ヤフオク!とヤマト運輸が連携し、「ヤフネコ!パック」のオープン型宅配便ロッカー「PUDOステ一ション」での発送が初めて実現

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、ヤフーが提供するネットオークション・フリマアプリ「ヤフオク!」で、商品をオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステ一ション(以下、PUDO)」から発送できるサービスを開始します。
出品者は、出品時に配送方法として「ヤフネコ!パック」(※1)を選択し、かつ落札者が発送方法で「ヤフネコ!パック」を選択した場合、駅など公共スペースに設置された全国3,000ヵ所以上の「PUDO」を「ヤフネコ!パック」の発送窓口として利用できます。今回の新たな発送方法により、これまで以上に発送窓口が拡大し、非対面での受付に対応するなど、幅広いユーザーのニーズに応えることができます。なお、これまで「PUDO」は宅配便などの受け取りのみの利用に限られていましたが、「ヤフオク!」との連携により初めて発送窓口としての利用が可能となります。

イメージ画像イメージ画像

「ヤフネコ!パック」は、2018年8月27日から出品者・落札者ともにお互いの住所や名前などの情報を知らせずに商品を配送できる機能「匿名配送」を開始し、10月16日からは出品する際に送料を出品者負担にすることで、全国一律の送料で発送できるようになります。また、発送窓口として、「PUDO」の他に全国約4,000ヵ所のヤマト運輸営業所や約1万6,000ヵ所のコンビ二エンスストアなどが利用可能です。

※1 「ヤフネコ!パック」について
2016年2月に開始した「ヤフオク!」で落札された商品の発送で利用できる配送サービスです。「ヤフオク!」を利用するお客さまのニーズや商品の形態に合わせ、「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」の3種類の配送サービスを提供しています。宛名書きなしのかんたん発送、配送状況の確認などが可能です。
URL:https://topic.auctions.yahoo.co.jp/promo/yahuneko/guide/

【「ヤフネコ!パック」の「PUDO」での発送について】
■サービス概要

●「ヤフオク!」で落札された商品を発送する際に、全国3,000ヵ所所以上のオープン型宅配便ロッカー「PUDOステ一ション」を利用できます。
● 24時間365日発送可能
※設置場所の営業時間等により利用時間が限られる場合があります
●送料は「ヤフオク!」上で決済、キャッシュレスで簡単発送
●ロッカーならではの、人の手を介さない非対面での荷物の発送が可能

■サービス開始日時
2018年9月19日(水) 正午からPC版・スマートフォンブラウザー版で先行リリース
2018年9月25日(火) 正午以降アプリ(iOS、Android)でリリース

■利用手順
(1)「ヤフオク!」で出品する際の配送方法に「ヤフネコ!パック」を選択し、発送方法として「PUDO」を選択します。
(2)落札され、落札者からの支払い連絡が完了した後、取引ナビで二次元コードを発行し、「PUDO」にお荷物と二次元コードを持ちこむ。
(3)「PUDO」に二次元コードをかざし、発送手続きを行う。
(4)送り状と一緒に営業所の窓口で荷物の発送手配をする。

【運用フロー】

 



【「PUDO」での操作イメージ】
①     メニューから「発送」を選択します

②     スマホに送付された二次元コードをスキャンします

③   ご希望のお届け日を選択します

④     ご希望のお届け時間帯を選択します

⑤     荷物のサイズに応じて、 ボックスのサイズを選択します

⑥     選択したサイズのボックスが開きます。荷物を収めて、ボックスを閉じます


■「PUDOステーション」について
Packcity Japan 株式会社(本社:東京都千代田区・代表取締役社長:リュケ・ジャン・ロラン)が展開する、誰でも利用できる、どの宅配会社でもサービスを展開できるオープン型宅配便ロッカーです。二次元コードのスキャンやパスワード入力といった操作だけで、簡単ご利用いただけます。
URL:http://www.packcity.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマト運輸株式会社 >
  3. ヤフオク!とヤマト運輸が連携し、「ヤフネコ!パック」のオープン型宅配便ロッカー「PUDOステ一ション」での発送が初めて実現