赤い羽根共同募金を応援、新日本製薬が「赤い羽根カフェ募金」など社内施策を実施

新日本製薬 株式会社(本社:福岡市、代表取締役社長:後藤孝洋)は、12月を赤い羽根共同募金強化月間として社内での募金活動を行っています。強化月間に合わせて「赤い羽根カフェ募金」や「赤いカジュアルデー」などの社内施策を実施いたしました。

左:「赤い羽根カフェ募金」に参加した社員/右:「赤いカジュアルデー」で赤い洋服を着た社員左:「赤い羽根カフェ募金」に参加した社員/右:「赤いカジュアルデー」で赤い洋服を着た社員

  • 実施背景
当社は、経営理念に掲げる“社会に貢献する企業”の実現に向け、事業を通じた社会課題の解決に加え、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。今回その活動の一環として、社内での募金活動を推進するとともに、活動の意義を社員に知ってもらうため啓発活動を実施する運びとなりました。
 
  • 実施概要

期 間:2021年12月1日(水)~12月24日(金)
場 所:全社(一部本社のみの施策あり)
寄付先:社会福祉法人福岡県共同募金会福岡市支会
 

  • 実施内容

 全社で募金箱を設置
すべての拠点に赤い羽根共同募金用の募金箱を設置しています。

「赤い羽根カフェ募金」を実施
12月10日(金)に、本社社員にホットカフェラテを販売しました。その売上全額を社会福祉法人福岡県共同募金会福岡市支会へ寄付いたします。

「赤い羽根ランチウィーク」を開催
12月6日(月)~12月10日(金)の5日間、本社カフェテリアで赤に関連した特別ランチメニューを販売いたしました。

「赤いカジュアルデー」を実施
12月10日(金)を「赤いカジュアルデー」とし、社員に赤い洋服や小物を身に着けてもらいました。

 赤い羽根共同募金の啓発パネルと、募金を見える化した“ハートパネル”を設置
「赤い羽根共同募金は知っているけど、何に使われているか知らない」という社員からの多数の声を受け、福岡県共同募金会福岡市支会の協力を得て、社内に啓発パネルを設置しました。また募金に参加した社員がハートのシールをパネルに貼る“ハートパネル”を設置することで募金を見える化し、社員の参加意識をより高めました。

募金に参加した社員でつくったハートパネル募金に参加した社員でつくったハートパネル

社内に設置した啓発パネル社内に設置した啓発パネル

「赤い羽根ランチウィーク」特別メニューの赤い海鮮丼「赤い羽根ランチウィーク」特別メニューの赤い海鮮丼

  • 赤い羽根共同募金とは
共同募金運動は、1947年(昭和22年)の戦後の混乱期に、市民主体の民間運動「国民たすけあい運動」として始まりました。住民相互のたすけあいを基調とし、地域福祉の推進を目的として、誰もが住みなれた地域で安心して暮らすことができるよう、その時々の社会課題に取り組まれています。(出典:社会福祉法人福岡県共同募金会ホームページ)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新日本製薬 株式会社 >
  3. 赤い羽根共同募金を応援、新日本製薬が「赤い羽根カフェ募金」など社内施策を実施