過去最大規模の全国50ヶ所で開催 高性能樹脂窓の普及・啓蒙を推進する「APWフォーラム2016」開催 ~2020年「省エネ基準適合義務化」に備え、ZEH本格化への布石を~

YKK APは、高い断熱性能を持つ“樹脂窓”の普及・啓蒙をより一層推進する活動として、「APWフォーラム2016」を、5月12日より開催します。
 YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、高い断熱性能を持つ“樹脂窓”の普及・啓蒙をより一層推進する活動として、「APWフォーラム2016」を、5月12日より開催します。5回目となる今回は、2012年の開始以来、最大規模となる全国50ヶ所で開催し、8,000名の動員を目指します。2020年に迫った省エネ基準適合義務化に備えつつ、更にその後のロードマップとして控えているZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス※)本格化を見据え、開催会場を昨年比の倍に増やし、細やかな情報提供、高断熱住宅や樹脂窓の普及・啓蒙を図ります。

 今回のフォーラムでは、今年3月にドイツで開かれた世界最大規模の窓・建築建材展示会で、評価の高かったAPWシリーズ最新商品「APW431大開口スライディング」や、今春の新商品で簡単に最新の樹脂窓に窓リフォームができる商品「かんたんマドリモ」のほか、住宅の高断熱化に対応する高断熱玄関ドア「InnoBest(イノベスト)」なども実物展示にて紹介。住宅の窓と玄関ドアのすべてで熱貫流率(U値)1.0以下の高断熱化を実現し、ZEHを視野に入れた商品提案を強化します。
 また、高断熱住宅に造詣の深い有識者より、各専門分野から見た“高性能な家づくり”についても講演いただきます。各セミナーを通して、高断熱住宅や樹脂窓のより一層の普及を推進します。

 ※ ZEH … Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。 住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅。政府のエネルギー基本計画として、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指す。
 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YKK AP株式会社 >
  3. 過去最大規模の全国50ヶ所で開催 高性能樹脂窓の普及・啓蒙を推進する「APWフォーラム2016」開催 ~2020年「省エネ基準適合義務化」に備え、ZEH本格化への布石を~