不動産投資マンスリーレポート 〜年収1,000-1,200万円未満の成約者割合が過去最高〜

不動産テック総合サービス「RENOSY」を運営する株式会社GA technologiesは、本日5月26日、資産運用型中古マンション販売実績No.1(※1)のRENOSY 不動産投資における2021年4月度の顧客動向を公開いたしました。

 
  • 本件のポイント

    ・年収1,000〜1,200万円未満の成約者割合が過去最高(16%、前月比+1pt)

    ・成約者の職種のうち、会社員が最も多く、過去最高割合に(88%、前月比+3pt)

    ・購入物件価格帯は3,000万円台の割合が過去最高(14%、前月比+5pt)

◆ 概要
2019年11月度より、 RENOSYでは、資産運用型中古マンション販売実績No.1(※1)のRENOSY 不動産投資の顧客動向を毎月公開しています。2021年4月度における成約者の年収のうち、最も多いのは500〜600万円未満17%、次いで、1,000〜1,200万円未満16%となり、年収1,000〜1,200万円未満の方の割合は、マンスリーレポート開始以来、最も高くなりました。詳細は、以下の4月度レポートをご覧ください。

RENOSYは、自社で蓄積した様々な不動産データを公開することで、「不動産とお金」に関する透明性の向上を目指し、1人でも多くの人が、ライフステージに沿ったベストな不動産の選択ができる社会の実現に向けて貢献してまいります。
 



◆ RENOSY 不動産投資マンスリーレポートについて
・内容:「RENOSY 不動産投資」の成約顧客属性、成約顧客動向、販売物件情報
・期間:1ヶ月
※各データは、成約時点でのデータとなります。なお、端数処理のため、構成比の合計は100%とならない場合があります。

2021年4月度レポート:https://www.renosy.com/magazine/entries/4869
RENOSY 不動産投資サービスサイト:https://www.renosy.com/asset

 
  • 2021年4月度 RENOSY 不動産投資マンスリーレポート トピックス
◆ 年収
成約顧客の年収は、100万円単位、1,000万円以上は200万円単位で分類しています。ボリュームゾーンは17%の 500万円台で、次いで16% の1,000〜1,200万円未満、10% の800万円台、600万円台、700万円台と続きます。
1,000〜1,200万円未満の割合は、マンスリーレポート開始以来最も高い割合となっています。
 

RENOSY 不動産投資マンスリーレポート 2021年4月RENOSY 不動産投資マンスリーレポート 2021年4月


◆ 職種
成約顧客の職種は、会社員88% (前月比3ptアップ)で、マンスリーレポート開始以来最も多くなりました。次いで公務員の6%、専門職(医師・弁護士)4%、その他2%となっています。
 

RENOSY 不動産投資マンスリーレポート 2021年4月RENOSY 不動産投資マンスリーレポート 2021年4月


◆ 物件単価
価格帯は2,000万円台51%(前月比9ptアップ)、2,000万円未満が30%、3,000万円台が14%(前月比5ptアップ)、4,000万円台が5%となりました。3,000万円台の割合は、マンスリーレポート開始以来最も高くなりました。

RENOSY 不動産投資マンスリーレポート 2021年4月RENOSY 不動産投資マンスリーレポート 2021年4月


◆ 不動産テック総合サービス「RENOSY(リノシー)」について
RENOSYは、「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を経営理念に掲げる株式会社GA technologiesが提供する不動産テック総合サービスです。「住まい探しと資産運用を、もっとカンタンに。」をコンセプトに、住まいを「借りる」「買う」「売る」「貸す」「リノベーションする」、そして不動産に「投資する」を自社で一気通貫で提供する不動産情報サイトを運営しています。会員数累計10万人以上、月間PV数280万以上、東京都心の中古分譲マンションを中心に15万棟以上の物件情報を掲載し、アナログで不透明な不動産業務の効率化を進めながら、オンラインとオフライン双方の住まいにまつわる顧客体験の向上に取り組んでいます。
※RENOSY会員数は2021年3月時点、月間PV数・建物掲載数は2020年10月末時点の数字です。


◆ RENOSY 不動産投資について
 

RENOSYの不動産投資は、都市部の中古コンパクトマンションを主力としており、 2021年2月に東京商工リサーチが行った調査では、昨年から2年連続で中古マンション投資における販売実績全国No.1を獲得。新築も含めたマンション投資における販売実績でも、今年初めて全国No.1を獲得しました(※1) 。不動産投資としては珍しく、20代後半から30代前半の会社員の方々が顧客の過半数を占めています。また、特徴として、(1)テクノロジーを活用したオンライン取引の推進(2)賃貸管理から収益特化型のリノベーションまで一気通貫のサービス(3)業界平均1/20のスピードで在庫を回転させる(※2) AI・テクノロジーを活用した物件の仕入れ力などが挙げられます 。

(※1)東京商工リサーチ「2021年2月 投資用中古マンション販売に関する調査」
(※2)物件を仕入れてから販売するまでの期間を在庫回転期間と呼び、在庫がどの程度の数量出入りしているのかを表す指標としています。当社の在庫回転期間の実績は約14日/回(2020年度の月平均数値)で、自社調べによる同業他社8社の平均は約277.5日(2020年10月末時点)。

◆ GAテクノロジーズ 概要
 社名:株式会社GA technologies
 代表者:代表取締役社長 CEO 樋口 龍
 URL:https://www.ga-tech.co.jp/
 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
 設立:2013年3月
 資本金:72憶859万9831円(2021年4月末日時点)
 事業内容:
 ・PropTech(不動産テック)総合サービス「RENOSY」の運営
 (不動産情報メディア、不動産売買仲介、不動産販売、設計施工、不動産管理)
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
・AIを活用した不動産ビッグデータの研究
・中国⼈投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業の運営
主なグループ会社:イタンジ株式会社、株式会社Modern Standard、株式会社神居秒算など他4社 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GA technologies >
  3. 不動産投資マンスリーレポート 〜年収1,000-1,200万円未満の成約者割合が過去最高〜