わずか69g、12ヵ国語に翻訳できるポケット通訳機「Say Easy」を発売

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、INSTANT TECHNOLOGY(本社:台湾台北市 代表:WU HAI HUA)製ポケット通訳機「Say Easy(セイ イージー)」を、全国の家電量販店(一部店舗を除く)、および各社オンラインショップで2018年9月21日より発売します。


「Say Easy」は、Wi-Fi環境があればどこでも双方向に翻訳できるハンディータイプの翻訳アシストデバイスです。英語や中国語(繁体字、簡体字、粤語(えつご))、韓国語、スペイン語など12ヵ国語に対応。言語ごとに最適な翻訳エンジンを選択することで、高い翻訳精度を実現しています。ボタンを押して話すだけの簡単操作で翻訳できるほか、ディスプレーで翻訳内容を確認可能です。また、リピート機能で翻訳文を繰り返し再生できます。

2017年の訪日外国人数は2,869万人で過去最多、今年も8月までに2,130万人と過去最多(どちらも日本政府観光局(JNTO) 推計値)で推移しており、国内でも外国語を使うニーズが高まっています。翻訳可能な12ヵ国語で訪日外国人の85%をカバーしており、接客業務はもちろん、語学学習にも最適です。また、69gという軽量ながら1,000mAhのバッテリーを搭載し、最大6時間の連続使用時間を実現。旅行先などでも長時間お使いいただけます。

仕様


価格
オープン価格

同梱物
・本体
・USB充電ケーブル
・取扱説明書(保証書付き)


●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

● その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SB C&S株式会社 >
  3. わずか69g、12ヵ国語に翻訳できるポケット通訳機「Say Easy」を発売