アメリカ→中国→ナイジェリア? 池上彰が監訳! ドルの動きを追えば、世界の情勢と経済がわかるんです

『THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ』(ダーシーニ・デイヴィッド/著  池上彰/監訳  花塚恵/訳)

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ』(ダーシーニ・デイヴィッド/著  池上彰/監訳  花塚恵/訳)https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761273767 を2018年11月12日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

◆ドルの動きを追うことで世界の仕組みを学ぶ一冊

イギリスBBCで活躍するエコノミスト、キャスターのダーシーニ・デイヴィッド初の著作が、ついに日本上陸! グローバル経済を動かし続けているドル。その紙幣の半分はアメリカ国外で流通し、世界を巡るドルの大半は中国の手にあるのをご存知ですか?


・ドルが世界を渡り歩くとき、そこでは実際に何が起きているのか?
・私たちの生活にどんな影響を与えるのか?
・なぜ中国が世界最大の製造国で、アメリカが世界最大の消費国なのか?
・自由貿易は本当にいいことなのか?
・なぜ国家は地球の反対側の国との架け橋を築こうとするのか?

テキサスの郊外で買い物に使われた1ドル紙幣は、中国の中央銀行、ナイジェリアの鉄道、イラクの油田へと渡ります。そうしたドルの動きを追いながら、エコノミストのダーシーニ・デイヴィッドが日々のニュースの背後に潜む経済的な事実を明らかにしていきます。
グローバル化した世界の仕組みはどうなっているのか。本当に権力を持つのは誰で、それが人々に何をもたらすのか。それらがいま解き明かされます。


◆監訳を担当したジャーナリスト・池上 彰氏からのメッセージ
本書は、アメリカの消費者が巨大スーパーの「ウォルマート」で中国製のラジオを買うシーンから始まります。ウォルマートに並ぶ商品は、そのほとんどが中国製。かくして支払われたドルは中国に渡ります。中国に入ったドルは、意外なことにアフリカのナイジェリアに行き、さらにインドへ。インドからイラクへ、そしてロシア、ドイツ、イギリスを通り、最終的には、またアメリカに戻ってきます。アメリカで支払われたドル紙幣が世界をグルリと回って、戻ってくる。「金は天下の回りもの」という古典的な言い回しが、まさにいま世界で起きているのです。
本書の優れた点は、ドルを主役にして世界を回りながら、それぞれの国が抱えている経済問題を浮き彫りすることです。と同時に、アダム・スミスの分業論やデヴィッド・リカードの比較優位論など経済学の基礎理論が具体的に学べることです。
読み物として面白く、国際情勢が理解でき、経済学も学べる。ドルに焦点を当てることで、これほどまでに世界経済が見えてくるとは。花塚恵さんの流麗な日本語訳でお楽しみください。
 



【目次】
イントロダクション ──ドルの旅はお金と権力の物語
第1章 アメリカから中国へ ──低価格で何でも揃う大聖堂を崇めるアメリカ人
第2章 中国 ──レッドカーペットを製造し、自らその上を歩く
第3章 中国からナイジェリアへ ──ニジェール・デルタでパートナーを探す
第4章 ナイジェリアからインドへ ──成功のレシピにひと味加える
第5章 インドからイラクへ ──「ブラックゴールド」のブラックな価格
第6章 イラクからロシアへ ──破壊する手段に資金を送る
第7章 ロシアからドイツへ ──寄せ集め家族の試み
第8章 ドイツからイギリスへ ──「宇宙の支配者」のツイていない1日
第9章 イギリスからアメリカへ ── 借金への依存を助長する世界

【プロフィール】
著者:ダーシーニ・デイヴィッド
エコノミスト、キャスター。イギリスのHSBC投資銀行の立会場でエコノミストとして働いていたときにBBCにヘッドハンティングされ、BBC1の「テン・オクロック・ニュース」「パノラマ」、BBCラジオ4の「トゥデイ」などのキャスターを務めた。BBCニューヨーク支局に転勤してからは、ウォール街の情報を伝える顔として活躍。また、大手スーパーマーケット「テスコ」の放送メディアに関するアドバイザーを務めた経験も持つ。2009年からイギリスのニュース専門チャンネル「スカイ・ニュース」でシティの中心から経済情報を日々伝えるようになり、同チャンネルの看板番組である「スカイ・ニュース・トゥナイト」のキャスターを務める。本書が初の著作となる。

 監訳:池上彰
1950年、長野県松本市生まれ。ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授。愛知学院大学、立教大学、信州大学、日本大学などでも講義を担当する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。記者として数多くの事件や社会問題を取材する。その後、94年4月からの11年間、NHKテレビ番組「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。わかりやすい解説で、子どもから大人まで幅広い人気を得る。2005年にNHKを退局、フリージャーナリストに。現在も、執筆・取材活動を中心に、各種メディアで精力的に活動している。著書多数。監訳書に『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門〈ミクロ編〉〈マクロ編〉』(小社刊)がある。

翻訳:花塚恵
翻訳家。福井県福井市生まれ。英国サリー大学卒業。英語講師、企業内翻訳者を経て現職。主な訳書に『ブライアン・トレーシーが教える 最強の営業』『NYの人気セラピストが教える 不満を上手に伝える方法』(いずれも、小社刊)、『脳が認める外国語勉強法』『脳が認める勉強法』(いずれも、ダイヤモンド社)など多数。

【書誌情報】

書名:『THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ』
定価:1,836円(税込)
判型:46判
体裁:並製
頁数:432頁
ISBN:978-4-7612-7376-7
発行日:2018年11月12日
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761273767


【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761273763/kankidirect-22/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/15688746/



 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. かんき出版 >
  3. アメリカ→中国→ナイジェリア? 池上彰が監訳! ドルの動きを追えば、世界の情勢と経済がわかるんです