プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社baton
会社概要

「自分らしさは組み合わせで作ろう」QuizKnockの須貝駿貴が杉並区の小中学生向け講演会「君らしく生きる未来へ」に登壇しました!

株式会社baton

 株式会社baton(東京都品川区、代表 衣川洋佑)が運営するQuizKnockの須貝駿貴は、1月27日にセシオン杉並(東京都杉並区)にて行われた『青少年委員制度発足70周年記念講演会「君らしく生きる未来へ」』に登壇しました。会場には杉並区在住の小中学生とその保護者など約300名が参加し、須貝が語る「自分らしさの作り方」に耳を傾けました。

 株式会社baton(東京都品川区、代表 衣川洋佑)が運営するQuizKnockの須貝駿貴は、1月27日にセシオン杉並(東京都杉並区)にて行われた『青少年委員制度発足70周年記念講演会「君らしく生きる未来へ」』に登壇しました。

 本講演会は、青少年委員制度発足70周年を記念して杉並区教育委員会、杉並区青少年委員協議会の主催により開催されました。青少年委員は、家庭・地域・学校をつなぐパイプ役として「地域で育てよう 未来を拓く青少年!」をテーマに活動する非常勤の公務員で、杉並区では約40名が自身の担当の小中学校を中心に各地域で活躍しています。


  • 「どんな仕事を知ってる?」須貝の問いかけに対する小中学生の答えとは

 杉並区青少年委員協議会会長・泉市清子氏や杉並区長・岸本聡子氏ら来賓の挨拶に続いてステージに登場した須貝。

 決めゼリフ「ナイスガイの須貝です!」と共に挨拶すると、会場は大きな拍手に包まれました。

 須貝は自身の経歴やQuizKnockの活動について紹介したのち、本講演会のテーマである「自分らしく生きる未来へ」に触れ、小中学生たちに「大人から“将来なりたい職業は?”と聞かれることがあると思うけど、そもそもみんなどんなお仕事や会社を知ってる?」と問いかけました。

 会場からは一斉に手が上がり、「公務員」や「ITエンジニア」といった職業から、QuizKnockと同じ「YouTuber」まで、様々な回答が挙がりました。「飴細工職人」「調律師」といった専門性が高く技術の求められる職種が飛び出すと、「すごい!よく知ってるね!」と須貝も驚いた様子を見せました。

客席に降りて回答を聞いて回る須貝客席に降りて回答を聞いて回る須貝

 続いて、回答として挙がらなかった職業をいくつか紹介したうえで、「世の中には色々な仕事がある。僕はみんなの2〜3倍長く生きているので、みんなよりも多くの仕事を知っているのは当然。だからみんなは、いま“将来なりたい職業は?”と聞かれて答えられなかったり、将来のことを考えられなくても焦らなくて大丈夫」と語りかけた須貝。

 「野球に夢中で将来のことを考える余裕なんてなかった」という自身の中高生時代を引き合いに出しながら、「無理に将来のことを考える必要はない。いま好きなことに熱中すること、目の前のことを頑張ることも大切」と話しました。


  • 「自分らしさは組み合わせ」須貝の思う“自分らしく生きる方法”とは

 後半パートでは「QuizKnockや須貝らしいYouTubeの企画を考えて!」と須貝から新たな呼びかけが。これに対しても「色々な教科の歌を作る」「博士になるコツを語る」など、「楽しいから始まる学び」をコンセプトに動画を制作するQuizKnockや、博士号を持つ須貝の特徴を踏まえた、たくさんの“らしい”企画が提案されました。

 須貝は参加者に対し、どのように“らしい”企画を考えたかを問いかけ、「好きなことや得意なことを組み合わせることで“自分らしさ”が生まれる。たくさんあればあるほど“自分らしさ”が広がっていくので、ぜひ色々なことを調べて好きなこと・得意なことを増やしていってほしい」と語りかけました。


 最後に参加者から寄せられた質問に回答する時間も設けられ、あたたかい拍手に包まれながら講演会は幕を閉じました。



  • 須貝駿貴とは

 1991年生まれ、京都府舞鶴市出身。東京大学大学院総合文化研究科後期博士課程修了。学位は博士(学術)。2017年に東大発の知識集団・QuizKnockに加入、自己紹介では「ナイスガイの須貝です」が定番のあいさつ。国立科学博物館認定サイエンスコミュニケーターで、「QuizKnock 須貝駿貴と行くKEK(高エネルギー加速器研究機構)見学ツアー」を担当するなど、科学関連の企画が得意。学部卒業時には「一高賞」を受賞したほか、2018年には日本物理学会で「学生優秀発表賞」を受賞している。趣味は草野球とアイドル・声優の応援。








  • QuizKnockとは

 QuizKnock(クイズノック)は、東大クイズ王・伊沢拓司が中心となって運営する、エンタメと知を融合させたメディア。「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、何かを「知る」きっかけとなるような記事や動画を毎日発信中。YouTube( https://www.youtube.com/c/QuizKnock )チャンネル登録者は216万人を突破。(2024年1月時点)


  • 株式会社batonとは

 株式会社batonは、ビジョンである「遊ぶように学ぶ世界」を実現するために、遊びと学びをつなげる各種サービスの運営やコンテンツの制作を行っています。 エンターテインメントと教育をかけあわせたサービスを通して、自分の可能性をひらくきっかけを提供します。


 ■本件に関するお問い合わせはこちら

株式会社baton 広報チーム

Email:qk_media@baton8.com



■会社概要

社名:株式会社baton

設立:2013年10月

代表取締役:衣川洋佑

コーポレートサイト:https://baton8.com/

すべての画像


種類
イベント
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社baton

33フォロワー

RSS
URL
https://baton8.com/
業種
教育・学習支援業
本社所在地
東京都品川区
電話番号
-
代表者名
衣川 洋佑
上場
未上場
資本金
-
設立
2013年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード