名言づくしの「論語」を子ども向けに超解説!『身近な出来事でわかるはじめての論語』発売

株式会社岩崎書店(代表取締役:岩崎弘明、本社:東京都文京区)は、「調べる学習百科」シリーズ最新刊『身近な出来事でわかるはじめての論語』を、2019年10月28日に発売しました。

◆本書の内容
2500年前から、人々の生き方の手本として読み継がれる「論語」。古代中国の思想家である【孔子】の言葉をまとめたものです。私たちが生きていく上でのヒントや励ましを与えてくれる言葉の数々は、現代でも多くの人に親しまれています。
本書では、論語を子どもの日常に即した具体例でたくさん提示しつつ解説します。

◆使い方のヒント
例文:己の欲せざる所は、人に施すこと勿かれ

「自分が人からされたくないと思うことは、人にしてならない」という意味であることを解説し、こういうことを家の人や先生からいわれたことはないか、子どもに問いかけてみましょう。

「兄弟げんかをしたとき、頭にきたから弟のおもちゃをかくしちゃった。そうしたらお母さんに、『自分がされたらいやなことを、弟にするのはよくない』って、ものすごくしかられたんだ」などというエピソードが出てきたらしめたもの。
そこで、「では、どうしたらよかったのかな?」と子どもたち自ら考えることを促してみましょう。

このように、本書では、生活に関わりのある論語を選び、言葉の意味だけではなく、【実際の生活場面でどのように活かしたらよいか】も示しているのが、大きなポイントです。

また、【声に出して読む】ための工夫があるのも、もう一つのポイントです。
論語の例文は、書き下し文と漢文の両方を掲載。書き下し文は、あえて難しい漢字のまま表示して、ルビを振ることで、原文(漢文)を味わいつつ、声に出して読み、論語のリズムのよさを楽しむことができる構成になっています。
繰り返し読むうちに、論語をいつのまにか覚えて諳んじることができるようになります。
人間関係や将来の夢で迷ったとき、論語の中の好きな言葉、心に響く言葉を持って入れば、座右の銘として、あなたの行動の支えになってくれることでしょう。

◆本書のポイント
◎子どもたちの日常に即した、わかりやすい具体例で論語を説明。
◎イラストやマンガがたくさん!だからビジュアルで理解できる。
◎書き下し文と漢文の両方を掲載 原文(漢文)も味わえます。
◎出典も明記 資料としても役立ちます。(掲載例=出典:里仁第四25)
◎論語から生まれたことわざなども紹介。(掲載例=「一を聞いて十を知る」)
◎「論語のキーワード」コーナーでは、「仁」「礼」など漢字一字の言葉も解説。
◎日本の国語教育の第一人者、青山由紀先生の監修。
 

◆書籍情報
書名:『身近な出来事でわかるはじめての論語』

シリーズ名:調べる学習百科
監修:青山由紀
定価:本体3,600円+税
仕様:A4変型判/64頁/ハードカバー
ISBN:978-4-265-08637-5
対象年齢:小学校高学年から中学生
発売日:2019年10月28日
◎岩崎書店HP https://bit.ly/2BS2c66
◎Amazon  https://amzn.to/2pcMGiC

◆監修者紹介
青山由紀(あおやま・ゆき)

筑波大附属小学校教諭。日本国語教育学会常任理事。全国国語授業研究会理事。小学校国語教科書・小学校書写教科書(光村図書)編集委員。

◆「調べる学習百科」とは
「こんなテーマの本はない?」という先生方・司書さんの声から企画した、調べる学習の本。従来の図鑑・百科とはひと味違う、ユニークなテーマ・切り口でつくったシリーズです。
教科の単元、自由研究のテーマはもとより、「Yahoo!きっず」の検索上位項目、「調べる学習コンクール」の題材、話題のテクノロジーなど、「いま」の子どもたちが興味を持つテーマをピックアップ。深く広く紹介しています。楽しく調べて、学びが広がる資料として、学校で、図書館で選ばれています! https://bit.ly/2RjJPxa
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 岩崎書店 >
  3. 名言づくしの「論語」を子ども向けに超解説!『身近な出来事でわかるはじめての論語』発売