生活者の一日の行動から生まれるデータを解析し課題を抽出する「ライフログデータ提供サービス」の販売を開始

株式会社日立社会情報サービス(代表取締役 取締役社長:松谷 淳)は、生活者の行動で生まれるデータ(ライフログ)から課題を抽出し、生活者向けサービス事業者へ提供する「ライフログデータ提供サービス」を本日より販売開始します。

IoT家電・ウェアラブル・センサーを利用したサービス事業者からのデータを利用して、生活者の行動可視化・分析のできるデータ解析を提供することで、新たなニーズの発掘が可能です。
https://www.hitachi-sis.co.jp/newsrelease/2021/210414.html?utm_source=nr&utm_medium=nr210414&utm_campaign=lifelog

 

本サービス提供のイメージ(点線はシナジー効果、実線はデータまたはサービスの流れ)本サービス提供のイメージ(点線はシナジー効果、実線はデータまたはサービスの流れ)

■サービス概要

ライフイベントログのイメージライフイベントログのイメージ

今回提供する「ライフログデータ提供サービス」は、ライフログを使って生活者へのサービスを提供する事業者に対して、以下の解析結果を提供するものです。

1.ライフイベントログ解析…管理IDごとに行動をイベントとして管理し、時系列の管理を行います。

2.特徴化分析(行動密度分析)…一定時間での行動イベントの密度を算出します。対象とするユーザーの密度と、他人との行動偏差を分析できます。

 ■本サービスの活用シーン
・生活サポートサービスへの活用
生活者に住環境をトータルで提供するような事業者が、生活者のストレスや課題行動をライフログより抽出して、より適切な生活サポートを行うサービスへデータを活用。

・人材の育成・自己啓発を行うサービスへの活用
仕事や自己啓発などの実習状況をライフログで把握し、状況に適したプランニング提供にデータを活用。

・生活者の興味や関心にフォーカスしたサービスへの活用
生活雑務や個人の志向に特化して、状況に合わせたレコメンドやサービス提供にデータを活用。

■販売価格
・初期導入費用:200万円(税込み)~
・基本サービス:年額600万円(税込み)~
 *価格はライフログデータサイズおよび取り込むデータ種類などによって異なります。
 *オプション機能については別途見積もりとなります。

■ライフログデータ提供サービスWebサイト
https://www.hitachi-sis.co.jp/lifelog/?utm_source=nr&utm_medium=nr210414&utm_campaign=lifelog

■事業目標
・2025年度までにライフログデータを取得するユーザー数10万人

 ■商標注記
・本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

■お問い合わせ先
株式会社日立社会情報サービス
CSR部 広報グループ [担当:森崎・照屋・原]
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館 17階
お問い合わせフォーム:
https://inquiry.hitachi-sis.co.jp/webapp/form/21057_xdfb_2/index.do?a=1&utm_source=nr&utm_medium=nr210414&utm_campaign=lifelog

以上
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日立社会情報サービス >
  3. 生活者の一日の行動から生まれるデータを解析し課題を抽出する「ライフログデータ提供サービス」の販売を開始