九州に初導入!JTB店舗でVRを活用した接客を開始

8月20日より九州地区12店舗に導入

株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行、以下 JTB)と株式会社JTB情報システム(本社:東京都品川区、代表取締役:川並和幸、以下 JTB情報システム)、ナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起、以下 ナーブ)の3社は、九州6県のJTB12店舗において、バーチャルリアリティ(仮想現実、以下VR)を活用した接客サービス(以下 本サービス)の実証実験を2018年8月20日より開始します。
本サービスは、これまで以上にお客様のニーズにマッチする商品を提案し、ご満足頂くことを目的に実施します。従来型の紙やデジタルパンフレットでは、ホテルの外観や客室の一部の写真しか掲載されておらず、価格以外の情報の多くはイメージするしかありませんでした。本サービス導入により、JTB店舗で360度のVR映像を体験し、ホテルの館内に実際に入ったような感覚を得ながら、旅行相談をすることが可能になります。パンフレットでのイメージとお客様自身が現地で体感するまでのギャップを事前に埋めることができ、ホテル選びの段階でお客様のニーズにマッチした選択ができるようになります。また、ご旅行出発までの期待値を高めることで、今まで以上に満足度の高い旅の提案を行うことができます。

JTB情報システムでは、2016年度より最適なICTを活用した、JTBグループの事業領域拡大を推進しており、VRにおいてはコンテンツ開発・運用からイベント企画・運営までを担当しています。今回、お客様への商品提案時に、VRを活用することで、ホテル選択時の重要な情報源の提供を行います。本実証実験では企画・運営およびVRコンテンツの編集を行います。

CREWL(クルール)CREWL(クルール)


VR映像の体験は、ナーブが提供するVR専用端末『CREWL(クルール)』(以下、クルール)を用いて行います。

 

お客様にご覧いただくVR映像は、店舗スタッフのデバイス画面にも常時共有されるため、スタッフとコミュニケーションを取りながら、一緒にVR映像を体験することができます。
なお、本実証実験は2018年8月20日から約3カ月間実施する予定です。
 

■導入店舗(計12店舗)
【福岡】①トラベルゲート天神  ②岩田屋本館店  ③博多マルイ店 ④小倉店 ⑤井筒屋旅行センター小倉店
     ⑥イオンモール八幡東店  ⑦イオンモール筑紫野店
【長崎】⑧長崎店 【大分】⑨大分店 【熊本】⑩熊本店 【宮崎】⑪宮崎店 【鹿児島】⑫鹿児島店


■コンテンツ概要
サービス開始時、VRで閲覧できるコンテンツは、海外ホテルの客室、外観、レストラン、プール、ラウンジなどです。ハワイなど、5方面の計85ホテル約400件の体験が可能です。
・対象地域:ハワイ、ニューカレドニア、タヒチ、バリ、グアム
・対象ホテル:計85
・対象コンテンツ:約400件
※9月からは対象地域にシンガポールを追加予定。さらに対象地域やホテルは今後拡大する予定です。

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパモアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ


■ナーブ株式会社について
ナーブ株式会社(NURVE)は、「人々のライフスタイルを変革するサービスの実現」を目指し、VR業界におけるマーケットリーダーとして、2015年に設立されました。「買って体験する」から「買う前に体験する」に。ナーブは、VR技術で、購買パターンを根底から変える今までにないプラットフォームを創りだし、企業の迅速な意思決定と迅速な変化対応能力の向上を支援するとともに、企業の顧客満足度向上にも役立つシステムを提供することを目指しています。(ホームページ:http://www.nurve.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 九州に初導入!JTB店舗でVRを活用した接客を開始