三菱UFJモルガン・スタンレー証券の営業報告にiOS版 音声入力キーボードアプリ「AmiVoice® SBx」が採用されました

音声認識で効率的な記録作成。営業員の業務負荷を軽減

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)の、iOS版音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx(アミボイス エスビーエックス)」が三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長 兼 最高経営責任者:荒木三郎 以下、三菱UFJモルガン・スタンレー証券)の営業報告に採用されました。音声認識で効率的な記録作成を行う事で、営業員の業務負荷を軽減します。
【導入の背景】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、外交先でも素早く顧客との接触記録をCRMに記載できるよう、営業活動にスマートフォンを活用しています。しかし、スマートフォンでの文字入力はモバイルパソコンに比べるとキーボードの操作性という点でストレスを感じやすく、記録作成のスピードの低下を招く懸念がありました。
この問題を払拭し、効率的な記録作成を行う事を目的に、この度音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx」が三菱UFJモルガン・スタンレー証券の全営業員の端末に導入されました。鮮度の高い情報を即座に音声入力する事で、記録漏れを防ぐと共に情報密度の向上が見込まれます。

【導入効果】
「AmiVoice SBx」は、独立したアプリケーションになっている為、組込みやシステム等の新規開発が必要なく、インストールするだけですぐに使用が可能です。キーボードを使用するものであれば、入力先を問わず、独自アプリやメール、メモ帳、ブラウザ等どこにでも音声認識を活用できます。
金融業界向けエンジンをベースに、商品名、株の銘柄、会社名、目論見書等、証券業界の専門用語や社内用語を更に学習させた三菱UFJモルガン・スタンレー証券の専用エンジンを開発し、高い認識率を実現しました。
営業員がこれまでメモや記憶で入力していた記録も、社用車の中等で簡単に音声入力ができる為、内勤時間の削減と営業活動準備時間の増加が期待されます。また、顧客の反応や現場での気付き等をタイムリーに入力する事で、スピードと報告内容の質の向上にも繋がります。

今後、更なる業務効率化を目的に、他のアプリケーションとの連携利用等、音声入力機能の利用拡大を検討しています。


【AmiVoice SBx概要】
スマートフォンの文字入力を声で行うiOS版音声入力キーボードアプリです。アプリケーションを問わず、マイクに向かって話すだけで簡単にビジネス文章を作成できます。文字変換を指定する単語登録機能や、定型文登録等、ユーザーごとにカスタマイズが可能です。一般ビジネス向け/金融業向け/保険業向け/製薬業向けの4つの音声辞書が選択できます。また、企業ごとに個別の音声認識エンジンのカスタマイズが可能です。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-sbx

以上

【お問い合わせ】
株式会社アドバンスト・メディア STF事業部
MAIL : info@advanced-media.co.jp
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドバンスト・メディア >
  3. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の営業報告にiOS版 音声入力キーボードアプリ「AmiVoice® SBx」が採用されました