四街道市、千葉市、市原市と千葉中央生コンクリート協同組合が災害時等における消防用水の供給支援に関する協定を締結しました

 四街道市は、千葉市、市原市とともに千葉中央生コンクリート共同組合と給水支援活動に関する協定を3月20日(水)に締結しました。

 この協定では、平成28年の新潟県糸魚川市の大規模火災においてコンクリートミキサー車を活用して消防用水の確保を行った事例を鑑み、コンクリートミキサー車を使用した消防用水の搬送体制を確保するとともに、消防用水の供給の協力要請について必要な事項を定めています。

 協定締結式において、千葉中央生コンクリート共同組合の小林秀虎理事長は、「災害時の給水支援で地域住民の生命財産を守ることは、地域の事業者である我々としても当然の地域貢献であると思っています」と述べました。
 佐渡斉四街道市長は「この協定を以て、災害に対する体制を万全とし、市民の安心安全を守っていきます」と防災に対する思いを語りました。



1.協定締結式
・日時
平成31年3月20日(水)11時00分

・場所
千葉市役所 本庁舎3階 第一会議室

・出席者
佐渡 斉  四街道市長
熊谷俊人 千葉市長
小出譲治 市原市長
小林秀虎 千葉中央生コンクリート共同組合理事長

2.協定の相手方
千葉中央生コンクリート協同組合 加盟組合員(11事業所)

3.協定の内容
災害時等における消防用水の供給支援に関する協定
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 四街道市役所 >
  3. 四街道市、千葉市、市原市と千葉中央生コンクリート協同組合が災害時等における消防用水の供給支援に関する協定を締結しました