安心・安全に楽しめる『新しいビュッフェスタイル』のご紹介

2020年9月1日(火)スタート

常磐興産株式会社(本社:福島県いわき市、代表:西澤順一)が運営する、スパリゾートハワイアンズは、「新しい時代の、新しいハワイアンズ」をキャッチフレーズに、徹底した衛生管理のもと、従来のスタイルにとらわれない、新しい取り組みを展開しております。
その一環として、2020年9月1日(火)より、「新しいビュッフェスタイル」での料理提供をスタートしました。

 スパリゾートハワイアンズは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休館を経て、7月1日より営業を再開いたしましたが、食事については、三密回避を徹底するために、好評をいただいていたビュッフェ形式を中止。夕食はスタッフがお客様へ料理を取り分けてお渡しする「セミビュッフェ」方式、朝食はセットメニューでのご提供をしておりました。

 しかし、多くのお客様より、「好きなものを好きなだけ食べられるビュッフェ再開」のご要望をいただき、これに応えるかたちで、新しいビュッフェスタイルをスタートすることになりました。衛生対策を徹底した新しい提供方法は「安心して食事がとれる」という声を頂き、「品数も多くなり、いろいろな料理を味わえて、やっぱりビュッフェは楽しい!」と好評を得ております。

■新しいビュッフェスタイルのご紹介
  • 宿泊者のみが利用するレストラン
スパリゾートハワイアンズの各ホテルでは、チェックイン時に、検温を実施するなど体調の確認をさせて頂いております。レストランのご利用は、宿泊者のみの利用となっており、安心してご利用いただけます。また、お食事会場の入り口に、アルコール消毒剤を設置し、感染予防を徹底しております。

  • スタッフの衛生・健康管理の徹底
スタッフは、業務中のマスク着用、手洗い、消毒を徹底しております。また、出勤時に、体温測定および健康チェックを実施し、37.0度以上や、体調不良の疑いのあるスタッフは業務に就かせません。

  • カトラリーは事前にセッティング食事スペースのディスタンスも徹底
テーブル上に、お手拭き、お箸、ナイフ、フォーク、スプーン、手袋などをあらかじめ人数分ご用意しています。
座席間は十分な距離を空けてディスタンス確保を徹底し、使用後は、テーブルや座席をアルコールで消毒し、次のお客様のご案内をしております。

  • ビュッフェボードに飛沫感染対策のアクリル製カバーを設置
料理を提供するビュッフェボードには、アクリルカバーを設置し、飛沫感染の予防をしております。また、お客様には、お配りする手袋とマスクの着用頂き、ビュッフェボード周辺は、一定の距離をあけてお並びいただくよう、床に印をつけました。定期的に、トング類は交換、アクリルカバーは消毒しております。

  • 三密を避けて出来立てを提供するオープンキッチン
オープンキッチンでは、手袋、マスクを着用したスタッフが、お客様の目の前で調理、出来立てを直接、お渡しいたします。三密を回避しながらも、食のエンターテインメント性にもこだわりました。お好きなタイミングでご注文いただけます。

その他、スパリゾートハワイアンズ(の各ホテル)では、ご来園頂きました皆様が、安心してお過ごし頂けるように、三密を回避し、感染予防につとめております。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 常磐興産株式会社 >
  3. 安心・安全に楽しめる『新しいビュッフェスタイル』のご紹介