Mark Levinsonの歴史に新たな1ページを刻む「No5000シリーズ」始動 高い忠実度と高度に洗練されたデジタル・アナログ再生技術を融合した最新インテグレーテッドアンプ「No5805」を新発売

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、米国を代表するハイエンド・オーディオブランドMark Levinson(マークレビンソン)から、インテグレーテッドアンプ「No5805」を2019年夏より発売致します。

Mark Levinsonは、1972年の創業以来、その驚異的なサウンドパフォーマンスと他に類を見ない贅を尽くした回路素子や構成によって、ハイエンド・オーディオの代名詞として市場に認知され続けてきました。
そのMark Levinsonに新たに加わったラインアップ「No5000」シリーズは、そのサウンドクオリティをこれまでのオーディオファイルの方々だけでなく、デジタル音楽配信の普及で新たに高音質の音楽を聴く機会を得た方々等、より多くの音楽ファンにも同ブランドが長年培ってきた最高のパフォーマンスを楽しんでいただくために企画されました。今回登場するインテグレーテッド・アンプ「No5805」は、その第一弾モデルとして、アナログディスクからデジタル・ミュージックファイル、ストリーミングまで、あらゆる音楽ソースをMark Levinsonのサウンドクオリティで再生可能です。伝統のフルディスクリート構成、ダイレクトカップリング、デュアルモノラル構成のクラスAプリアンプ回路と、125W出力のクラスABパワーアンプ、PrecisionLink IITMDAC、MainDriveTMクラスAヘッドホンアンプを搭載。さらに、大胆で新しいインダストリアルデザイン、PurePath回路、およびMM/MCフォノステージに加えDSD、AptX-HD、MQA再生機能を搭載することで、新たなMark Levinsonサウンドを生み出します。 No5805はMark Levinsonが数十年にわたる最先端のオーディオエンジニアリングと最新の技術的躍進によって、比類のないパフォーマンスと価値を提供するために開発されたインテグレーテッドアンプです。

【特長】
■プリアンプ部(フォノイコライザー内蔵)

●Mark Levinson伝統のPure DirectTMシグナルパスの設計思想に基づいたフルディスクリート、ダイレクトカップリング、デュアルモノラル・ラインレベルの回路構成を採用。

●独創的なシングルゲインステージ回路は、デジタル制御されたレジスターアレイによるボリュームサーキットとの親和性が高く、極めて高精度かつワイドレンジな音質を確保。

●3系統のアナログ入力(XLRバランス×1、RCAアンバランス×2)はそれぞれ独立したスイッチング・リレーを装備。RCAのプリ出力(可変)も備え、将来的なシステム拡張にも柔軟に対応。

●上位モデルNo500シリーズで好評を得ているPure Phono思想を継承した、新開発フォノイコライザーを標準装備。厳選した高精度パーツをふんだんに投入した高音質設計です。CR型とNF型を組み合わせたRIAAフィルターを採用。MM/MCのゲインコントロールとサブソニック・フィルターのON/OFFはセットアップメニューから行うことが可能。また、使用するカートリッジに合わせた負荷容量(MM)と負荷抵抗(MC)の調整は、リアパネルに配置されたディップスイッチにより設定操作が可能です。


■パワーアンプ部
●プリアンプ部と同様に、伝統のフルディスクリート、ダイレクトカップリングを採用したAB級パワーアンプ部は、500VAもの大容量電源トランスを搭載することで、広大なダイナミックレンジを確保。また、チャネル毎に10,000μF×4基の大容量コンデンサーを備えた電源部は、出力段への潤沢な電源供給を可能にしています。これにより8Ω負荷時125W/ch(4Ω負荷時250W/ch)の出力を確保。2Ω負荷でのドライブにも対応します。

●電圧増幅段は上位シリーズのパワーアンプNo534で培った技術を踏襲。2基のハイスピ―ド・トランジスターにてA級動作を行うドライバー段と、6基のトランジスター(260VA/15A)を組み合わせた出力段で構成。大型ヒートシンクと2基のThermal-Trackデバイスによる精密な温度管理によって、常に安定した動作を保証します。

 

■デジタル部
●No500シリーズ同様、Mark Levinson PrecisionLink  II(TM)DACを採用。最新のESS Sabre 32bit D/Aコンバータと、独自のジッター低減回路を組み合わせたフルバランス、ディスクリートコンバータがデジタル回路部の中核をなします。

●4系統のデジタル入力(オプティカルS/PDIF×2、同軸S/PDIF×1、非同期USB×1)を備え、PCM(384kHz/32bit)とDSD(2.8、5.6、11.2MHz)のデジタルファイル再生に対応。MQAファイルの再生にも対応しています。

●AptX-HD対応のBluetoothレシーバーを搭載。スマートホンやタブレットからのストリーミング再生も可能です。

 


