ベトナムにおいて太陽光発電所(メガソーラー)の建設を受注

約48MW-dcの大規模出力により、約32,628世帯分(※1)の電力を供給

 シャープは、ベトナムにおける太陽光発電所(メガソーラー)の建設を、Thanh Thanh Cong Group(以下、TTCグループ)(※2)傘下のGia Lai Electricity Joint Stock Company(以下、GEC社)(※3)より受注しました。2月23日に、TTCグループおよびGEC社と現地にて調印式を行いました。

 本発電所は、ベトナム北中部のトゥアティエン・フエ省に建設します。約48MW-dcの大規模出力で、年間予測発電量は約61,570MWh/年となり、ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量で換算すると、約32,628世帯分に相当します。

 ベトナム政府は、太陽光発電の施設容量を2030年までに12,000MWに引き上げることを計画(※4)しています。当社は、本発電所の建設を契機に、ベトナム各地への太陽光発電所の設置を積極的に提案し、再生可能エネルギーのさらなる普及に貢献してまいります。


※1    1世帯当り1,887kWhにて算出。
※2    不動産、エネルギー、農業、教育などを手掛ける複合企業。
※3    太陽光、水力、風力発電などの再生可能エネルギー事業の中核を担う、TTCグループ傘下の合弁企業。
※4    ベトナム政府が策定する第7次電力開発計画(PDP7)に、2011年~2020年の計画と2030年までのビジョンが示されています。PDP7において、ベトナムの太陽光発電の施設容量を、2020年までに850MW、2030年までに12,000MWにすることが計画されています


※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180226-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180226-a.pdf
 
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. ベトナムにおいて太陽光発電所(メガソーラー)の建設を受注