コンシューマーとサービス事業者をつなぐ、コミュニケーションプラットフォームをCEATEC 2020 ONLINEに出展

NTT西日本は、コンシューマーとサービス事業者をつなぐ、コミュニケーションプラットフォームについて「CEATEC 2020 ONLINE」に出展します。入出力デバイスとしてAmazonEchoShowを使った利用イメージやECHONET Lite WEB-APIを搭載し容易にECHONET Lite家電と接続するイメージについて展示しておりますので、ぜひ御覧ください。
西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、コンシューマーとサービス事業者をつなぐ、コミュニケーションプラットフォーム(以下、CPF)について、2020年10月20日から10月23日に開催する「CEATEC 2020 ONLINE」※1の「ニューノーマルテーマエリア」の「ニューノーマル社会を支える要素技術・デバイス」内のエコーネットコンソーシアムブース(エリア)にて出展いたします。

NTT西日本がCPFの入出力デバイスとしてAmazonEchoShowを使った利用イメージやECHONET Lite※2 WEB-APIを搭載し容易にECHONET Lite家電と接続するイメージについて展示をいたします。

1.展示会開催概要
(1)開催期間:2020年10月20(火)~23日(金)
(2)会場:WEBでの開催 https://www.ceatec.com/ ※ニューノーマルテーマエリアに出展
(3)その他:来場者登録は必要ですが、本展示は無料で閲覧可能です。

2.NTT西日本ブースでの展示内容
・CPFの全体像及びビジネスモデルの紹介
・CPFとAmazon EchoShowの連携による利用シーンのイメージ実現をめざす利用シーン
・CPFにECHONET Lite WEB-APIを搭載したプラットフォームの世界観イメージ

※1 「CEATEC 2020 ONLINE」とはCEATEC実施協議会(一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ))が主催する、業種・産業を網羅する「Society 5.0の総合展」です。CPS/IoTやロボット、人工知能(AI)などの先端技術を活用した未来の社会に向けた、企業/団体のビジョンや業際領域の新たなビジネスモデルが多数披露され、業界の垣根を越えてテクノロジーを活用した未来を発信する場になります。詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.ceatec.com/ja/application/

※2 ECHONET Liteはエコーネットコンソーシアムの会員であるパナソニック、東芝、三菱電機、日立らによって策定されたOSI参照モデルをベースとした通信プロトコルである。

<CPFイメージ図・ロボットコンシェルジュ例>


ロボットコンシェルジュについては、2021年12月下旬に新築分譲マンション「(仮称)MMプロジェクト(名古屋市緑区)※3」の全192戸に先行導入予定です。
詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。
https://www.meitetsufudosan.co.jp/pdf/200707.pdf

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 西日本電信電話株式会社 >
  3. コンシューマーとサービス事業者をつなぐ、コミュニケーションプラットフォームをCEATEC 2020 ONLINEに出展