2022年に最も検索数が急上昇した“今年の顔”、「Yahoo!検索大賞2022」を発表 羽生結弦さんが「大賞」とアスリート部門1位をダブル受賞!

俳優部門1位 “松本若菜”さん、ミュージシャン部門1位 “なにわ男子”、お笑い芸人部門1位 “JP”さん、声優部門1位 “種﨑敦美”さん

~ Yahoo!検索で「検索大賞」と検索すると、各部門の1位やランキングを確認可能 ~
https://yahoo.jp/RRvNTD 

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、2022年に前年と比べ検索数が急上昇した人物や作品、プロダクトなどをランキング形式で発表する「Yahoo!検索大賞2022」を発表しました。
2022年1月1日(土)~2022年11月1日(火)の集計データをもとに、最も検索数が急上昇した「今年の顔」となる“大賞”のほか、「人物カテゴリー(5部門)」(「俳優」「ミュージシャン」「アスリート」「お笑い芸人」「声優」)、「作品カテゴリー(5部門)」(「アニメ」「映画」「ゲーム」「ドラマ」「楽曲」)、「プロダクトカテゴリー」は各10位まで、「都道府県カテゴリー」は47都道府県ごとに3位まで発表しています。また「ネクストブレイクカテゴリー」では、今後ブレイクしそうな人や物などを予測するYahoo! JAPAN独自の「トレンドスコア(※)」を用いて選出した人物を3名発表しています。


集計の結果、プロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが「大賞」と、「アスリート部門」1位とのダブル受賞となりました。

なお、「Yahoo!検索」で「検索大賞」と検索すると、各部門の1位を検索結果上部で確認できます。あわせて、各部門のランキングもご覧いただけます。
Yahoo! JAPANは、2014年に「Yahoo!検索大賞」を開始し、今年で9回目を迎えます。「Yahoo!検索大賞」の選考基準は、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータにもとづいているため、ユーザーの興味・関心が反映されており、まさに“国民が選んだ賞”であるといえます。

Yahoo! JAPANでは、「Yahoo!検索大賞」を通じ、日本中のみなさまとこの一年の出来事を振り返るとともに、年末の風物詩となっていくことを目指していきます。

<「Yahoo!検索大賞2022」の主な結果 >
大賞:羽生結弦

急上昇理由:北京五輪に出場。フィギュアスケート男子シングルフリーで4回転半ジャンプに挑み話題に。また、7月には記者会見を開き、プロ転向の考えを表明するなどで検索数が上昇しました。

■人物カテゴリー
俳優部門1位:松本若菜

急上昇理由:連続テレビドラマ初主演となった「復讐の未亡人」や、「ミステリと言う勿れ」など複数のドラマに出演し検索数が上昇。また、「やんごとなき一族」での演技が「松本劇場」と呼ばれ話題になりました。

ミュージシャン部門1位:なにわ男子
急上昇理由:今年1stアルバム「1st Love」をリリース。また、デビューツアーの開催や多くのテレビ番組への出演などで検索数が上昇しました。

アスリート部門1位:羽生結弦
急上昇理由:(大賞をご参照ください)

お笑い芸人部門1位:JP
急上昇理由:テレビ番組「ワイドナショー」で、欠席した松本人志さんのモノマネで代役を務め話題に。また、「しゃべくり007」などにも出演し検索数が上昇しました。

声優部門1位:種﨑敦美
急上昇理由:アニメ「SPY×FAMILY」のアーニャをはじめ、多くのキャラクターを演じ検索数が上昇しました。また、ラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」などにも出演し話題になりました。

■作品カテゴリー
アニメ部門1位:SPY×FAMILY

急上昇理由:マンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載中の遠藤達哉さんの漫画を原作としたアニメ作品。第1クールは4月から6月まで放送され、放送日を中心に検索数が上昇。また10月からは第2クールの放送がスタートしました。

映画部門1位:トップガン マーヴェリック
急上昇理由:1986年に公開された「トップガン」の続編。主演は前作同様トム・クルーズさんで、5月の公開をきっかけに検索数が上昇。公開65日間で興行収入が100億円突破したことも話題になりました。

ゲーム部門1位:スプラトゥーン3
急上昇理由:アクションシューティングゲーム「スプラトゥーン」シリーズ3作目。9月にNintendo Switch用ゲームソフトが発売され検索数が上昇しました。

ドラマ部門1位:鎌倉殿の13人
急上昇理由:1月よりNHK「大河ドラマ」で放送され検索数が上昇しました。脚本の三谷幸喜さんや、主演の小栗旬さんをはじめとした豪華俳優陣にも注目が集まり話題になりました。

楽曲部門1位:残響散歌
急上昇理由:Aimerさんが歌うテレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編のオープニングテーマ。複数のテレビ音楽番組やフェスなどで披露されたことでも話題に。

