Talknote主催ウェビナーに、ヴィエリス代表 佐伯真唯子が登壇 急成長した全身脱毛サロン「キレイモ」の経営戦略を告白

社員1,300名のマネジメント方法に視聴者からの質問多数

 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」を運営する、株式会社ヴィエリス(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 CEO:佐伯 真唯子、以下 ヴィエリス)は、Talknote株式会社(東京都港区、代表取締役:小池 はる)が主催するウェビナーにて登壇いたしましたので、お知らせいたします。

 本ウェビナーは「急成長を続ける脱毛サロン「KIREIMO」の躍進に迫る!~株式会社ヴィエリスのこれまでの成長と組織マネジメント~」と題して、全国で60店舗を展開する全身脱毛サロン「KIREIMO」が、現在の規模まで拡大する中で、創業から現在に至る急成長を成し遂げてきた戦略や組織マネジメント法についてお話しいたしました。
 
  • Talknoteを活用したマネジメントも

 「日本一の脱毛サロン」を目指すヴィエリスは、従業員満足度(ES)とお客様満足度(CS)においても日本一になることを目指しています。社員の98%が女性のヴィエリスは、女性が働きやすい職場環境を整えることがES向上につながると考え、時短勤務をはじめとした多様な社内制度を設け、働く女性一人ひとりが自分にとってベストなキャリアをデザインできるよう、ワークライフバランスの充実を図っています。ES向上のため、人のいいところをまず探そうと始めたのが、「Talknote」を活用した「褒める文化」の醸成です。他の社員のいいところや活躍に気づいたら、全社員が閲覧できる「Talknote」のタイムラインにいつでも投稿できる環境を整えており、投稿に対して「いいね」や賞賛するコメントが毎日のように並びます。全国各地の店舗で働いている社員たちが、お互いの活躍を知ることで「みんな、頑張っているんだな」とモチベーションを上げるきっかけになったり、他店や他スタッフの接客や業務における工夫も共有されるため、CS向上の役割も果たしています。

<社員の結婚に対しコメントする例><社員の結婚に対しコメントする例>

 
  • Q&A|一部抜粋
 ウェビナーでは、「店舗拡大するにはどうしたら良いか」や「会社の制度について」「採用について」など、経営・マネジメントにおける課題をお持ちの方からのご質問を多数いただき、活気あふれるウェビナーとなりました。

Q:顧客システムはどうされているのですか?
  • A:自社で開発して活用しています。

Q:PRは創業当初から力を入れると決めていたのですか?
  • A:決めていました。まずは知ってもらうことを重視しました。

​Q:脱毛サロンはすでにレッドオーシャンでしたが、どのように展開していったのですか?
  • A:お客様の声を聞いて、課題を解消していくことでサービスをつくっていきました。​

Q:コロナ禍で従業員のモチベーションは下がらなかったのですか?
  • A:下がりませんでした。むしろ休業を経験したことで、仕事のありがたさを実感したスタッフが多く、やる気が向上したスタッフが多かったです。

Q:現在、1店舗の展開してます。これから増やしていくために、広告費をある程度かけるべきでしょうか?
  • A:展開規模にもよりますが、数字の効果を見ながら日々調節すると良いかと思います。店舗数がない時はWEB広告が有効かもしれません。

Q:佐伯社長が思う、理想的なマネージャー像はどのような方ですか?
  • A:自己承認できる方が適任かと思います。

Q:「メンズキレイモ」は創業当時から考えていたのですか?
  • A:考えていました。ただ当時はまだ女性市場においても脱毛に関して周りに言いづらい雰囲気があったので、男性は徐々にと思っていました。今後男性市場は伸びると思っています。男性も美肌に対するニーズが増えていますよね。

Q:採用面で苦労した経験がありますか?すぐにやめてしまう方が多く困っています。
  • A:初めは「キレイモ」も知られていなかったので苦労しました。教育に関しては、当社も創業期は半年以内にやめる方が多かったと思います。研修を定期的に入れていくことで定着率が向上しました。

Q:女性のライフイベントに合わせた制度はありますか?社員に長期勤務していただく秘訣はありますか?
  • A:ヴィエリスには時短など13の制度を用意しています。例えば、ご妊娠されてフルに働けなくなっても、ご希望があればアシスタントなどの裏方に回っていただいたり、ご本人の希望を聞いた上で柔軟な働き方をご用意しています。

Q:Talknoteはプライベートでも活用しているのですか?
  • A:キレイモは土日も営業しているため、誰かが常に働いている状況ですが、プライベートと仕事のオンオフが付けられるように、休みの日は「通知オフ」などにしていただいています。役職がある方は会社携帯のみにアプリを入れていただいています。

Q:若手の社員は昇給や昇格にあまり興味がないように感じます。どのようにモチベーションを管理していますか?
  • A:ご本人が何を一番求めているかをヒヤリングし、無理やりキャリアを積ませることはしていません。その方たちがやりたい業務を積極的にやっていただいています。
 
  • プロフィール

株式会社ヴィエリス 代表取締役 兼 CEO 佐伯 真唯子
大学卒業後、大学の企画事務スタッフとして入社。
その後美容専門学校を経て、2005年からエステティシャンとしてのキャリアをスタート。13年、株式会社ヴィエリスに創業メンバーとして入社。施術方法の開発からスタッフ育成、売上管理、人材採用まで、幅広い業務に携わる。19年3月、代表取締役に就任。同社の運営する「全身脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)」は10〜20代の女性から多くの支持を集め、メンズ脱毛専用サロンのメンズキレイモを含め全国で60店舗を展開中。
 
  • ウェビナー概要

開催日程:2021年10月27日(水)
開催時間:16:30〜18:00
参加費 :無料
URL  :https://talknote.com/event/seminar-20211027/
 
  • 会社概要
社名    :株式会社ヴィエリス(https://vielis.co.jp/
代表者   :代表取締役 兼 CEO  佐伯 真唯子
所在地   :〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-8 Barbizon8 8F
資本金   :3,000万円
従業員数  :1,300名(2021年2月時点)
事業内容  :全身脱毛エステサロン「キレイモ」の運営、オリジナル化粧品の製造及び販売
​       メンズ脱毛専門サロン「メンズキレイモ」の運営
       トータルビューティケア「キレイモプレミアム」の運営
       パーソナライズ・ボディメイク・ジム「プラスミー」の運営
サービスURL:https://kireimo.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヴィエリス >
  3. Talknote主催ウェビナーに、ヴィエリス代表 佐伯真唯子が登壇 急成長した全身脱毛サロン「キレイモ」の経営戦略を告白