公益社団法人日展の作家と一般財団法人ビオトピア財団が芸術教室を開始します!

~Withコロナ時代に芸術で「心の豊かさ」を求めて~

 日本美術界の中核である公益社団法人日展の作家と一般財団法人ビオトピア財団(神奈川県足柄上郡大井町山田300、代表理事:小川裕子)は、双方の資源を有効活用し、2020年10月24日(土)よりme-byo valley“BIOTOPIA”において芸術教室をスタートします。教室の開催により芸術を通じた世代を超えた学びの機会を創出し、Withコロナの時代にあっても「100歳時代の豊かな癒しの時間づくり」を創造します。
 また、教室開始に先立ち、下記の通りビオトピアにおいて「書パフォーマンス」を開催しますので、是非ご覧いただきますようお願いいたします。
  • 【芸術教室の概要】

芸術作品を鑑賞し、つくって、使う。そういう自分に向き合う豊かな時間を。
60歳を過ぎてからが人生のゴールデンタイム⁉

 長寿社会において、各自の人生の過ごし方も社会の役割も徐々に変化しています。従来の定年も60歳が年々伸びていくことでしょう。これまでの社会経験から得られたものと、これまでは願っても持てなかった時間とが融合する「ゴールデンタイム」。自分と素直に向き合いながら本来の笑顔で輝き続けたいという気持ちはみな同じです。
 特に昨今のコロナ禍では、外出を敬遠したことで孤独や閉塞感を感じる方も少なくありません。何かに夢中になる、作品づくりに挑戦する、作ったものを使う喜びを得る、新しい気づきを得る、このような時間の過ごし方は必ず豊かな結果となって作品や毎日の生活にも表れることでしょう。
 日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門にわたり、全国で11,000人を超える応募者が活動する日展。そうした作家集団と共にビオトピアが場所を提供し、本物の芸術に触れ、見て、作り、「心の豊かさ」を追求します。



決定している教室:【洋画】【彫刻】【書】

 

 

           

 

   
  • 書パフォーマンス開催日2020年10月24日(土)13:1513:45 

ご出演:髙木 聖雨 先生
開催場所:ビオトピア 本館2Fラウンジ

 

             

              
 
  • me-byo valley “BIOTOPIA”について


 自然の恵みが集まる「食」、身体を整える「運動」、五感を開放する「癒し」をコンセプトに、神奈川県、大井町および株式会社ブルックスホールディングスの三者が協働し進めている未病改善施設です。60万㎡の広大な敷地を利用した、多角的な癒しのフィールドとして2018年4月に第1期オープンをしました。楽しみながら「未病」を知ることができる「me-byo エクスプラザ(神奈川県施設)」を始め、3本の森林セラピー®ロードを含む遊歩道「森のみち」、こだわりの商品が集まるマルシェ、レストラン、カフェなどを展開しています。

me-byo valley“BIOTOPIA”のサイトはこちら:http://www.biotopia.jp/?b=40123


一般財団法人ビオトピア財団 法人概要】
所在地: 神奈川県足柄上郡大井町山田300
設立:  2019年10月21日
代表理事:  小川裕子        



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ブルックス >
  3. 公益社団法人日展の作家と一般財団法人ビオトピア財団が芸術教室を開始します!