千葉市と千葉大学病院が「災害事故における救急業務の協力に関する協定」を締結

~千葉大学病院は速やかに救急医療チームを派遣します~

千葉大学医学部附属病院(病院長 山本修一 千葉市中央区亥鼻1-8-1)と千葉市は、市内における災害発生時の
対応に係る取り組みとして「災害事故における救急業務の協力に関する協定」を締結することとしました。
締結式は3月23日(木)16時30分から千葉市役所において行われます。
  • 趣旨
千葉市において、多数の負傷者が発生した場合、消防と医療が連携した初動の対応が重要であることから、的確な医療活動を実施するチーム「Chiba Outreach Medical Emergency Team」(通称:COMET)を発足する。
  • 協定内容
千葉市内で発生した災害時に、災害医療派遣チーム「DMAT」の派遣要請基準を満たさない場合においても千葉大学病院がDMATと同等の医療行為ができる医療チームを派遣し、速やかに傷病者の生命維持や症状の悪化防止を図る。
  • 役割分担
〔千葉市〕 「COMET」の派遣要請および「COMET」訓練への協力
〔千葉大学病院〕 医師・看護師等で構成する「COMET」の派遣
  • 運用開始 平成29年4月1日
 
  • 協定書締結式

(1)日 時:平成29年3月23日(木)16時30分から
(2)会 場:千葉市役所3階 市長応接室
(3)出席者:千葉市 市長ほか 千葉大学病院 病院長ほか
 

千葉大学病院救急車千葉大学病院救急車

 


関連URL:千葉大学:http://www.chiba-u.ac.jp/
千葉大学病院:http://www.ho.chiba-u.ac.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 千葉市と千葉大学病院が「災害事故における救急業務の協力に関する協定」を締結