【新型コロナ】91%の子どもが心理的ストレスを感じると回答 13カ国で実施した調査で

世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョンは本日、調査報告書『Children’s voices in the time of COVID-19』を発表しました。本報告書は、2020年3~4月にかけて、ワールド・ビジョンが支援活動を実施している途上国のうち13カ国*に住む8~18歳までの子ども101名(男子58名、女子43名)を対象に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響について聞き取り調査を実施した結果をまとめたものです。
調査報告書の全文はこちら(英語):
https://www.wvi.org/publications/report/child-participation/childrens-voices-times-covid-19-continued-child-activism

 


【『Children’s voices in the time of COVID-19』の主な内容】
  1. 調査対象の子どもたちのうち91%が心理的ストレスを感じ、困難な体験をしている
  2. 75%が、ソーシャル・ディスタンシングに心理的ストレスを感じている
  3. 困難を感じていても、COVID-19感染拡大防止に貢献したいと強く感じている

13カ国を通して、回答者は、自分たちの生活に最も大きな影響を与えている要因として、①学校の休校、②ソーシャル・ディスタンシングによる心理的ストレス、③貧困の加速、を挙げています。7割を超える回答者が、休校によって疎外感と孤独を感じていると答えています。

ワールド・ビジョンのアドボカシー・渉外担当、デイナ・ブズセアはこう述べます。
「COVID-19の影響による休校、そして社会のセーフティネットにアクセスできないことで、子どもたちは他の年齢層よりも大きな影響を受けています。外出制限措置・休校措置がとられるなか、最も弱い立場にある子どもたち、特にインターネットへのアクセスがない子どもたちは、他の子どもたちと比べて教育に遅れをとってしまいます。加えて、数千万人といわれる子どもたちが給食を摂れていない上、親が仕事を失い生計を立てられなくなった家庭では、子どもたちに十分な食事を与えることができていません。
本調査では、多くの子どもたちが友だちや親せきに連絡を取ることができないために、混乱、緊張、時として絶望に陥っていることが分かります」

本調査に参加したコンゴ民主共和国に住む16歳のアニータさんは言います。
「この状況は嫌です。もうすぐエボラ出血熱の流行から解放されるところだったのに、今度はコロナウイルスがやってきてしまう。人との接触を避けることがウイルスから身を守ることになるとは知っているけれど、ウイルスよりも飢えが私たちを死に追いやるかもしれません

ブラジルに住むララさん(7歳)は、こう訴えます。
「手を洗うことがとっても大切なの。でも私の住むところでは、水がないの。ほとんどの家では一週間に一回しか水をもらえないんです。それなのに、みんなどうやって清潔にできるのっていうの?病気がたくさん増えちゃう」

本調査では、子どもたちはこのようにストレスを感じていても、自分たちの住む地域においてCOVID-19感染拡大防止に自分たちが役割を担うべきだと強く思っている、ということも浮かび上がってきました。例えば、感染防止のための啓発活動をオンライン・システムを使って実施する等です。

デイナ・ブズセアは続けます。
「子どもたちは、『か弱く、声を上げない被害者』ではないことが分かります。彼らは変化の主体として、周囲の人々と交わりながら環境の改善に貢献できるのです。社会に参画することによって、自信を持ち、無力感から解放されます。困難な状況にあっても立ち向かえるようになるのです。COVID-19による危機から脱するためにも、そして将来やってくる災害においても、子どもたちが参画し活躍できる場を作ることが重要です

※13カ国: アルバニア、バングラデシュ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ブラジル、コンゴ民主共和国、マリ、モンゴル、ニカラグア、ペルー、フィリピン、ルーマニア、シエラレオネ、シリア(アルファベット順)


■ワールド・ビジョンのCOVID-19への対応
ワールド・ビジョンは2020年1月にアジア地域での緊急支援活動を開始。COVID-19の世界的な感染拡大をうけ、すでに活動している地域での予防啓発などの緊急支援に加え、特にぜい弱な状況にある国を指定して対応を強化しています。詳しくはこちら:https://www.worldvision.jp/donate/covid-19.html

■ワールド・ビジョンとは
ワールド・ビジョンは、キリスト教精神に基づいて、貧困や紛争、自然災害等のために困難な状況で生きる子どもたちのために活動する国際NGO。国連経済社会理事会に公認・登録されています。詳しくは www.worldvision.jp へ。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン >
  3. 【新型コロナ】91%の子どもが心理的ストレスを感じると回答 13カ国で実施した調査で