EC事業者向けに正確なリスク分析と決済後プロセスの自動化ができるSaaSを提供 イスラエルスタートアップ「FUGU」へ出資・成長支援を決定

 創業期のスタートアップから出資・インキュベーションを行う株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「当社」)は、運営する「Samurai Incubate Fund6号投資事業有限責任組合」(以下「サムライ6号ファンド」)より、Fugu Risk Ltd.(本社:イスラエル・テルアビブ、CEO:Amir Meir Sadras、以下「FUGU」)へ出資・成長支援することを決定しましたのでお知らせいたします。

 

 


■FUGUについて
 FUGUは、EC事業者向けに購入後に購入者の信用調査を行うことで正確なリスク分析ができ、また購入者の情報を自動管理することでクレーム対応などのプロセスを自動化することができるSaaSを提供するイスラエルのスタートアップです。

 昨今の新型コロナウイルスの影響やD2C(Direct to Consumer)の拡大により、EC市場は年々成長している一方、様々な課題も顕著になってきています。例えば、自前のブランドを運営する個人事業主や中小企業では、全ての取引対応においてマニュアル作業で行いながら配送にかかるオペレーションやロイヤルティーフィーを減らす努力を地道に続けているため、非効率であるケースが多く存在します。また、決済時に本当は支払い能力がある顧客にもかかわらず、リスク分析が不十分なために不要に排除している取引ケースが全体のトランザクションのうち2.5%程あると言われています。

 FUGUが提供する「FUGU」は、返品やクレーム対応などのエビデンス収集を自動で行い、作業効率化を支援するだけではなく、POS(Point of Sale)時点での情報を基に支払い能力を推測するサービスと比べ、購入者の決済後のアクションなどをトラッキングすることでより正確なリスク分析をすることができるサービスです。基本無料で提供する「フリーミアムプラン」を用意しているほか、ECプラットフォームの「Shopify」「Magento」「Wix」との統合も完了しており、現時点で延べ140万以上の事業者が簡単にセルフオンボーディングできる設計を実現しています。イスラエルの家電量販店ELIASと実施したPoC(実証実験)では、月間売上が4.3%増加する結果となり、本契約締結(有料顧客化)しています。
 今後FUGUでは、2021年末までに更なるECプラットフォーマーとの統合を進め、延べ560万以上の事業者にリーチできるようにすることで、タッチポイントを拡大していく想定です。

 当社は、2014年にイスラエルへ進出してから継続してイスラエルスタートアップの支援を実施しています。また、2030年に向けて10年かけて実現を目指す「SAMURAI VISION 2030」※の一つとして、日本と組みたい起業家支援を掲げており、イスラエルの起業家も包含して捉えています。イスラエルにはグローバルで再現性が高い技術を持ったスタートアップが多数おり、当社が事業を展開・連携しているエリアとの親和性も高いと考えています。今後も継続したイスラエルスタートアップの成長支援を進めてまいります。

【FUGU会社概要】

社名:Fugu Risk Ltd.
設立:2018年3月18日
代表:Amir Meir Sadras
所在地:Nehama St. 13, Tel- Aviv, Israel
URL:https://fugu-it.com/

■FUGU  CEO  Amir Meir Sadras氏 コメント

FUGUは、決済後にお客様から自発的に開示された情報を利用して、決済前に断られたり、放棄されたりしている取引を改善することができる、EC市場をディスラプトするサービスです。グローバルなEC企業による競争の激化は、オンライン決済の世界を大きく変えようとしています。FUGUは、決済後の消費者の行動を追跡する初めてのサービスであり、支払いのライフタイムを通じて継続的なリスク分析を提供します。
サムライとの提携は、イスラエルや米国以外の地域への進出を支援してくれるユニークな機会です。また、私たちの価値観を信じ、私たちの長期的な目標を共有してくれる投資家と一緒に働けることに感謝し、共に仕事ができることを楽しみにしています。

■本出資について
当社イスラエルチーム

この数か月間FUGUのチームと一緒に仕事をし、本当に才能があり、経験豊富で、将来的には素晴らしい場所に到達できるチームだと確信しています。
最初はシンプルかつ既存にはないビジネスモデルに不安を感じていましたが、FUGUは今までと全く異なる方法で取り組み、今までそのようなソリューションを使用することができなかった中小企業や小規模な事業者のためのソリューションを提供していると思います。また、FUGUは「疑わしい」購入を再度見直すことで加盟店の収入を増やすことができるだけでなく、手作業を大幅に減らし、生産性を向上させることができるところも大きな魅力です。

注釈:
2021年3月15日付 プレスリリース参照
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000014738.html

■サムライ6号ファンド概要
名称:Samurai Incubate Fund6号投資事業有限責任組合
投資対象エリア:日本、イスラエル、アフリカ
投資対象領域:物流、ヘルスケア、リテールテック、フィンテック、建設、MaaS中心
投資ラウンド:プレシード〜シリーズA
投資金額:500万円〜5,000万円程度

■会社概要
社名:株式会社サムライインキュベート
住所:東京都港区六本木1-3-50
設立:2008年3月14日
代表:代表取締役 榊原 健太郎
URL:https://www.samurai-incubate.asia/

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サムライインキュベート >
  3. EC事業者向けに正確なリスク分析と決済後プロセスの自動化ができるSaaSを提供 イスラエルスタートアップ「FUGU」へ出資・成長支援を決定