BEENOSがアジアビッグデータデータカンパニー「Vpon (ブイポン)」に出資

アジア全域1億IDの旅行者データと独自のモバイルアドネットワークを有望視

BEENOS 株式会社(東京都品川区 代表取締役:直井 聖太、以下「BEENOS」)は、アジアビッグデータカンパニーVpon Holdings株式会社(本社:東京都新宿区、以下、Vpon)のシリーズCラウンドにおいて出資をいたしました。今回のシリーズCラウンドには、主要投資ファンドであるクールジャパン機構(株式会社海外需要開拓支援機構)や、STICインベストメンツ、Triplabsが参加しています。(合計約42億円相当)。
1.Vponについて
Vponは、2008年4月に設立以降、アジア全域の旅行者データをカバーするビッグデータカンパニーとして、所有するアジア全域1億IDのインバウンドデータをもとに、海外からの旅行者をターゲットにした自地域への集客や商品サービス訴求、インバウンドデータの提供や可視化などを行ってきました。

Vpon独自のAIビッグデータ分析と広告テクノロジーは各国地域の企業や観光組織から高い評価を得ており、観光協会、地方自治体、企業の方々の思い描く自地域への誘客や消費額増加などの解決に向けて旅行者像の可視化や集客プロモーションを実現、主な顧客には日本政府観光局、大阪観光局、JR東日本、JR西日本、シティバンク、香港ブロードバンドネットワークなどを持つなど成長しています。

同社は今回の資金調達により、アジアにおけるデータビジネスのさらなる拡充とこれまでの台湾、香港、中国などの中華圏市場の強化に加え、日本、韓国、東南アジア地域においても一層の市場拡大の推進を計画しています。
また、世界トップレベルのAI人材の採用や研究開発にも活用し、アジアを代表する世界標準のデータ企業を目指します。

 ◆Vpon Holdings の概要
(1)社 名: Vpon Holdings株式会社
(2)代表者:代表取締役 CEO 吳 詣泓 (Victor Wu)、 代表取締役 CSO 篠原 好孝
(3)本 店 所 在 地:東京都新宿区西新宿1丁目1番地6号
(4)設 立 年: 2019 年 6 月 (*2008年に台湾で創業したVpon Taiwan Inc.からの再編により設立されました)
(5)サイト URL: https://tw-img.vpon.com/img/VHI/index.html

 
2.BEENOSの出資背景について
  BEENOS は、インバウンドに関連した商機を見出すため継続的な調査を行っており、これまでも、メトロエンジン株式会社やインバウンド客向け商品説明の多言語表示アプリを展開する株式会社Payke、無料 SIM の配布や観光案内アプリを運営するWAmazing株式会社といった、インバウンド関連の先駆的なスタートアップ企業に出資をしてまいりました。

当社はVponが今後のインバウンド市場の成長のため、事業者や自治体のプロモーションの精度を上げるのに効果的なデジタルマーケティングソリューションを開発しており、タビマエからタビアトまでのデータを一貫して保有していることや、独自のAIビッグデータ分析と、アジア全域のモバイルアドネットワークを活用したグローバルな展開に事業の成長を期待し出資いたしました。

今後は、当社が運営する台湾最大級の訪日旅行メディアサイト「旅行酒吧(トラベルバー)」などのグループ事業や既存出資先とのシナジー効果の発揮を図り、相互の可能性の拡大を目指してまいります。


【BEENOS 株式会社の概要】
(1)社 名 : BEENOS 株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太
(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
(4)設 立 年 月 : 1999年11月
(5)資 本 金 : 27億25百万円                   
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BEENOS株式会社 >
  3. BEENOSがアジアビッグデータデータカンパニー「Vpon (ブイポン)」に出資