江戸東京博物館「特別展 縄文2021-東京に生きた縄文人-」に、町田市の資料を展示中!

10月9日から開催中の「特別展 縄文2021-東京に生きた人々-」に、町田市の資料が約130点展示されています。

この展示会は、東京をテーマとした縄文展で、実に35年ぶり。約1万6千年前から1万年以上続いた縄文時代の東京を、最新の調査成果と最も代表的な資料を通じて紹介するものです。

         ※詳細は東京都江戸東京博物館公式サイト内特設ページをご参照ください。
         (www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/32188/jomon2021/)
  • 町田市からの出展物

町田市からは、東京都指定有形文化財1点、市指定有形文化財6点を含む資料が展示されます。また、都内でも有数の大集落である忠生遺跡群は、台地にある遺跡の代表として特別コーナーで紹介されるなど、東京の縄文時代を語る上で町田の発掘資料と遺跡が欠かせないことを体感していただけます。

  • 日時、場所

■会 期 :10月9日(土)~12月5日(日) ※月曜休館
■会 場 :江戸東京博物館 1階特別展示室
■開館時間:午前9時30分~午後5時30分 ※入館は閉館の30分前まで
■観 覧 料 :特別展専用券 一般1300円、大学生・専門学校生1040円、65歳以上・高校生以下650円
                  特別展・常設展共通券  一般1520円、大学生・専門学校生1210円、
                  65歳以上・高校生・中学生(都外)760円、中学生(都内)・小学生無料
      ※日時指定予約を推奨しています。

  • ​ 東京都町田市について​

人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然も多くあります。街の便利さと自然のどちらも味わえるまちです。

▼町田市ホームページ
https://www.city.machida.tokyo.jp/index.html
▼WEBサイト「まちだで好きを続ける」
https://keeponloving-machida.com/
▼まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
Twitter https://twitter.com/machida_cp
Instagram https://www.instagram.com/machida_cp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 町田市役所 >
  3. 江戸東京博物館「特別展 縄文2021-東京に生きた縄文人-」に、町田市の資料を展示中!