPay」「au PAY」などの各種対応アプリでQRコードを読み込んでバッテリーを借りることが可能で、専用アプリをダウンロードしていなくてもその場でサービスを利用できます。


■「ChargeSPOT」ご利用方法

アプリ名称:ChargeSPOT チャージスポット
ダウンロードはこちら:https://go.onelink.me/GQjX/cc9f2407

 


■「ChargeSPOT」ご利用料金(税込)
30分未満は165円、その後の48時間までは330円でレンタルできます。その後最大5日間(120時間)まで1日(24時間)330円で利用できます。
※レンタル開始後120時間(5日間)を超えた場合、合計3,300円(利用料、違約金1,980円を含む)の支払い義務が発生します。

■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH ChargeSPOT 広報部 PR担当 木村
Mail: press@inforichjapan.com

※「d払い」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INFORICH >
  3. モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」東海道新幹線「のぞみ号」の停車駅に10月1日(金)より設置開始