寺田倉庫が参画するTOKYO CANAL LINKS、『「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2020~ART FOR THE PEOPLE~#03』を開催

第3回テーマは「アートを事業化するということ」

寺⽥倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役:寺田航平)が参画するTOKYO CANAL LINKS実行委員会は、2020年1月30日(木)に東京・天王洲のイベントスペースTERRATORIAにて、『「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2020~ART FOR THE PEOPLE~#03』を開催いたします。
本プロジェクトは「アートとビジネス」をテーマに、様々な企業の事例を通じながら、ビジネスにおけるアート思考の必要性を考えるプログラムを4回シリーズで実施するもので、第3回は「アートを事業化するということ」と題し、実際にアート事業に取り組む3社から、それぞれ異なるメソッドを探ります。当日は、渋谷の大型複合文化施設「Bunkamura」から30年にわたり、音楽・演劇・映画・美術と様々なジャンルの文化発信を続ける株式会社東急文化村代表取締役社長 中野哲夫氏、青山の複合文化施設「スパイラル」にて、数多くの現代美術やデザインの展覧会実績を持つ株式会社ワコールアートセンター代表取締役社長兼スパイラル館長 小林裕幸氏のほか、今回は寺田倉庫代表取締役社長CEO 寺田航平が登壇し、天王洲を中心にアートと文化を発信する当社の事業についても取り上げます。
また今回は、会場に併設の茶室OMBRE(オンブル)にて、新しい茶道スタイルを提案するSHUHALLY主宰 松村宗亮氏によるお茶会(先着20名限定)も実施いたします。

なお、本イベントはしながわ文化プログラム推進事業の一環として行われるものです。詳細は以下をご参照ください。

【開催概要】
■名  称:「ビジネス×アート」の最前線を解剖する
TOKYO CANAL LINKS 2020 ~ART FOR THE PEOPLE~ #03
第3回「アートを事業化するということ」
■登 壇 者:

中野哲夫(株式会社東急文化村/代表取締役社長)
小林裕幸(株式会社ワコールアートセンター/代表取締役社長兼スパイラル館長)
寺田航平(寺田倉庫株式会社/代表取締役社長CEO)
■日  時:2020年1月30日(木)19:00~20:30
■会  場:TERRATORIA(寺田倉庫G号2階/東京都品川区東品川 2-6-10)
*りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分、東京モノレール 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分
■料  金:[一 般] 2,500円 申込URL:https://h-media.jp/event/20200130/
[品川区民/品川区の企業在籍の方] 1,500円 申込URL:https://tcl2019-03.peatix.com/
■主  催:TOKYO CANAL LINKS実行委員会
■助  成:しながわ文化プログラム推進事業/公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
■企画協力:株式会社アマナ/寺田倉庫株式会社
■展示協力:Art Technologies/BAF
■企画趣旨:
第3回は「アートの事業化」です。渋谷を拠点に30年前から続く日本初の大型複合文化施設「Bunkamura」では年間約300万人が訪れ、音楽・演劇・映画・美術と様々なジャンルの文化発信をするなかで、美術館では入場料や物販などの事業収入での運営、ギャラリーでは作品の展覧販売などを行うなど、開館当初からパフォーミングアーツなどを含むアート全般における事業化を図ってきました。また、青山の複合文化施設「スパイラル」では、「生活とアートの融合」をコンセプトに、現代美術やデザインの展覧会をはじめフロア全体にカフェ、レストラン・バー、生活雑貨ショップを展開し、ジャンルを横断するようなアートイベントを数多く開催しています。そして、天王洲に数多くのイベントスペースを抱える寺田倉庫では、アートを軸とした展覧会やアワードを仕掛けるなど、アートにまつわるお金は様々な形で動きを見せています。今回は、株式会社東急文化村代表取締役社長の中野哲夫氏、株式会社ワコールアートセンター代表取締役社長兼スパイラル館長の小林裕幸氏、寺田倉庫代表取締役社長CEOの寺田航平が登壇し、実際にアートの事業化に取り組む3社から、それぞれ異なるメソッドを探ります。
■お茶会について
イベント終了後、会場内の茶室で“茶の湯をもっと自由に、もっと楽しく”をコンセプトに新たな茶道を提案しているSHUHALLY主宰の松村宗亮氏によるお茶会を行います。古くから戦術やビジンス上の重要な情報交換、交渉、ネットワークづくりの場として営まれてきた茶会や茶事。今回は、茶の味だけでなく空間、茶器(プロダクト)、作法(パフォーマンス)を網羅的に楽しむ、日本の伝統的な総合アートとも言える茶道とビジネスを掛け合わせたコミュニケーションの機会を提供します。(チケット購入時に申し込み・先着20名限定)

【登壇者プロフィール】

■中野哲夫(株式会社東急文化村 代表取締役社長)

1982年、東急電鉄に入社。自由が丘駅に配属。広報室、リゾート事業やエリア開発事業に携わる。その後、2012年東急総合研究所を経て、2015年東急文化村常務執行役員に就任。2018年から代表取締役社長に就任する。


 

 

 

■小林裕幸(株式会社ワコールアートセンター 代表取締役社長/スパイラル館長)

株式会社ワコール入社後、株式会社ワコールアートセンターに出向。同社が運営する複合文化施設スパイラルのプロデュース事業部のプロデューサーとして館内のアート、ファッション、舞台、映画、音楽など多岐に渡るジャンルのプロデュースに携わる。2014年より現職。
 

 

 

■寺田航平(寺田倉庫株式会社 代表取締役社長CEO)

1999年寺田倉庫株式会社入社。2003年寺田倉庫株式会社取締役副社長。株式会社コウェル取締役会長、 株式会社マーケットエンタープライズ社外取締役、株式会社イーブックイニシアティブジャパン社外取締役。2019年より寺田倉庫株式会社代表取締役社長CEO。



【TOKYO CANAL LINKS 2020 ~ART FOR THE PEOPLE~について】
2017年から展開するTOKYO CANAL LINKSは、運河によって“東京”の歴史や文化をつなげ国際的な“TOKYO“への架け橋となることを目指すアートプロジェクトです。羽田空港からの湾岸エリアの既存施設をアートによって再活用し、文化資源を観光資源に転換する取り組みを行っています。「TOKYO CANAL LINKS 2020 ~ART FOR THE PEOPLE~」は寺田倉庫とアマナの次世代型リアルイベントメディア「H(エイチ)」の共同企画として、「アートとビジネス」をテーマに、ビジネスにおけるアート思考の必要性を考えるプログラムを4回にわたって実施。アートとビジネスには、「コレクションとして買う」や「企業メセナとして取り組む」といったものから、「企業ブランディングへの活用」、「アートシンキングをとおしたチームビルディング」など、さまざまな角度で関係しています。本シリーズでは、様々な企業の事例を通じながらそうした関係を一度整理し、知るきっかけをつくることで、社会で活きるワードを見つける機会にしてもらえればと考えています。
 [次回以降テーマ]
■第4回「変わりゆく、企業のアートへの姿勢」(仮)2020年2月開催予定
アートやアーティストへの支援としてメセナ活動を行う企業は、どのような方針のもとその取り組みを選択したのか。企業が考える、アートと関係値をつくる意味を解き明かします。

 

【寺田倉庫について】

社    名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)

代 表 者:代表取締役 寺田航平
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp/ja/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 寺田倉庫 >
  3. 寺田倉庫が参画するTOKYO CANAL LINKS、『「ビジネス×アート」の最前線を解剖する TOKYO CANAL LINKS 2020~ART FOR THE PEOPLE~#03』を開催