【コスモ女子勉強会】全てが本物の宇宙科学博物館!「コスモアイル羽咋」の仕掛け人高野誠鮮氏に聞く博物館設立の想いと宇宙教育 事後レポート

株式会社 Kanatta(東京都目黒区、代表取締役社長:井口恵)が運営する「コスモ女子」は、1月20日(木)に石川県にある宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」の仕掛け人である高野誠鮮(じょうせん)氏をお迎えし、コスモアイル設立の想いや日本の宇宙教育についてお話しいただきました。

■当日のレポート詳細
https://note.com/cosmosgirl/n/n253e757fba4c

「コスモアイル羽咋」設立

本物の宇宙船がある宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」をご存知でしょうか。
当初、模型やプラモデル、ジオラマを置いている博物館が多い中で、”小さくても本物の博物館を創ってやろう”という強い想いで、高野氏により実現された博物館です。

参考とするために、アメリカのスミソニアン博物館を訪れた際、同じ国立博物館でもすべて実際に使われたものを展示しており、東京国立博物館は実物大の鉄製模型が多いことから、実情には大きな差がある状態でした。

高野氏は、その事実を受け、本物にこだわった展示物を行うことを決意し、宇宙飛行士との繋がりも自ら開拓するなど、限られた予算の中で試行錯誤を繰り返しながら今の博物館を創り上げられてこられました。

日本と世界の宇宙に対するビジネスや教育の差

勉強会では、宇宙教育の浸透に関するお話もしていただきました。
高野氏がアメリカのスペースキャンプに参加した際、教育の違いだけでなく、教員へ向けたプログラムに関しても、NASAの職員が直接「宇宙とは何か」を教えているなど、アメリカがより大衆へ向けた教育を進めていることを目の当たりにされました。
その経験から日本でも、小さい子供が経験し、親も実際に体感をすることで、宇宙に関する関心や理解が浸透していくような状態を創る重要性もお話しいただきました。

失敗から学び続けるアメリカと比べると、日本では戦後の考え方も影響しているためか、宇宙開発や宇宙教育の分野でも、非常に保守的である印象を受けました。
失敗に対するとらえ方の違いが日本での宇宙教育の浸透にも大きく影響が出てきていること、そして高野氏のお話を通して、限られた予算や状況の中でも、熱意を持って行動し続けることの大切さを改めて学ぶ機会となりました。
わたしたちも先人の知恵や自身の挑戦、行動する中での失敗から学び続けながら、熱意をもってこれからの取り組みに力をさらに入れていこうと決める時間となりました。
2022年度の人工衛星の打ち上げにはさまざまな失敗や障害が出てくると予想されますが、その度に今回お話しいただいたことを思い出し、前へ進んでまいります。

●コスモ女子について

「宇宙を身近な存在に」をテーマに発足した女性コミュニティ。

宇宙に関する専門的な勉強会から、宇宙がちょっぴり気になる初心者でも楽しめるイベントなどを定期的に開催しております。
宇宙に興味のある女性のキャリア形成、ビジョン実現を応援し、たくさんの女性が宇宙業界で活躍できる場を増やすことを目指しています。
世界初の女性中心のチームで人工衛星を打ち上げるプロジェクトも進行中です。
※2022年度打ち上げ予定

◆ご相談・ご質問などはこちらから
コスモ女子公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40943ymvyq

◆コスモ女子公式SNS
Instagram
https://www.instagram.com/cosmos_girl_official/

Twitter
https://twitter.com/cosmosgirl_O

Facebook
https://www.facebook.com/cosmosgirlofficial/

●株式会社Kanattaについて
Kanatta(読み:カナッタ)はジェンダー平等の実現に貢献することをMissionに、2016年に創業しました。「ドローンジョプラス」「コスモ女子」などの女性コミュニティを運営する『コミュニティ運営事業』及び『クラウドファンディング事業』を展開し、自らがやりたいことを自由に表現し、仕事をする女性を応援しています。

「ドローンジョプラス」は、ドローンの魅力を発信する女性限定のコミュニティです。現在、ドローンジョプラスとして活躍する女性のドローンパイロットは約100名。全国各地でドローンの操縦体験会を実施し、今までの参加者は延べ10,000人を超えました。「ヒルナンデス」「ガイアの夜明け」「スッキリ」「FNN Live News イット!」など多数のメディアにも出演しています。

「コスモ女子」は、「宇宙を身近に」をテーマとした女性コミュニティです。現在、世界初の女性中心のチームによる人工衛星打ち上げプロジェクトに挑戦中。その活動は、NHKワールド「TOKYO EYE 2020」にて特集され、約160の国と地域で放送されました。

「クラウドファンディング」は、女性をさらに輝かせ、日本のエシカル起案を牽引するための購入型クラウドファンディングサービスを行っています。

【株式会社Kanatta会社概要】

ミッション:私たちは、SDGs の「目標 5 ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る」の実現に貢献します。

会社名:  株式会社Kanatta
所在地:  東京都目黒区中目黒3丁目6-2 中目黒FSビル5階
設立:   2016年6月
代表取締役:井口恵
事業内容:
コミュニティ運営事業
ドローン交流コミュニティ「ドローンジョプラス」(https://drone-girls.com/drone-jo/)の運営
人工衛星打ち上げプロジェクト「コスモ女子」(https://cosmos-girl.com/)の運営
クラウドファンディングサービス事業(https://kanatta-crowdfunding.com/)の運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Kanatta >
  3. 【コスモ女子勉強会】全てが本物の宇宙科学博物館!「コスモアイル羽咋」の仕掛け人高野誠鮮氏に聞く博物館設立の想いと宇宙教育 事後レポート