年間5万人が泊まるハウステンボスの“変なホテル”世界初のロボットホテルとしてギネス世界記録Ⓡ認定

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)にて、2015年7月17日にオープンいたしました「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」が、“The first robot-staffed hotel(初めてロボットがスタッフとして働いたホテル)”として、ギネス世界記録に認定されました。今後は、舞浜(千葉県)、ラグーナテンボス(愛知県)、更には海外での新棟建設を計画しております。変わり続ける“進化”する「変なホテル」にご期待ください。


変なホテルとは・・・


「変なホテル」は先進技術を導入し、ワクワクと心地よさを追求した世界初のロボットホテルです。
フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、クロークではロボットアームが荷物をお預かり、手荷物は
ポーターロボットがお部屋(A棟のみ)までお運びします。どこか温かみを
感じるロボットたちとの楽しいひとときに、心をくすぐられます。
さらに、客室前で顔認証をすれば、その後はまさに顔パス感覚。
鍵の持ち運びのわずらわしさ、紛失の不安を解消します。 
「変」には「変化し続ける」という意思が込められ、目指すは、常識を超えた先にある、かつてない感動と
快適性。「変なホテル」へご宿泊の皆さまを、未体験のサプライズで一足先の未来へいざないます。

変なホテル 全体概要

ホテル名:変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~
所在地 :長崎県佐世保市ハウステンボス町
敷地面積:16,402.72 ㎡
延床面積: 5,530.87 ㎡
累計宿泊者数:約50,000人(2015年7月17日~2016年7月末)
稼働ロボット数:約180台(2016年11月17日現在)
客室数 :144 室(EAST ARM棟:平成27 年7 月17 日開業 72 室 /WEST ARM棟:平成28 年3 月15日開業 72 室)
 

 

 


フロント
3体のロボットがお迎えするフロントです。
4か国語対応でスムーズなチェックイン手続きが可能です。





 

 


ロボットクローク
産業用ロボットの正確さとパワーを活用し、
お客様のお荷物をお預かりします。






 

 

 


ポーターロボット
お部屋への荷物の移動をロボットが
お手伝いいたします。(A棟のみ)






 

 


客室
生産性を追求した異なる2棟。WEST棟ではCLT(直交集板)を日本で初めてホテルに使用。
※画像はWEST棟デラックスタイプ






※ギネス世界記録はギネスワールドレコーズの登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハウステンボス株式会社 >
  3. 年間5万人が泊まるハウステンボスの“変なホテル”世界初のロボットホテルとしてギネス世界記録Ⓡ認定