ボルボの自動車3Dモデルを含むサンプルテンプレート「Auto Showroom」をUnity上で公開

インテリアショールーム空間のセットアップで提供、実写のような訴求力の高いビジュアルを得るための知見をボルボの本物の自動車3Dモデルで体験可能

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫、以下 当社)は、ボルボ・カーズが販売する電動SUV車・XC40 Rechargeの3Dモデルを含むサンプルテンプレート「Auto Showroom」がUnity上で公開されたことを発表しました。本テンプレートは、Unity HubよりUnity 2019.4 LTSで新規プロジェクト作成の際に選択でき、どなたでもすぐご利用いただけます。

「Auto Showroom」の特長

「Auto Showroom」サンプルテンプレートは、ボルボ・カーズとの提携によりXC40 Rechargeの本物の3Dモデルを使用したUnityプロジェクトです。本テンプレートはUnityのHDレンダーパイプライン(HDRP)上で構築されており、XC40 Rechargeが置かれたインテリアショールーム空間が実写のような訴求力の高いビジュアルで展開されます。もちろん照明の種類やシャドウ、スクリーンスペースエフェクトなど、さまざまなHDRPパラメーターの設定をプロジェクト内で試すこともできます。

また、プロジェクト初期状態から物理的に正しいライティングと、昼間の車内をシミュレートできる正しい露出設定が指定されており、車の反射やシャドウイングも実車のそれを忠実に再現され、かつ、リアルタイム環境で使えるように調整されています。初期状態のままでも自動車業界だけでなく、様々な業界のテクニカルアーティスト、ビジュアライゼーションのスペシャリスト、3Dジェネラリストの皆さんが本テンプレートを体験することで、HDRPを活用した製品展示プロジェクトの制作に役立つ知見を十分得ることができるでしょう。

なお、自動車のプレゼンテーションでよく使われる3種類のライティングテーマと環境(Luxury、Photostudio、Light Installation)も本テンプレートに収録されています。

さらに、Unityのリアルタイム3Dプロジェクト向けクラウドストリーミングサービス・Furioosと連携させて、Webブラウザ上でテンプレートをストリーミングで利用することもできます。本テンプレートでのストリーミングサイトは以下のURLからアクセスしてください。(なおテンプレートはプレビュー版のため、デスクトップ環境での使用を想定しています。モバイル環境は完全にはサポートされていません。また、一部利用できない機能があります)
https://portal.furioos.com/share/193.725?autoRun=true

「Auto Showroom」の利用方法

「Auto Showroom」サンプルテンプレートは、Unity HubよりUnity 2019.4 LTS(15f1-19f1)で新規プロジェクト作成の際に本テンプレートを選択することにより、新規Unityプロジェクト内に本テンプレートが展開されます。(将来的に本テンプレートは、今後のLTSリリースにも対応する予定です)

プロジェクト内に制作プロセスをガイドするステップバイステップのチュートリアルがございますので、その指示に従ってテンプレートを使用開始することを推奨します。

なお、本テンプレート内のXC40 Rechargeの3Dモデルデータは商用利用は不可です。詳細はテンプレート内にあるライセンスドキュメントをご覧ください。

その他の詳細はUnity Blogをご覧ください。
https://blogs.unity3d.com/jp/2021/01/29/take-a-ride-with-the-auto-showroom-sample-template-and-volvo-xc40-recharge/

当社産業分野のお客様向けソリューションのご案内

Unityをまだご利用でなくこれから使い始めるきっかけをお探しの方は、当社の産業分野のお客様向けソリューションページををご覧ください。
https://industry.unity3d.jp/

産業分野の当社製品のご利用に関するお問い合わせは、こちらのフォームから行っていただけます。
https://create.unity3d.com/unity-for-industry

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、リアルタイム3Dコンテンツを作成・運用するための世界有数のプラットフォーム「Unity」の日本国内での販売やサポート、コミュニティ活動、研究開発(R&D)および教育支援などを行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,400人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2019年に20億以上のユニークデバイスで月30億回以上ダウンロードされました。


※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 >
  3. ボルボの自動車3Dモデルを含むサンプルテンプレート「Auto Showroom」をUnity上で公開