株式会社INFORICH、累計108億円の資金調達が完了

株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:秋山 広宣)は、MRA Investments Pte, LTD、SBSホールディングス株式会社、NEXTBLUE1号投資事業有限責任組合、ネクストユニコーン第2号投資事業有限責任組合、P&Eディレクションズ等より、59億円の資金調達が完了し、累計総額は108億円となりました。これにより、現在既に国内30,000台の設置となったモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT(チャージスポット)」を更に強化してまいります。

■資金調達の目的
INFORICHは2018年4月より、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を提供しております。現在では、日本全国約30,000台、台湾約4,300台、香港約3,000台、タイ約1,000台(※2021年11月時点)の設置が完了しており、世界を紡ぐシェアリングのプラットフォーマーとして、「人を想う社会を創る」をミッションに掲げ事業の推進をしております。
INFORICHはこれまで「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、設置台数の拡大、専用アプリがなくても「ChargeSPOT」をご利用いただけるようにキャリア系決済アプリとのミニプログラム連携を行うなど、利用者の皆様の利便性向上に努めて参りました。新型コロナウイルス感染拡大を受け、「ChargeSPOT」バッテリーの抗菌・抗ウイルス加工を順次進め、利用者の皆様へ安心・安全なサービスを提供し続けております。
今回の資金調達により、「日本発世界共通」でご利用頂けるバッテリーシェアリングのインフラとして防災、環境保護、街づくりにと貢献をして参ります。

■今後の展望
「ChargeSPOT」は、年内35,000台、2022年に60,000台、2023年に100,000台と設置を拡大し、日常生活には必要不可欠な生活インフラ化を致します。
今後もINFORICHは、世界を紡ぐシェアリングのプラットフォーマーとして、ボーダーレスに人々の想い・文化をつむぐサービスをカタチにし、価値のある未来を提供して参ります。

■ ChargeSPOTのサービスについて
モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。レンタル方法は「ChargeSPOT」対応アプリでバッテリースタンドのQRをスキャンするだけの簡単操作。日本全国47都道府県に設置されており、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中です。
外出時にスマホの充電が足りない、そんな時は「ChargeSPOT」。対応アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができます。「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、「LINE」「d払い®」「PayPay」「au PAY」などの各種対応アプリでQRコードを読み込んでバッテリーを借りることが可能で、専用アプリをダウンロードしていなくてもその場でサービスを利用できます。


■ お問い合わせ
株式会社 INFORICH ChargeSPOT 広報部 PR担当 木村
Mail: press@inforichjapan.com 
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INFORICH >
  3. 株式会社INFORICH、累計108億円の資金調達が完了