国際NGOセーブ・ザ・チルドレン イエメン 病院への空爆により7人が死亡

(2019年3月26日イエメン・サヌア発)
現地時間3月26日午前9時30分、セーブ・ザ・チルドレンが支援するキタフ病院(Kitaf rural hospital)が空爆され、子ども4人を含む7人が死亡し、8人が負傷、行方不明者は2人にのぼっています。

この病院は、イエメン北西部サアダ県の県都から100km離れた場所に位置し、病院の入り口からわずか50m離れたガソリンスタンドにミサイルが着弾。攻撃を受けた時間帯は、病院の受付診療時間が始まって30分が経った、多くの患者やスタッフが往来する忙しい時間帯でした。

セーブ・ザ・チルドレン・インターナショナル事務局長ヘレ・トーニング=シュミットは、民間人が生活する地域にある病院への無差別攻撃に対して、国際人道法に違反する行為だと非難しています。また、子どもたちは病院や学校、自宅で安心・安全に過ごす権利があるとし、すべての紛争当事者に対して戦争のルールを守るよう訴えています。

<セーブ・ザ・チルドレンとは>
セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる、育つ、守られる、参加する、「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際NGOです。1919年に英国で設立され、現在、日本を含む29の国と地域の独立したメンバーが連携し、約120ヶ国で子ども支援活動を展開しています。
http://www.savechildren.or.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン イエメン 病院への空爆により7人が死亡