リコーが初のクラウドファンディングをKibidangoで開始!大企業のモノづくりに新たな風を吹き込む挑戦

リコーが取り組んでいるアクセラレータープログラム「RICOH ACCELERATOR 2019」において新規事業の創出に取り組むプロジェクトチームが、リコーで初めてクラウドファンディングを実施することが決定しました。
長年働く人に寄り添い、さまざまな商品やサービスを提供してきたリコーと、日本の伝統技術から海外の最新トレンドまで幅広い分野のモノづくりを支援してきたきびだんごがタッグを組み、リコーの新たな一歩をつくります。
プロジェクトの詳細は2月中旬に発表となりますので、乞うご期待ください。

▼プロジェクトの詳細は以下のページにアップデートして行きます
https://kibidango.com/1298

●「RICOH ACCELERATOR 2019」とは


リコーのアクセラレータープログラム「RICOH ACCELERATOR 2019」は、社内外からイノベーターを募り、新たな事業を共創・創造していくことを目指するプロジェクト。お客様への価値提供領域を拡大し、オフィスやさまざまな現場、社会における課題解決を目指します。リコーグループ各社のリソースをオープンに活用できる環境を提供し、新しい価値創造を支援します。

●リコーがなぜ、きびだんごでクラウドファンディングをするのか
プロジェクトリーダー(和田 雄二)


「私が今回挑戦したいのは、本当に世の中から求められるものを、お客様と一緒に共創をしてつくっていくことです。 現在開発を進めていますがまだまだ改良の余地があり、Kibidangoでのクラウドファンディングを通じてお客様からのフィードバックを受け、より良いモノにしていきたいと思っています。 今回の商品では、ビジネスやご家庭など、さまざまなシーンでご活用いただける新しい価値を提供したいと思っています。

クラウドファンディングをPRの手段として活用するのではなく、私たちが提供したい新しい価値に対して直接お客様の声をうかがうための最適な方法としてクラウドファンディングに挑戦することにしました。初めてのことなので緊張もしていますが、大変楽しみにしています。よろしくお願いします。」

●クラウドファンディングプロジェクトの準備を進めています
 

リコーとKibidango担当者会議の様子―リコーとKibidango担当者会議の様子―

 

 


オフィス分野で長年リコーが培ってきた技術を使って、コンシューマ向けの全く新しいモノを生み出そうという今回のプロジェクト。 今後、順次発表される詳細にご期待ください。

●今後の展開
・2月中旬〜 プロジェクトの詳細発表
・2月後半〜 プロジェクトの開始
どんなプロダクトの開発に挑戦するのか?どんなプロトタイプが完成したのか? 活動報告等随時お知らせしていきますので、フォローしてお待ちください!!

●きびだんご「プロジェクト制作まるごとお任せプラン」について
クラウドファンディングの成功の鍵は、ページのクリエイティブやプロモーションが握っていると言っても過言ではありません。「プロジェクト制作まるごとお任せプラン」では、きびだんごの各分野で活躍してきた少数精鋭のメンバーが、皆様のプロジェクトを全力でサポートします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. きびだんご株式会社 >
  3. リコーが初のクラウドファンディングをKibidangoで開始!大企業のモノづくりに新たな風を吹き込む挑戦