プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

note株式会社
会社概要

5つの第一弾機能を公開!チャットAIによる創作支援「note AIアシスタント(β)」スタート

note株式会社

noteは、チャットAIを活用した創作支援ツール「note AIアシスタント(β)」の機能を2月16日(木)に公開しました。第一弾では、記事の切り口を提案、タイトルを提案、目次をつくる、プレスリリースの構成をつくる、童話をつくる、の5つの機能をテストします。来週以降も、続々と機能を追加していきます。noteはAIをはじめとした最新テクノロジーを積極的に活用し、クリエイターの創造性を高めて、創作を始めて続けやすくなるようにサポートをしていきます。

 

 
  • note AIアシスタント(β) 第一弾機能
クリエイターの創造力を最大限に引き出す note AIアシスタント(β)は、本日以下5つの機能を公開しました。noteではOpenAI社の人工知能モデルGPT-3を活用した創作支援の実証実験を行っています。利用者からの反応を踏まえて、本ツールの今後の開発・拡張や展開を検討していきます。

【1】記事の切り口を提案
【2】タイトルを提案
【3】目次をつくる
【4】プレスリリースの構成をつくる
【5】童話をつくる


※いずれの機能も、具体的に情報を入力いただくほど、楽しんで使用いただけます。
 
  • 【1】記事の切り口を提案
書きたいことをどんな切り口で掘り下げるといいのか迷う方にオススメの機能です。書きたいテーマを入力すると、「これについて書いてはどうですか?」と記事の切り口が5つ提案されます。

 

AIアシスタント(β)で記事の切り口を提案する試している画像AIアシスタント(β)で記事の切り口を提案する試している画像

 
  • 【2】タイトルを提案
タイトルを考えるのが苦手な方や、タイトルから発想をふくらませて本文の内容を考えたい方にオススメの機能です。記事の概要を入力すると、タイトル案が5つ表示されます。

 

AIアシスタント(β)でタイトルを提案する機能を試している画像AIアシスタント(β)でタイトルを提案する機能を試している画像

 
  • 【3】目次をつくる
書きたいことはあっても、どこから書き始めたらよいのか分からない方にオススメの機能です。記事の概要を入力すると、どんな項目をどんな順番で書けばいいのか、目次とセットで提案が受けられます。

AIアシスタント(β)で目次をつくる機能を試している画像AIアシスタント(β)で目次をつくる機能を試している画像

 
  • 【4】プレスリリースの構成をつくる
プレスリリースで発表する内容の概要、サービスや事業のターゲット、今後の展望などを具体的に入力することで、プレスリリースの構成案が提示されます。自社の取り組みを社外へどう発信するかの参考にしてください。

AIアシスタント(β)でプレスリリースの構成をつくる機能を試している画像AIアシスタント(β)でプレスリリースの構成をつくる機能を試している画像

 
  • 【5】童話をつくる
気軽にAIアシスタント(β)の機能を試してみたい、子どもへの読み聞かせネタに悩んでいる、そんな方にオススメの機能です。大まかなストーリーを入力すると、童話のひながたとなる文章が生成されます。アレンジして、自分だけの童話を作ってみてください。

 

AIアシスタント(β)で童話をつくる機能を試している画像AIアシスタント(β)で童話をつくる機能を試している画像


具体的な使い方は、note公式からのお知らせ記事をご覧ください。
https://note.com/info/n/n0d3b05587626
 
  • 先行ユーザーへの応募方法
本日時点では、まずnoteプレミアム会員、note proご利用者および一部のクリエイターが本ツールを使用いただけます。すでに先行ユーザーにご応募いただいた方には、ご利用可能になり次第メールでお知らせしますので、お待ちください。対象者は利用状況をみながら徐々に広げていく予定です。

先行ユーザーは引き続き募集していますので、利用を希望する方は、以下のフォームからお申し込みください。

応募フォーム:https://forms.gle/SUW79VCtr9ijtCac7
応募締め切り:2023年2月28日(火)23:59
 
  • note AIアシスタント(β) について
note AIアシスタント(β) は、一般公開から2ヶ月で利用者が1億人を超えた(※)チャットAI「ChatGPT」にも搭載されている、OpenAI社が開発した自然言語処理の人工知能モデルGPT-3を採用しています。本機能を活用することで、クリエイターは思いついたアイデアを膨らませたり、より良い表現方法を追求したり、自分にしかできないクリエイティブな活動に打ち込むことができるようになります。

※2023年2月1日にUBSが発表したアナリスト調査より
 
  • 参考:noteで投稿されている生成系AIに関する情報について
noteにはChatGPTについての解説や活用事例を発信しているクリエイターがたくさんいます。それらの記事を以下のマガジンにまとめていますので、参考にご覧ください。
https://note.com/notemagazine/m/me95b582f2660

本日からハッシュタグ「#AIとやってみた」を付けた投稿を募集しています。実際に note AIアシスタント(β)を活用して作った作品、使ってみた感想などが投稿される予定です。投稿記事は、以下のURLからご確認ください。
https://note.com/contest/AI%E3%81%A8%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F?f=new 
 
  • note
noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービスを開始し、約3,000万件の作品が誕生。会員数は585万人(2022年11月時点)に達しています。

●URL:https://note.com/
●iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110
●Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note
 
  • note株式会社
わたしたちは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォームnoteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、メンバーシップでファンや仲間からの支援をうけたり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を紹介したり、note proを活用して法人や団体が情報発信をしたりしています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:https://note.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
ネットサービス
関連リンク
https://note.jp/n/nad9b24956575
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

note株式会社

32フォロワー

RSS
URL
https://note.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区麹町6-6-2
電話番号
-
代表者名
加藤貞顕
上場
東証グロース
資本金
1億7635万円
設立
2011年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード