四街道市が災害対策建設協会JAPAN47、ドローンスクールジャパン千葉佐倉校と災害時の支援活動に関する協定を締結しました

災害時の迅速な情報収集力を強化します

 四街道市は災害対策建設協会JAPAN47、ドローンスクールジャパン千葉佐倉校と平成31年3月28日(木)に、災害時等における情報収集力を強化するため、無人航空機(ドローン)による支援活動に関する協定を締結しました。

 災害対策建設協会JAPAN47代表の岸本大知さんとドローンスクールジャパン千葉佐倉校代表の柏原英輝さんからは、「ドローンは警察や消防の方などからも注目を集めており、火災の際には、ドローンからの赤外線カメラで熱源を探知することで効果的な消火活動ができる」などドローンの有用性について紹介がありました。
 佐渡斉四街道市長は、「本市においてもドローンの効果的な運用ができるように体制を整えていきたい」と述べました。



■協定の相手方
災害対策建設協会JAPAN47代表
岸本大知(きしもとだいち) :写真右

ドローンスクールジャパン千葉佐倉校代表

柏原英輝(かしわばらひでき) :写真左


■協定締結日時
平成31年3月28日(木) 16時30分


■場 所
四街道市役所庁舎 3階 公室
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 四街道市役所 >
  3. 四街道市が災害対策建設協会JAPAN47、ドローンスクールジャパン千葉佐倉校と災害時の支援活動に関する協定を締結しました