■コントロール部
●他の機器との連携やリモート操作ならびに各種設定を行えるようにEthernet、USB、RS-232、IRリモートの入力および12Vトリガー出力を備えています。

●本体とPCを直接接続することで、専用のWebページから各種設定やソフトウェアのアップデートが可能。

●デザインを一新したリモコン付属。


■伝統的かつ最新のインダストリアルデザイン
●一目でMark Levinsonと認識できる、歴代モデルの意匠を受け継いだデザイン。25mm厚のフロントパネルや砂時計型のノブはアルミを削り出し、ブラスト加工&アルマイト処理を施した高品位な仕上げ。フロントディスプレイにガラスを採用するなど、新世代No5000シリーズにふさわしい素材を採用しています。

●設計、開発から生産まで、すべての工程をアメリカ国内で行っています。

【主な仕様】

製品名:No5805
タイプ:インテグレーテッド・アンプ
<プリアンプ部>
アナログ入力端子:バランス・ライン入力(XLR)×1ペア、アンバランス・ライン入力(RCA)×2ペア、MCフォノ入力(RCA)×1ペア、 MMフォノ入力(RCA)×1ペア
ライン入力: インピーダンス:バランス(XLR)20kΩ、アンバランス(RCA)10kΩ、入力感度 53mV RMS (スピーカー出力2.83V RMS、ボリューム最大)、システムゲイン 34.5dB(スピーカー出力、ボリューム最大)
フォノ入力(MM):負荷抵抗:47kΩ、負荷容量:20pF/70pF/120pF/170pF(選択式)、ゲイン:39dB@1kHz
フォノ入力(MC):負荷抵抗:37Ω/ 43Ω/ 52Ω/ 62Ω/ 82Ω/ 90Ω/ 110Ω/ 125Ω/ 200Ω/ 250Ω/ 500Ω/ 1,000Ω(選択式)、負荷容量:100pF、ゲイン:69dB@1kHz
ライン出力:アンバランス・ライン出力(RCA/可変)、出力インピーダンス55Ω
ヘッドホン出力:6.3mmステレオ標準ジャック×1、3.3V RMS以下(30Ω負荷)、出力インピーダンス2.5Ω(20Hz~25kHz)
<デジタル入力部>
デジタル入力端子:オプティカルS/PDIF×2、同軸S/PDIF入力×1、非同軸USB(USB2.0-B)×1
サンプリング/bit:PCM 32~384kHz/32bit、DSD(ネイティブ/DoP)DSD64~256(2.8~11.2MHz)
デジタルプロセッシング:フルMQAデコーディング、7通りのPCMデジタルフィルター、352.8kHzおよび384kHzへのアップサンプリング、4通りのDSDデジタルフィルターを選択可能
Bluetoothバージョン:4.2
Bluetooth対応プロファイル:A2DP ver1.3、AVRCP ver1.4、HSP、SPP
Bluetooth対応コーデック:AAC, AptX, AptX-HD, AptX-LL, MP3, SBC
<パワーアンプ部>
スピーカー出力端子:バナナプラグ対応大型バインディングポスト
出力:125W RMS/ch@8Ω、20Hz~20kHz、出力インピーダンス0.098Ω以下(20Hz~10kHz)、周波数レスポンス2Hz~20kHz、S/N比103dB以上(20Hz~20kHz、A補正)、全高調波歪+ノイズ 0.035%以下@1kHz(125W/8Ω)
<総合>
コントロール端子:RS-232ポート、IRリモート入力、12V DCトリガー入/出、Ethernetポート
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:スタンバイ0.4W以下(Green)/ 7W(Power Save)/ 70W(Normal)、無信号時120W、8Ω定格出力時500W
付属品:リモコン、電源ケーブル

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

<Mark Levinson(マークレビンソン)について> 
ハイエンド・オーディオという新しいジャンルを確立した米国を代表するブランド「Mark Levinson」。その歴史ある設計思想は、現在も脈々と受け継がれ、常にエポックメイキングな製品を産み出し、世界中のオーディオファンからリファレンスシステムとして高い評価を受け続けています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG®、Harman Kardon®、Infinity®、JBL®、 Lexicon®、Mark Levinson®、Revel®を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍。2017年3月にてサムスン電子の子会社となりました。

お客様のお問い合わせ先 
ハーマンインターナショナル株式会社 
Tel:0570-550-465 
https://www.harman.com/japan

製品画像ダウンロード
http://press.harman-japan.co.jp/ 

ハーマン公式通販サイト
https://jp.harmanaudio.com

コーポレートサイト
https://www.harman.com/japan 

製品サイト
http://marklev.harman-japan.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハーマンインターナショナル株式会社 >
  3. Mark Levinsonの歴史に新たな1ページを刻む「No5000シリーズ」始動 高い忠実度と高度に洗練されたデジタル・アナログ再生技術を融合した最新インテグレーテッドアンプ「No5805」を新発売