King Gnuが2冠達成!VMAJ史上最速!メジャーデビューから8か月で最優秀ビデオ賞を受賞!GLAY、三浦大知、日向坂46ら受賞アーティストが圧巻のステージ!

優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2019」のスペシャルイベント「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」

世界最大級のユース向け音楽&エンターテインメント・ブランド「MTV」を日本で展開するバイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:井股進)は、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2019」の受賞者が出演するスペシャルイベント「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」を9月18日(水)にSTUDIO COASTにて開催いたしました。

King GnuKing Gnu

「MTV VMAJ」は、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワードで、今年で18回目を迎えます。
各部門の受賞作品は、日本をはじめ各地域のMTVクリエイティブディレクターから構成される選考委員会が、「世界基準の優れたミュージックビデオを選ぶ」という観点のもと選出。さらに受賞作品の中から、年間で最も優れた作品「最優秀ビデオ賞」を決める一般投票を、8月6日(火)~8月31日(土)の期間、オフィシャルサイトhttp://www.mtvjapan.com/vmaj/2019で受け付けました。

本日開催した「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」には、各部門の受賞アーティストやスペシャルゲストが出演し圧巻のステージを披露したほか、最も投票を集めた作品に贈られる「最優秀ビデオ賞」が発表されました。

イベントのトップバッターとして出演したのは、「最優秀新人アーティストビデオ賞」を受賞したKing Gnuです。大歓声の中、「飛行艇」「白日」を披露し、今年メジャーデビューしたバンドとは思えない迫力のステージで会場を沸かせます。続いて特別賞の「Rising Star Award」を受賞したTHE BOYZが登場、次世代を担うK-POPアーティストのフレッシュなパフォーマンスで観客にインパクトを残し、「MTV Breakthrough Song」を受賞したFoorinVMAJ史上最年少ながらものびのびしたパプリカ・ダンスで会場を盛り上げました。

続いて「最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞」を受賞した三浦大知が登場。これまでに5度のVMAJ受賞歴を誇るスーパーエンターテイナーの圧巻のステージに観客は酔いしれました。続いて「最優秀オルタナティブビデオ賞」BiSHは持ち前の熱いステージでオーディエンスを魅了します。更に今年のMCを務めた日向坂46もスペシャルメドレーを展開。「最優秀振付け賞」を受賞した「キュン」では会場が一体となり盛り上がりました。

イベントはいよいよ終盤を迎えます。ゲスト・ライブ・アクトとしてINTERSECTIONさなりが登場。MTVが毎月選出している新人アーティストのヘビーローテーション「HOT SEAT」にも選ばれた2組が、それぞれ勢いあるアクトを披露し、イベントに爽やかな風を吹き込みました。また、「Rising Star Award」を受賞したBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEは、卓越したダンスパフォーマンスで会場を盛り上げます。

そしていよいよ、「最優秀ビデオ賞」の発表です。各部門の受賞者の中からもっとも投票数の多かった作品に贈られるこの賞に輝いたのは、King Gnu「白日」です。配信のみのリリースながら、ドラマ主題歌として大ヒットを記録し、ミュージックビデオの再生数は6千300万回を超えるなど、まさに今年の顔となった「白日」がMTV VMAJにおいても最多投票数を獲得しました。VMAJ史上、「最優秀新人アーティスト賞」の作品が「最優秀ビデオ賞」を獲得するのは初となります。
King Gnuはステージで「嬉しいです」とシンプルに語り、観客からは拍手と歓声が贈られました。

あらゆるジャンルのアーティストが出演した「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」
フィナーレを飾ったのは、GLAYです。今年デビュー25周年を迎え、「MTV Rock the World Award」を獲得するなど、まさに日本が誇るロックバンドの貫禄のライブで、イベントは華やかにエンディングを迎えました。
MTVでは、このイベントの模様を9月22日(日)20時より放送いたします。


