NYパンク/NO WAVEシーンを捉えた写真家ジュリア・ゴートンの最新ZINE ”Golden Boys”が上陸。その発売を記念して『BOOKMARC』にてサイン会を開催!

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストア『BOOKMARC(ブックマーク)』にて、グラフィックデザイナーで写真家のジュリア・ゴートンによる最新ZINE「Golden Boys」出版を記念してサイン会を開催します。当日は貴重な写真作品のスライドショーも行います。皆様のご来場をお待ちしております。
ジュリア・ゴートン 最新ZINE 「Golden Boys」 出版記念サイン会 & スライドショー
■日時:2020 年1 月11 日(土)19:00 ~
■場所:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14

■商品情報
Julia Gorton: Golden Boys

Softcover, 40 pages, silver paper
139.7 x 215.9 mm
first edition of 100 signed and numbered
販売価格:¥2,200 (税別) *予価

Julia Gorton: BONDAGE Tee (Pink) / DEADLY TEEN RUNAWAY Tee (Black)
size: S /M / L,
販売価格(予価):¥5,000 (税別) *予価

■プロフィール
ジュリア・ゴートン (Julia Gorton)


70年代にポラロイドカメラを片手に、ニューヨークのCBGBに入り浸っていた写真家。著名なイラストレーター、グラフィックデザイナーでもあり、絵本の装丁・挿絵でも活躍している。

1976年、生まれ育ったデラウェア州からニューヨークへ移り、急成長していたパンクシーンを象徴するアーティストたちをポラロイドカメラで撮り続けた。被写体にはパティ・スミス、デビー・ハリー、デヴィッド・バーン、リチャード・ヘル、イギーポップ、トム・ヴァーレイン、ジェームス・チャンス、アート・リンゼイ、リディア・ランチ等、ニューヨークパンク~NO WAVEの中心人物から無名のミュージシャンにまで及ぶ。

近年インスタグラムでアーカイブ作品の公開を始めた結果、ゴートンの写真作品は少しずつ広まっている。彼女の写真は、ロサンゼルスのストリートウェア・ブランド〈Midnight Studios〉を手がけるシェーン・ゴンザレスの目に留まり、パンクをテーマとした2017年の春夏コレクション〈Safety Pins〉で、コラボレーションが実現した。ゴートンの写真がプリントされたTシャツなどのコレクションは、ケンドリック・ラマーが最新ツアーで着用し、大きく注目された。ちなみに現在、彼女は、パーソンズ美術大学でグラフィックデザインを教えるほか、自身の作品をもとにジンを編集し、限定出版している。

■注意事項
・商品の準備数には限りがございます。完売の際はご了承ください。
・ご予約お取り置きは不可とさせていただきます。予めご了承ください。
・天災などの不測の事態により、販売を中止する場合がございます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マーク ジェイコブス ジャパン株式会社 >
  3. NYパンク/NO WAVEシーンを捉えた写真家ジュリア・ゴートンの最新ZINE ”Golden Boys”が上陸。その発売を記念して『BOOKMARC』にてサイン会を開催!