モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」11月13日(土)よりTIPSTAR DOME CHIBAにてサービス開始

施設内の完全キャッシュレス決済化に対応

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を展開する、株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山 広宣)は、株式会社JPF (本社:東京都千代田区、代表取締役:渡辺 俊太郎)が運営するTIPSTAR DOME CHIBAにて、11月13日(土)より「ChargeSPOT」サービスを開始することをお知らせします。

 


日本設置台数シェアNo.1※の「ChargeSPOT」はモバイルバッテリーを「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に現在約27,000ヶ所まで設置場所を拡大しています。

※INFORICH調べ

「ChargeSPOT」をTIPSTAR DOME CHIBAに設置することにより、施設内の完全キャッシュレス決済化によるスマホの充電消費を解消いたします。お客様は充電を気にすることなく、PIST6 Championshipのレースをお楽しみいただくことができます。

<株式会社JPFらのコメント
ドームでのお客様体験として、PIST6 Championshipのレースをスマホ片手に、TIPSTARアプリでベッティング(無料コイン含め)をしながら楽しんでいただくことを想定しております。また、飲食や物販でもモバイル決済を導入しており、スマートフォンのバッテリー消費が想定されます。
充電が切れてしまったとしても、チャージスポット を導入することで、バッテリー残量を気にすることなく、ドーム内でストレスなく楽しんでいただくためには、モバイルバッテリーのレンタルサービスの導入は不可欠でした。
チャージスポットは、全国のコンビニエンスストアや駅などにも展開されていることで、お客様の使用済みバッテリー返却へのストレスが軽減されることを想定し、導入に至りました。

■設置について
設置日時:11月13日(土)
設置箇所:
・インフォメーションカウンター
・TIPSTAR BAR
・ORANGE & PIZZA
※詳しい設置場所はアプリ内、HP(https://app.chargespot.jp/map/)からご確認いただけます。

ChargeSPOTのサービスについて
モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。レンタル方法は「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけの簡単操作。日本全国47都道府県に設置されており、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中です。
外出時にスマホの充電が足りない・・・そんな時は「ChargeSPOT」。対応アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、「LINE」「d払い®︎」「PayPay」「au PAY」などの各種対応アプリでQRコードを読み込んでバッテリーを借りることが可能で、専用アプリをダウンロードしていなくてもその場でサービスを利用できます。

■「ChargeSPOT」ご利用方法

アプリ名称:ChargeSPOT チャージスポット
ダウンロードはこちら:https://go.onelink.me/GQjX/cc9f2407

■「ChargeSPOT」ご利用料金(税込)
30分未満は165円、その後の48時間までは330円でレンタルできます。その後最大5日間(120時間)まで1日(24時間)330円で利用できます。
※レンタル開始後120時間(5日間)を超えた場合、合計3,300円(利用料、違約金1,980円を含む)の支払い義務が発生します。

■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH ChargeSPOT 広報部 PR担当 木村
Mail: press@inforichjapan.com

※「d払い」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INFORICH >
  3. モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」11月13日(土)よりTIPSTAR DOME CHIBAにてサービス開始