【受賞作品】

・ 最優秀ビデオ賞:King Gnu「白日」(OSRIN)
・ 最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞:三浦大知「片隅」(シミズヒロタカ)
・ 最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞:カリード「Talk」(Emil Nava)
・ 最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞:あいみょん「今夜このまま」(山田智和)
・ 最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞:テイラー・スウィフト
 「Me! feat. BRENDON URIE OF PANIC! AT THE DISCO」(Dave Meyers & Taylor Swif
t)
・ 最優秀邦楽グループビデオ賞:欅坂46「黒い羊」(新宮良平)
・ 最優秀洋楽グループビデオ賞:THE 1975「Sincerity is Scary」(Warren Fu)
・ 最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞:King Gnu「白日」(OSRIN)
・ 最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞:ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」(Dave Meyers)
・ 最優秀ロックビデオ賞:BUMP OF CHICKEN「Aurora」(林響太朗)
・ 最優秀オルタナティブビデオ賞:BiSH「stereo future」(大喜多正毅)
・ 最優秀ポップビデオ賞:菅田将暉「まちがいさがし」(林響太朗)
・ 最優秀ヒップホップビデオ賞:KREVA「音色 ~2019 Ver.~」(大喜多正毅)
・ 最優秀ダンスビデオ賞:サカナクション「忘れられないの」(田中裕介)
・ 最優秀コラボレーションビデオ賞:椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」(児玉裕一)
・ 最優秀振付け賞:日向坂46「キュン」(安藤隼人)

特別賞
・ MTV Rock the World Award:GLAY
・ 最優秀アーティスト賞:ONE OK ROCK
・ 最優秀楽曲賞:Official髭男dism「Pretender」
・ 最優秀アルバム賞:星野源『POP VIRUS』
・ Best Buzz Award:BTS
・ Rising Star Award:BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、THE BOYZ
・ MTV Breakthrough Song:Foorin「パプリカ」

 

  • 「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」 開催概要
「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」 開催概要
日時:2019年9月18日(水)
会場:STUDIO COAST(東京都江東区新木場2-2-10) 
MC:日向坂46
WINNER LIVE ACT:BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE 、BiSH、Foorin、GLAY、King Gnu、三浦大知、THE BOYZ (ABC順)
GUEST LIVE ACT:INTERSECTION、さなり(ABC順)
コメント出演:あいみょん、ビリー・アイリッシュ、星野源、欅坂46、カリード、KREVA、Official髭男dism
ONE OK ROCK、サカナクション、菅田将暉、THE 1975 (ABC順)
ウェブサイト:http://www.mtvjapan.com/vmaj/2019
主催:バイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社
協賛:株式会社 大丸松坂屋百貨店、ディップ株式会社、ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社
GYAO!、三菱電機株式会社、株式会社物語コーポレーション、QUICPay(クイックペイ)
uP!!!ライブパス
お問合せ:MTV HOTLINE http://www.mtvjapan.com/info/contact
 
  • 放送情報
「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」
初回放送:9月22日(日)20:00-22:30
再放送:9月23日(月)17:00-19:30、9月26日(木)20:00-22:30、9月28日(土)18:00-20:30
 
  • 「MTV VMAJ 2019」選考委員長サイモン・ベイツによる、コメント
アーティストのことを知っているからこそ、その良さが際立つ作品や、誰が見ても圧倒的に面白いと感じる作品など、それぞれのアプローチには興味深いものがあった。海外作品は、かなり作りこまれた構成の映像が多かったのに対して、国内の作品は、アーティストのパフォーマンスを丁寧に切り取るような繊細な作品が多い印象を受けた。特にKing Gnuの「白日」は、シンプルなモノクロームの演奏風景であるが、シンプルが故に、彼らのありのままの魅力やその存在感が際立っており、BEST NEW ARTIST VIDEOのウィナーにして、視聴者の投票によりBEST VIDEO OF THE YEARに輝くという、まさにスターダムに上り詰めようとしている彼らの今を象徴するすような結果になったと思う。
サイモン・ベイツ Vice President Head of MTVアジア・パシフィック
 
  • MTV VMAJとは
音楽を“聞くもの”から“見て楽しむもの”へと変えたパイオニア「MTV」を象徴する、伝統ある米国「MTV VIDEO MUSIC AWARDS」の日本版として、2002年以来開催している国際規模の音楽アワード。多岐にわたる部門において最も優れた作品を発表する“ミュージックビデオの祭典”として毎年賞の行方が注目されています。また、豪華アーティストのライブパフォーマンスも見どころの一つで、MTVらしいサプライズとユーモアに溢れたイベントはオーディエンス、視聴者、出演者が一緒に楽しめる一大エンターテインメントショーとして親しまれています。
 
