楽天証券、ロボ・アドバイザー「楽ラップ」に関する運用実績に係る情報開示のお知らせ

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2017年8月3日(木)より、弊社が公表した「お客様本位の業務運営宣言」の一環として、ロボ・アドバイザー「楽ラップ」の運用実績に係る情報開示の取組みを開始することをお知らせします。
  楽天証券では、2017年3月に金融庁が公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の採択にあわせ、2017年6月に「お客様本位の業務運営宣言」を定め、公表いたしました。これまでも「楽ラップ」の運用実績に係る情報開示はしておりましたが、本宣言の取組みとして、全運用コースにおける、費用控除後のデイリーベースでの実際のパフォーマンスを一覧で確認できるなど、お客様がよりサービスを理解いただける内容に改善いたしました。
 
  また、現在日本では、ロボ・アドバイザーを提供している企業が17社あり、各社それぞれ運用実績の開示方法が異なっており、お客様にとって単純比較が難しい状況にあります。お客様のニーズに応じて、最適なものを選んでいただけるよう、ロボ・アドバイザーを提供する7社と共同で、以下の「最低限の開示基準」を定め、情報開示を行っていくこととなりました。

*2017年8月現在の最低限の開示基準
・円建ての月次リターンを月末基準で開示。
・アドバイザリーフィー、信託報酬、取引コストなど、お客様が実質的に負担するコストを控除した運用パフォー
 マンスを開示。
・複数の資産運用プラン(ポートフォリオ)を提供している場合は、各社でのリスクレベル最低・中央・最大の3
 つを少なくとも開示。また推定リスクも合わせて明記。
 

 

情報開示の更なる向上に関する共同宣言

私たちロボ・アドバイザーを提供する各社は、ロボ・アドバイザーが個人の資産運用における真のパートナーとなるために、お客様にとって重要な情報をわかりやすく届けてゆくことが大切だと考えます。情報開示の水準を向上させることは、金融事業者に求められる顧客本位の業務運営を実現していくためにも欠かせないものと認識します。 

ロボ・アドバイザーを提供する各社のサービスは、資産運用のコンセプトや具体的な手法、お客様が実質的に負担するコスト、運用実績など、それぞれの特徴があり、多様性に富んでいます。そのため、お客さまのニーズに応じて最適なものを選んでいただくことができるものと考えます。一方で、各社の違いは単純比較が難しく、お客様がサービスを選択される際に、どの会社のサービスを利用すべきか判断しづらい現状があります。この状態を改善し、お客様に各社サービスについて理解を深めていただき、ご自身にあったサービスを選んでいただけるよう、情報開示について共同の取り組みを進めていくことになりました。 

本取り組みへの参画を表明し、上記にかかる情報開示の対応が可能な企業は、2017年8月1日現在で以下の通りです。ロボ・アドバイザーを提供する各社は、今後も継続的に意見交換等を行い、お客様に対する情報開示の更なる向上に取り組んでまいります。 

<参加企業(2017年8月1日現在・50音順)>
・ウェルスナビ株式会社
・株式会社お金のデザイン
・財産ネット株式会社
・松井証券株式会社
・マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社
・株式会社みずほ銀行
・楽天証券株式会社 
 

 

 「楽ラップ」情報開示の詳細について
・情報公開日:2017年8月3日(木)より毎月初旬に公開予定
・掲載場所:  https://wrap.rakuten-sec.co.jp/news/status.html
・公表する情報の内容:
 全運用コースの「期待リスク(年率)」、「期待リターン(年率)」、「パフォーマンス」の実績をご覧いただ
 けるCSVファイルがダウンロード頂けます。
(CSVファイルイメージ)※一部抜粋


※パフォーマンスは、「投資顧問料」「運用管理費用」「ファンド費用」控除後です。「投資顧問料」「運用管理費用」は、楽ラップの固定報酬型における最大の料率0.702%(税込年率)を採用しています。なお、楽ラップでは、「投資顧問料」「運用管理費用」を毎月、1ヵ月分先取りでお支払いただきますが、公開するデータでは日次で控除しています。 

楽ラップについて
ロボ・アドバイザーが、お客様の質問に対する回答から、お金や投資に対する考え方などを診断し、一人一人に合ったコースを提案・運用する投資一任型のサービスです。
 

 楽天証券では、今後も「お客様本位の業務運営宣言」に基づき、常にお客様の立場を発想の原点とした質の高い仕事を心がけ、最良かつ革新的な投資サービスの提供に努めてまいります。

【参考】お客様本位の業務運営宣言:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/fiduciary/
 

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。 

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
     一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天証券 >
  3. 楽天証券、ロボ・アドバイザー「楽ラップ」に関する運用実績に係る情報開示のお知らせ