日本フランチャイズチェーン協会から11月度 セーフティステーション活動の好事例として18店を表彰

株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司)及び国内エリアフランチャイズ各社(※)は、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(以下、JFA)の一員として、地域の安全を守る「セーフティステーション活動」(以下、SS活動)に取り組んでおります。
このたび、2020年11月度におけるSS活動の好事例としてJFAが56店を表彰した中、ファミリーマート店舗18店が表彰されましたので、お知らせいたします。
(※)株式会社沖縄ファミリーマート、株式会社南九州ファミリーマート、JR九州リテール株式会社
■JFAに加盟するCVSが「安全・安心なまちづくりへの協力」と「青少年環境の健全化」に向けて協力
 SS活動は、JFAに加盟するコンビニエンスストアが、地域の皆様や自治体、国と協力して「安全・安心なまちづくりへの協力」と「青少年環境の健全化」に取り組む活動です。全国のファミリーマート店舗では、店頭にポスターを掲示し、SS活動に取り組んでいることを、お客様にお知らせしております。
 

 

■2020年は「特殊詐欺の被害未然防止対応」などで、合計253店がJFAから表彰(1月~11月) 

 ファミリーマート店舗では日頃より、特に高齢者の方が来店された際は、「特殊詐欺被害」に遭っていないかどうかを意識しながら、お客様への「お声かけ」を行っております。また、防犯や防災、安全への対策はもとより、徘徊高齢者や女性・子どもなどの駆け込み対応とともに、20歳未満者へのたばこ・酒類の販売禁止の徹底と、深夜時間帯での帰宅促しなどにも積極的に実施し、地域に密着した店舗運営を行っております。

 

 

 

 

■ダイレクトコミュニケーションを通じ、意識を高め合いながら、全社一丸となって取り組みを継続 

2019年に開催した食事会の様子2019年に開催した食事会の様子

また、ファミリーマートでは、JFAからの表彰に加え、SS活動に貢献した店長やストアスタッフに対して、社長の澤田からの感謝状のお届けや、澤田が主催する食事会にご招待し、一人ひとりに労いと感謝の意をお伝えするダイレクトコミュニケーションの場を設けてまいりました。新型コロナウイルス感染症拡大以降は、社長の澤田からの直筆の御礼の手紙等をお贈りする方式に変更し、感謝の意をお伝えするとともに、当社ホームページ(https://www.family.co.jp/company/chiiki.html)や、社内広報誌等を通じて、全国の店舗に事例を共有することで、さらに意識を高め合いながら、全社一丸となってSS活動に取り組んでおります。
 

【2020年11月 表彰店舗】 合計:18店


【表彰店舗の声】

JFAならびにファミリーマート本部より 表彰状・感謝状の贈呈JFAならびにファミリーマート本部より 表彰状・感謝状の贈呈


店名:由利本荘中梵天店
経緯:2020年9月、40代男性が電話をしながらFamiポートを操作された後、ATMをご利用されていた。レジでの支払い金額が15万円と多かったので、お客様に詐欺の可能性をご説明。一度は、お客様に訝しがられたものの、警察からもらったチラシを見せながら丁寧にご説明。詐欺の事例を共有することで、詐欺についてご理解いただき、警察に連絡の上、詐欺防止につながった。
※当該店は、2020年特殊詐欺を3件防止
店舗の声:「当店は銀行の隣にあり、代行収納をはじめ、各種支払いが多い店舗です。秋田県は高齢者も多く、特殊詐欺が多いと警察よりご指導いただいておりましたので、スタッフ一人一人に特殊詐欺の事例を共有し、防止に努めております。引き続き、地域に寄り添い店舗運営して参ります。」




ファミリーマートは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、地域に寄り添い、お客様一人ひとりと家族のようにつながりながら、便利の先にある、なくてはならない場所を目指してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファミリーマート >
  3. 日本フランチャイズチェーン協会から11月度 セーフティステーション活動の好事例として18店を表彰