モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」北九州空港内へ10月1日(金)より設置

空港内の利便性向上と災害対策

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を展開する、株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山 広宣)は、北九州エアターミナル株式会社(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:西田 幸生)が運営する北九州空港内に、10月1日(月)より「ChargeSPOT」を設置することをお知らせします。

日本設置台数シェアNo.1※の「ChargeSPOT」はモバイルバッテリーを「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に現在約27,000ヶ所まで設置場所を拡大しています。
※INFORICH調べ

「ChargeSPOT」のバッテリーには、3タイプの充電コード(USB-C・Lightning・Micro USB)が内蔵している為、お客様は自由に空港内を移動しながら充電することができます。またバッテリーの容量は5,000mAと飛行機内に持ち込むことができる容量の為、空港内だけではなく搭乗中の充電もサポートし、空港を利用されるお客様の利便性を向上いたします。
さらに「ChargeSPOT」は大規模災害時※にはバッテリーの無料貸出も行っており、空港の災害対策の一環としても活用されることが期待できます。
※INFORICHが定める基準の元

北九州空港 1F エントランス北九州空港 1F エントランス

<北九州エアターミナル株式会社からのコメント>
数年前までは通話やカメラ、メール機能が主であったスマホが、現在ではお財布やパソコン、テレビ、本等に代わる機能を持ち、私たちの生活必需品となっています。毎日フル活用するスマホの充電を切らすことはできない為、空港でも手持ちのバッテリーや電源ケーブルを利用している人を多くみかけます。しかしうっかり忘れたり、使い過ぎて充電が減る事があります。そんなときに、ChargeSPOTのバッテリーだと、搭乗前到着時、どちらも移動しながら充電ができ、別のスポットで返却が可能という利便性に設置を決めました。

■設置について
設置日時:10月1日(金)
設置箇所:北九州空港 1F エントランス
※詳しい設置場所はアプリ内、HP(https://app.chargespot.jp/map/)からご確認いただけます。

ChargeSPOTのサービスについて
モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。レンタル方法は「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけの簡単操作。日本全国47都道府県に設置されており、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中です。
外出時にスマホの充電が足りない・・・そんな時は「ChargeSPOT」。対応アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、「LINE」「d払い®︎」「PayPay」「au PAY」などの各種対応アプリでQRコードを読み込んでバッテリーを借りることが可能で、専用アプリをダウンロードしていなくてもその場でサービスを利用できます。

■「ChargeSPOT」ご利用方法

アプリ名称:ChargeSPOT チャージスポット
ダウンロードはこちら:https://go.onelink.me/GQjX/cc9f2407

■「ChargeSPOT」ご利用料金(税込)
30分未満は165円、その後の48時間までは330円でレンタルできます。その後最大5日間(120時間)まで1日(24時間)330円で利用できます。
※レンタル開始後120時間(5日間)を超えた場合、合計3,300円(利用料、違約金1,980円を含む)の支払い義務が発生します。

■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH ChargeSPOT 広報部 PR担当 木村
Mail: press@inforichjapan.com

※「d払い」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INFORICH >
  3. モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」北九州空港内へ10月1日(金)より設置