いざという時に助けになる人材を目指して~ハリウッド化粧品は新入社員の研修でAED講習を実施しています

ハリウッド化粧品(ハリウッド株式会社 本社:東京都港区六本木)は新入社員の研修の一環として、BLS(一次救命処置)とAED体験講習を実施しました。

店舗など社外で多くの勤務時間を過ごすビューティーインストラクターにとって、緊急の現場に居合わせる可能性がないとは言えません。
ハリウッド化粧品の新入社員の研修プログラムの中で、公益財団法人日本ライフセービング協会(https://jla-lifesaving.or.jp/)のインストラクターによる講習が行われました。もしも実際に誰かが倒れていたらどのように対応するべきか、人命救助につながる心得と技術を体験しました。
皆で声を出し、ダミー人形と練習用AEDを実際に使って、胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの取り扱いを体験し、全員が修了証を取得しました。

ハリウッド化粧品では社内にAEDが設置されており、5年前から新入社員だけでなく、本社および多摩研究所工場に勤務する全社員がこの講習を受けています。
 
自然災害が多い日本の中で、もしも誰かが倒れていたら、困っている人がいたら、その場に居合わせたハリウッド化粧品スタッフは、手を差し伸べられる人材であることが、会社の理念である「美と健康を届ける」美容業界人として欠かせないと捉え、救命活動を通して社会に貢献できる人材を育成し続けます。

ハリウッド化粧品CSR活動はこちらからご覧ください
https://hollywood-jp.com/csr

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハリウッド化粧品 >
  3. いざという時に助けになる人材を目指して~ハリウッド化粧品は新入社員の研修でAED講習を実施しています