6(ム)月4(シ)日は『虫ケア用品の日』アース製薬×漫画家・浅野いにお先生 描き下ろしイラスト6月4日(木)に新聞全面広告を掲載!

“アース製薬オリジナルキャラ”の虫ケア女子が、読者を挑発!?

 アース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川端克宜)は、6月4日(木)『虫ケア用品の日』に、漫画家・浅野いにお先生が描き下ろしたイラストを、朝日新聞と読売新聞の朝刊で全面広告を掲載(※1)します。
​※1:予定

©浅野いにお/小学館©浅野いにお/小学館

浅野いにお浅野いにお

「#虫ケアはヘルスケア」スペシャルサイトURL: https://www.earth.jp/mushicare/
 

■『虫ケア用品の日』をきっかけに当社が伝えたかったこと
 蚊やハエ、ゴキブリなどの身近にいる虫は、感染症や食中毒の原因となる病原体を媒介する “健康リスク”であると考え、虫による健康被害から適切に対処するための製品を開発しています。当社は、 “虫を殺す”というよりも“人を守る”ために当社の製品を使っていただきたいという思いから、2017年10月に、「殺虫剤」 と呼ばれていた商品群を『虫ケア用品』と呼称変更しました。6月4日『虫ケア用品の日』をきっかけに、“虫ケア”は“ヘルスケア”として多くの皆様に日常的に意識していただけることを目指してまいります。

■漫画家・浅野いにお先生の起用理由とイラスト意図
 『虫ケア用品』の呼称をより一層広めていきたい!という思いから、熱烈なファンを持ち、『ソラニン』や『おやすみプンプン』などの人気作品を世に出してきた漫画家・浅野いにお先生にご協力いただきました。今回、浅野先生には、ノスタルジックな暑い夏のワンシーンで、一見無防備な“アース製薬オリジナルキャラ”の虫ケア女子が、飛んでいる蚊をアースジェットで撃退する虫ケアのワンシーンを、まるで読者に向けて挑発しているかのように、浅野先生らしいタッチのイラストで描き下ろしていただきました。

【6月4日『虫ケア用品の日』とは】
 当社は、2017年10月に、「殺虫剤」 と呼ばれていた商品群を 『虫ケア用品』 と呼称変更しました。
「殺」という文字が、「人体に有害」「使うのが怖い」 というネガティブなイメージを与え、使用をためらう方が一定の割合存在すること、人体用虫よけ剤 「サラテクト」 や空間用吊下げ虫よけ剤 「アース虫よけネットEX」 などのように、殺虫を目的としない商品群が市場の約30%(※)を占めているためです。
“虫を殺す” というより“人を守る” という思いのもと、『虫ケア用品』という呼称変更を啓発しており、その活動の一つとして、6月4日を 『虫ケア用品の日』として制定し、一般社団法人 日本記念日協会から2018年10月10日に登録認定されました。

 当社が提唱する、害虫の駆除剤・忌避剤の総称である 『虫ケア用品』 について、6月4日が虫ケア用品の需要が年間を通じて、最盛期を迎える時期であることと、「ムシ」 と読む語呂合わせから、『虫ケア用品の日』 と制定し、虫ケア啓発イベントなどを通じて、感染症リスクの啓発、薬剤の正しい理解・普及を促進する日として定めました。
※:自社調べ
 

   <主な虫ケア用品>


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アース製薬株式会社 >
  3. 6(ム)月4(シ)日は『虫ケア用品の日』アース製薬×漫画家・浅野いにお先生 描き下ろしイラスト6月4日(木)に新聞全面広告を掲載!