日本陸連ファン投票2021 結果発表! 〜陸上ファンの心を熱くしたナンバーワンは田中希実に決定!〜

本連盟にて、2015年より実施しておりますファン投票。2021年はトップアスリート部門では「あなたの心を最も熱くした選手」・「陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジした選手」の2つのテーマで、U20・中学・高校部門では「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」というテーマでインターネットでの投票をファンの皆さまから募集し、3,275票のご応募をいただきました。

2021年は、東京2020オリンピック女子1500mで日本人初出場にして初の8位入賞の快挙を果たした田中希実選手(豊田自動織機TC)、東京2020オリンピック男子マラソン6位入賞・現役引退後は次世代アスリートや子どもたちへの陸上の普及活動に力を注いでいる大迫傑選手(Nike)、東京2020オリンピック男子3000m障害物で日本人初の7位入賞を果たした三浦龍司選手(順天堂大学)がそれぞれのテーマでナンバーワンに選ばれました。

 
  • トップアスリート部門「あなたの心を最も熱くした選手」トップ10 
東京2020オリンピックでの日本代表選手たちの活躍や、東京2020オリンピック出場に向けた日本各地での白熱した戦いなど、選手たちの素晴らしいパフォーマンスに興奮、感動した1年だったのではないでしょうか。2021年皆さまの心を最も熱くした選手に投票いただきました。

1位:田中希実(豊田自動織機TC)

アフロスポーツアフロスポーツ

<熱くしたシーン>
・東京2020オリンピック女子1500m準決勝での日本記録更新(初の3分台)と決勝での日本人初の8位入賞。世界の選手を相手に先頭に出て全体を引っ張る積極的な走り など


2位:三浦龍司(順天堂大学)

アフロスポーツアフロスポーツ

<熱くしたシーン>
・東京2020オリンピック男子3000m障害物予選での日本記録更新と決勝での日本人初の7位入賞
ラスト1周のスパートで3人抜きでの入賞 など


3位:大迫傑(Nike)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・東京2020オリンピック男子マラソン30㎞過ぎで単独6位となり2位集団をとらえた瞬間、フィニッシュシーン、フィニッシュ後の涙のインタビュー など


4位:多田修平(住友電工)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・第105回日本選手権初優勝のガッツポーズ
・東京2020オリンピック男子4×100mリレー決勝のスタートダッシュ、悔しい結果から前を向いて進む姿 など


5位:山縣亮太(セイコー)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・布勢スプリントでの日本記録更新(9.95)
・怪我や病気を乗り越え、東京2020オリンピックの代表権を獲得した第105回日本選手権 など


6位:橋岡優輝(富士通) ★ダイヤモンドアスリート修了生

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・東京2020オリンピック男子走幅跳予選の8m17のジャンプと37年ぶりの6位入賞
・第105回日本選手権の6本目での日本記録更新 など


7位:金井大旺(ミズノ)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・東京2020オリンピック男子110mH準決勝での転倒後も最後まで走り抜き、レーンへ一礼する姿
・最後の全日本実業団での優勝 など


8位:泉谷駿介(順天堂大学)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・第105回日本選手権決勝での日本記録更新(13.06)
・東京2020オリンピック男子110mH準決勝進出 など


9位:寺田明日香(ジャパンクリエイト)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<熱くしたシーン>
・日本記録更新後の娘さんとの写真撮影シーン
・引退、結婚、出産、復帰を経て掴んだ夢の舞台(東京2020オリンピック)での走り など


10位:黒川和樹(法政大学)

アフロスポーツアフロスポーツ

<熱くしたシーン>
・READY STEADY TOKYO400mHで自己ベストを大幅更新し、オリンピック標準記録を突破
・第105回日本選手権400mHで優勝し、東京2020オリンピックの代表権を獲得 など


 
  • トップアスリート部門「陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジした選手」トップ5
新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いた1年でしたが、選手が主体となり陸上競技会を開催したり、SNSでのトレーニング紹介やオンライン上でのファンとの交流会を行ったり、多くのアスリートが陸上競技の普及活動に取り組む姿、挑戦する姿が印象的でした。陸上競技の普及・発展のために最もチャレンジしたと感じる選手に投票いただきました。

1位:大迫傑(Nike)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<活動内容>
・株式会社「I(アイ)」を設立。大学生アスリートを対象とした「Sugar Elite」、小中学生を対象にした「Sugar Elite kids」を開催し、次世代アスリートの育成に貢献した。
・オトナのための「Sugar Elite Q」を開催し、陸上競技の発展に貢献した。


2位:桐生祥秀(日本生命)

