​ジュディ・ブレイムにオマージュを捧げたDIYパンクメイク:ウインター2020-2021 メンズコレクション

2020年1月17日、キム・ジョーンズによるウインター2020-2021 メンズコレクションがパリにて発表されました。ィオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、ジュディ・ブレイムのパンクなDIY精神を象徴するジップやボタンをアクセサリーにトランスフォームさせて目元をポイントにしたルックをクリエイトしました。

2020年1月17日、キム・ジョーンズによるウインター2020-2021 メンズコレクションがパリにて発表されました。ジュディ・ブレイムにオマージュを捧げ、メゾンのアーカイブとアイコンを用いて、時代を超越したエレガンスを讃えた本コレクション。ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、ジュディ・ブレイムのパンクなDIY精神を象徴するジップやボタンをアクセサリーにトランスフォームさせて目元をポイントにしたルックをクリエイトしました。目元を引き立てる肌は、ディオール バックステージ ラインでナチュラルに仕上げられています。
 

まずはじめに、メンズ スキンケア「ディオール オム ダーモ システム」のローション、エマルジョン、リバイタライザーで肌を整えます。その後、ナチュラルでクリーンな肌に仕上げるために「ディオール バックステージ フェイス&ボディ プライマー」で肌の凹凸やアラをカバーし、その上に肌色にあった「ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション」を塗布します。新しい「ディオールスキン フォー
エヴァー スキン コレクト コンシーラー」(4月3日発売予定)と、明るさを足したいパーツには「フラッシュ ルミナイザー」を使用して仕上げました。

今回のルックのポイントのアイメイクは、立体的な眉にするために「ディオールショウブロウスタイラー」と「ディオールショウ パンプ&ブロウ」を使用しています。そして目頭もしくは、下まぶたの中央にシルバーのスナップボタンをつけています。これは、安全ピンやジッパー、チェーンといった日常にありふれたものをアートに昇華させたジュディ・ブレイムへのトリビュートです。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社 >
  3. ​ジュディ・ブレイムにオマージュを捧げたDIYパンクメイク:ウインター2020-2021 メンズコレクション