海外特化型脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy Capital 1号ファンド」に株式会社エンバイオ・ホールディングスが参画

ENECHANGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:城口 洋平、代表取締役COO:有田 一平)が、株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎)と共同で2020年4月よりJapan Energy Capital合同会社を通じて運営する、海外特化型の脱炭素エネルギーファンド「Japan Energyファンド」の第一号ファンドである「Japan Energy Capital 1号ファンド」(英名:Japan Energy Capital 1 L.P.)(以下、「本ファンド」)に、新たに株式会社エンバイオ・ホールディングス(以下、「エンバイオ社」)が出資することとなりましたのでお知らせします。
※本プレスリリースは、株式会社Looopと共同配信しています。

本ファンドは、トルコとヨルダンにおける再生可能エネルギー事業を主な投資対象と定めております。エンバイオ社は、ヨルダンにおいて太陽光発電事業、水資源開発事業、トルコにおいてバイオマスガス化発電事業の展開と開発をしており、本ファンドの取り組みがエンバイオ社の海外事業戦略と合致していることから、今回の参画にいたりました。

投資対象国に深い知見を有するエンバイオ社の参画を通じて、本ファンドにおける投資活動を一層推進し、投資先の地域の持続可能なインフラ開発を支援していきます。また、本ファンドは想定する100百万USD(110億円規模)に向けて、さらなる投資家の招致、ファンド規模の拡大を図ってまいります。
 
  • 本ファンドの概要
ファンド名称:Japan Energy Capital 1号ファンド(英名:Japan Energy Capital 1 L.P.)
投資対象:トルコ又はヨルダンにおける再生可能エネルギー事業(90%超)、欧米エネルギー関連のベンチャー企業(10%未満)
ファンド規模:100百万USD規模(想定)
運用期間:2029年12月まで

※ファンドの詳細は、下記、プレスリリースをご参照ください。
https://enechange.co.jp/news/press/fund-pr/
https://looop.co.jp/info/1566_20200421
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ENECHANGE株式会社 >
  3. 海外特化型脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy Capital 1号ファンド」に株式会社エンバイオ・ホールディングスが参画