アフロスポーツアフロスポーツ

<活動内容>
・誰もがチャレンジしたことのある50m走をベースとした「Sprint 50」を考案。桐生選手と本気の勝負をするイベント「Sprint 50 Challenge」を開催し陸上競技の発展に貢献した。
・YouTubeチャンネル「Yoshihide Kiryu Channel」での情報発信により、陸上競技の普及に貢献した。


3位:田母神一喜(阿見AC)

アフロスポーツアフロスポーツ

<活動内容>
・ランニングイベント団体「IIIF」(読み方:スリーエフ ファン・フロム・フクシマの略)を設立し、「郡山NY駅伝・ロードレース大会」や「ⅢF SUMMER GAMES」など、気軽に参加できる競技会を開催し地域に貢献した。
・地元、福島県で小中高生を対象とした「陸上教室」を開催し、次世代アスリートの育成に貢献した。


4位:衛藤昂(味の素AGF)

アフロスポーツアフロスポーツ

<活動内容>
・跳躍の大会やイベントを企画運営する団体「Jump Festival」を立ち上げ、陸上競技の強化・普及・地域に貢献した。
・地元高校生とオリ&パラ選手のエキシビションマッチを開催し、間近で観戦できる機会を提供し競技の魅力を伝えた。


5位:寺田明日香(ジャパンクリエイト)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<活動内容>
・挑戦者のキャリア支援を目的とするプロジェクト「A-START(エースタート)」を発足。
・高校生、大学生のための「スプリングキャンプ」を実施し、次世代アスリートの育成に貢献した。
・「トークン」を活用したクラウドファンディング「FiNANCiE」を活用し、アスリートとファンとの新しいファンコミュニティの確立。


 
  • U20・中学・高校部門「これからの成長や活躍が最も楽しみな選手」トップ5
オレゴン2022世界選手権やパリ2024オリンピック、その先の国際大会に向けて。
2021年の輝かしいパフォーマンスを振り返り、これからの成長や活躍が最も楽しみな選手に投票いただきました。

1位:三浦龍司(順天堂大学)

アフロスポーツアフロスポーツ

<理由>
・東京2020オリンピックでの7位入賞から、今後の国際大会でのメダル獲得が期待できるから。
・トラックだけでなく駅伝での活躍など、マルチな活躍が楽しみだから。


2位:不破聖衣来(拓殖大学)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<理由>
・全日本女子大学駅伝5区で従来の記録を大きく更新する区間記録を樹立したから。
・走りのフォームがダイナミックかつ綺麗で、今後世界大会での活躍が期待できるから。


3位:佐藤圭汰(洛南高校)

アフロスポーツアフロスポーツ

<理由>
・各種目で記録を更新し、更なる成長が期待できるから。
高校記録:1500m・5000m U20日本記録:1500m U18日本記録:1500m・3000m
・日本選手権で実業団選手などトップアスリートがいる中での積極的なレースが素晴らしかったから。


4位:アツオビンジェイソン(福岡大学) ※ダイヤモンドアスリート

<理由>
・規格が変わった大学1年生での日本インカレで優勝し、これからの活躍が期待できるから。


5位:村上来花(弘前実業高校)

フォート・キシモトフォート・キシモト

<理由>
・2021年U18世界ランキング1位となり、今後世界での活躍が期待できるから。
・U18日本記録、U20日本記録、高校記録など、次々と記録を更新しているから。



■アスレティックス・アワード2021特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/award/2021/

■【JAAFファン投票2021】★結果発表 ライブ配信★
~選手の活躍と共に、白熱の1年を振り返ろう!~
三浦龍司×田母神一喜×衛藤昂 スペシャルトークも開催!
>>ライブ配信:https://youtu.be/njjnAy6i6BA


過去のファン投票結果は以下の通りです。

「JAAFファン投票2020 ~あなたが元気をもらった選手の名シーンは!?~」
<トップアスリート部門トップ10 >
1位:相澤 晃(旭化成)
2位:新谷 仁美(積水化学)
3位:大迫 傑(Nike)
4位:多田 修平(住友電工)
5位:桐生 祥秀(日本生命)
6位:伊藤 達彦(Honda)
7位:田中 希実(豊田自動織機TC)
8位:田村 和希(住友電工)
9位:一山 麻緒(ワコール)
10位:三浦 龍司(順天堂大学)
<中学・高校部門トップ10 >
1位:石田 洸介(東京農大二高・群馬)
2位:栁田 大輝(東京農大二高・群馬) ★ダイヤモンドアスリート
3位:杉田 晃大(竜海中・愛知)
4位:アツオビン ジェイソン(大阪桐蔭高・大阪) ★ダイヤモンドアスリート
5位:河内 瀬桜(東大阪大敬愛高・大阪)
6位:三原 梓(立命館宇治高・京都)、石川 優(相洋高校・神奈川)
8位:平川 慧(あげな中・沖縄)
9位:山本 亜美(京都橘高・京都)、 大野 瑞奈(埼玉栄高・埼玉)、村上 来花(弘前実高・青森)
URL:https://www.jaaf.or.jp/news/article/14598/

 
「 Olympic Hopeful Athlete 2019 」
<トップアスリート部門トップ10 >
1位:多田 修平(住友電工)
2位:橋岡 優輝(日本大学)★ダイヤモンドアスリート修了生
3位:山縣 亮太(セイコー)
4位:中村 匠吾(富士通)
5位:サニブラウン アブデルハキーム(フロリダ大学)★ダイヤモンドアスリート修了生
6位:寺田 明日香(パソナグループ)
7位:高山 峻野(ゼンリン)
8位:服部 勇馬(トヨタ自動車)
9位:クレイアーロン 竜波(相洋高校)★ダイヤモンドアスリート
10位:戸邉 直人(JAL)
<ジュニア部門トップ10 >
1位:クレイアーロン 竜波(相洋高校)★ダイヤモンドアスリート
2位:東京農大二高4×100mR
3位:藤原 孝輝(洛南高校)★ダイヤモンドアスリート
4位:ハッサン ナワール(松戸市立第五中学校)
5位:高良 彩花(筑波大学)、6位:出口 晴翔(東福岡高校)★ダイヤモンドアスリート
7位:廣島 愛亜梨(大阪高校)、8位:三浦 龍司(洛南高校)
9位:渡邊 ももこ(筑波大学)、10位:阿部 龍斗(筑波大学) 
URL:https://www.jaaf.or.jp/news/article/13403/

 
<「Most Valuable Player 2018」トップ10 >
1位:山縣 亮太(セイコー)
2位:大迫 傑(Nike)
3位:松田 瑞生(ダイハツ)
4位:設楽 悠太(Honda)、5位:山本 聖途(トヨタ自動車)、6位:多田 修平(関西学院大学)
7位:小池 祐貴(住友電工)、8位:クレイ アーロン 竜波(相洋高校
9位:桐生 祥秀(日本生命)、10位:橋岡 優輝(日本大学)
URL:https://www.jaaf.or.jp/news/article/12292/


<「Most Impressive Athlete 2017」トップ10 >
1位:桐生 祥秀(東洋大学)
2位:多田 修平(関西学院大学)
3位:藤光 謙司(ゼンリン)
4位:サニブラウン アブデルハキーム(東京陸協)、5位:石田 洸介(北九州浅川中学校)
6位:大迫 傑(Nike ORPJT)、7位:鈴木 亜由子(日本郵政グループ)
8位:北村 夢(日本体育大学)、9位:設楽 悠太(Honda)、10位:飯塚 翔太(ミズノ)
URL:http://www.jaaf.or.jp/news/article/11079/


<「Most Impressive Athlete 2016」トップ10 >
1位:山縣 亮太(セイコーホールディングス)
2位:ケンブリッジ 飛鳥
3位:大迫 傑(Nike ORPJT)
4位:鈴木 亜由子(日本郵政グループ)、5位:飯塚 翔太(ミズノ)
6位:渡邊 茜(丸和運輸機関)、7位:上原 美幸(第一生命グループ)
8位:福島 千里(北海道ハイテクAC)、9位:荒井 広宙(自衛隊体育学校)、10位:桐生 祥秀(東洋大学)
URL:http://www.jaaf.or.jp/news/article/6969/


<「Most Impressive Athlete 2015」トップ10 >
1位:大迫 傑(NIKE OREGON PROJECT)
2位:サニブラウン アブデルハキーム(城西大学附属城西高校)
3位:鈴木 亜由子(日本郵政グループ)
4位:鈴木 雄介(富士通)、5位:大嶋 健太(東京高校)6位:石塚 晴子(東大阪大敬愛高校)
7位:田母神 一喜(学校法人石川高校)、8位:東京高校(日本選手権リレー女子4×100mR)
9位:設楽 悠太(Honda)、10位:藤光 謙司(ゼンリン)
URL:http://www.jaaf.or.jp/news/article/4351/

※なお、所属先は当時の情報となります。
  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本陸上競技連盟 >
  3. 日本陸連ファン投票2021 結果発表! 〜陸上ファンの心を熱くしたナンバーワンは田中希実に決定!〜