■プロダクトカテゴリー
1位:iPhone 14
急上昇理由:iPhoneの最新モデル。9月に「Apple Event」で発表され検索数が上昇しました。

■都道府県カテゴリー(1位)
北海道:どうみん割 サッポロ割 併用
青森:青森県おでかけクーポン
岩手:天津木村ブログ
宮城:西川遥輝
秋田:秋田市プレミアム付商品券
山形:ベニpay
福島:ポレポレシネマズいわき小名浜
東京:もっとTokyo
神奈川:レシ活
埼玉:レイクタウン 映画
千葉:千葉県警察本部 ホームページ
茨城:ブランチ守谷
栃木:コストコ壬生倉庫店
群馬:スマーク伊勢崎 映画 上映スケジュール
山梨:山梨県プレミアム付き食事券
新潟:カニカニランド 新潟
長野:信州プレミアム食事券
富山:とやまプレミアム食事券
石川:石川県高校野球
福井:ふく割
愛知:県民割 愛知県
岐阜:大垣市民プール
静岡:自転車の国サイクルスポーツセンター
三重:よんデジ券 参加店
大阪:アリオ八尾 映画
兵庫:アクリエ姫路 イベント
京都:イオンシネマ京都桂川
滋賀:ここクーポン 滋賀
奈良:イオンモール大和郡山 映画 上映スケジュール
和歌山:フォレストモール岩出
島根:しまねプレミアム飲食券
鳥取:米子市 飲食店応援キャンペーン
岡山:杜の街グレース
広島:リトルマーメイド 広島
山口:やまぐちプレミアム食事券
徳島:とくしまグルメプレミアム食事券
香川:香川県高校野球
愛媛:シネマサンシャイン衣山
高知:法人番号検索
福岡:スペースLABO
佐賀:嘉瀬川ダム貯水率
長崎:心呼吸の旅 長崎 クーポン
熊本:熊本高校野球
大分:大分市プレミアム商品券
宮崎:ジモ・ミヤ・タビキャンペーン
鹿児島:今こそ鹿児島クーポン券
沖縄:おきなわ彩発見


■ネクストブレイクカテゴリー
いれいす

急上昇理由:
2020年に結成された男性6人組の歌い手グループ。日本武道館でのライブを目標に、毎月インターネットでオリジナル曲をリリースするなど活動中。2021年後半から徐々に検索数を伸ばしています。

Tani Yuuki
急上昇理由:シンガーソングライター。TikTokでのダンス振り付け動画をきっかけにシングル「W/X/Y」がサブスクでヒット。テレビ番組「CDTVライブ!ライブ!」などに出演し、右肩上がりで検索数を伸ばしています。

 山田玲司
急上昇理由:動画生配信などが話題の漫画家。5月から徐々に検索数を伸ばしています。

<「Yahoo!検索大賞2022」概要>
■名称:「Yahoo!検索大賞2022」https://yahoo.jp/RRvNTD
■内容:「Yahoo!検索大賞2022」は、2022年1月1日(土)~2022年11月1日(火)までの集計データをもとに、“今年の顔”として検索数が最も急上昇した人物に贈る「大賞」に加え、「人物カテゴリー(5部門)」(「俳優」「ミュージシャン」「アスリート」「お笑い芸人」「声優」)、「作品カテゴリー(5部門)」(「アニメ」「映画」「ゲーム」「ドラマ」「楽曲」)、 「プロダクトカテゴリー」「都道府県カテゴリー」において、人物・作品・プロダクトなどをランキング形式で発表します。また、「ネクストブレイクカテゴリー」については、今後の活躍が気になる人物3名を発表します。

■算出方法:
<人物・作品・プロダクト・都道府県カテゴリー>
2022年に、集計期間内の1日あたりの平均検索数が、前年と比べ増加した人物・作品、プロダクトなどから選出。

集計期間:2022年1月1日(土)~2022年11月1日(火)

<ネクストブレイクカテゴリー>
今後ブレイクしそうな人や物などを予測する「トレンドスコア(※)」を用いて「今後の活躍が気になる人物」を選出。
※トレンドスコア:対象期間のうち、直近3か月のデータに比重を置き、検索数の推移をスコア化したもの。詳細は以下のURLをご覧ください。
https://ds.yahoo.co.jp/topics/search_award.html 
集計期間:2022年1月1日(土)~2022年10月23日(日)

■部門:


ご参考:
<「Yahoo!検索大賞2021」>
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2021/12/09b/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤフー株式会社 >
  3. 2022年に最も検索数が急上昇した“今年の顔”、「Yahoo!検索大賞2022」を発表 羽生結弦さんが「大賞」とアスリート部門1位をダブル受賞!