  • ライブレポート
新木場STUDIO COASTにて開催されたスペシャルイベント「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」、今年は日向坂46をMCに迎えて実施された。ライブアクト1組目のKing Gnuは「飛行艇」でヘヴィなグルーヴを響かせ場の空気を一変させて観る者を惹きつける。続く「白日」では井口理(Vo, Key)がシルキーな歌声を響かせると、客席から喜びの歓声が沸き起こり、圧巻のパフォーマンスでトップバッターの大役を務め上げた。
続いてステージに現れたのは、韓国出身の男性グループTHE BOYZ。彼らの名前がアナウンスされると同時に、フロアからは悲鳴にも似た歓声が響き渡り、それに応えるようにTHE BOYZの面々は1曲目「No Air」からキレのあるパフォーマンスで観客を圧倒させる。また、「D.D.D」ではダイナミックで息の合ったダンス、色気の強い歌とラップで会場を熱気で包み込んだ。
3組目に登場したのは、Foorin。受賞曲「パプリカ」を持ち前の元気さで表現してみせる。客席には彼らのダンスを真似する者も多く、改めてこの曲の人気ぶりが伺えた。4番目はすでにVMAJではおなじみの存在となった三浦大知。音数の少ないバックトラックが印象的なスローナンバー「片隅」からライブをスタートさせると、その透き通る歌声と曲の世界観にぴったりな照明演出で会場の空気を掌握する。さらに、「Blizzard」では観客のハンドクラップとグルーヴィーなサウンドに合わせて、力強いボーカルと独創的なダンスでその存在感を提示した。
イベント中盤戦を大いに盛り上げたのは、BiSH。受賞曲となった「stereo future」からライブを始めた彼女たちは、ステージをめいっぱい使ったパフォーマンスで唯一無二の世界観を作り上げていく。MCではメンバーを代表してセントチヒロ・チッチが受賞の喜びを口にしつつ、「これからもBiSHはジャンルに捉われず、たくさんごはんを食べて音楽を届けていきたいです」と挨拶をしてから「DiSTANCE」でライブを締めくくった。
6組目のライブアクトはMCの重責も見事に果たす日向坂46。この日最多となる17名という大所帯でステージに現れた彼女たちは、「ドレミソラシド」からライブを開始。可愛らしいダンスパフォーマンスでフロアを優しい空気で包み込むと、続く「キツネ」では会場をダンスフロアへと一変させる。そして、MCでメンバーの佐々木久美が「VMAJでMCを務めさせていただけて光栄です」と挨拶をし、最優秀振付け賞に選ばれたデビュー曲「キュン」で自身のライブパートを終えた。
続いてスペシャル企画として、ニューカマー2組がゲストライブに出演。まず登場したメンバー全員が日米ハーフというINTERSECTIONは、エレクトロ色の強い「Lost Boy」でその独自性をアピール。続くさなりは弱冠16歳という若さを感じさせない大人びたステージングで、「悪戯」「Prince」をメドレーで披露した。
スタートから2時間を超えたイベントもいよいよ佳境へ。9組目のBALLISTIK BOYZ from EXLE TRIBEは、強いビートが効いたヒップホップチューン「テンハネ -1000%-」でメンバー全員が一丸となってフロアを盛り上げていく。アクロバティックなダンスがフィーチャーされたこの曲で、会場の熱気は一気に上昇。さらに10月リリースの新曲「44RAIDERS」も披露され、会場に集まったオーディエンスを魅了した。
今年のVMAJも最優秀ビデオ賞の発表でついにクライマックスを迎える。栄えある同賞を受賞したのは、この日のトップバッターを務めたKing Gnuの「白日」。驚きを隠しきれないKing Gnuの面々だったが、メンバーを代表して常田大希(Gt, Vo)と井口理(Vo, Key)が「うれしいです」とシンプルな言葉で喜びを口にした。
今年のVMAJを締めくくる最後のライブアクトであるGLAYは、メロディアスなミディアムチューン「COLORS」からライブを開始。流麗なメロディに乗せてTERU(Vo)が力強くも温かみのあるボーカルを響かせ、会場中の視線を釘付けにした。MCではTERUが「初めての方も多いと思うんですけど、今年25周年。音楽に携わって生活できていることが幸せだなと、しみじみと感じながら活動しています。そういう感謝の気持ちを込めて、大切な曲を用意してきています」と感謝の気持ちを告げてから、90年代の代表曲のひとつ「春を愛する人」をプレゼント。曲名がアナウンスされるとフロアからは喜びの声が上がり、GLAYの面々は多幸感にあふれる会場内にさらなるピースフルな空気を注ぎ込んだ。こうして2時間半におよぶ2019年の「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」は大成功のうちに幕を下ろした。(取材・文/西廣智一)

◆本リリースおよび番組内容に関する一般のお客様によるお問い合わせ先◆
MTV HOTLINE 0120-080-349(オペレーター対応) 平日10:00~18:00)http://www.mtvjapan.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社 >
  3. King Gnuが2冠達成!VMAJ史上最速!メジャーデビューから8か月で最優秀ビデオ賞を受賞!GLAY、三浦大知、日向坂46ら受賞アーティストが圧巻のステージ!