ADKマーケティング・ソリューションズ、AIによる広告調査プラットフォーム「DAIVID」を活用するサービスの日本初進出をサポート

感情認識AIによる動画広告の最適化

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大山 俊哉、以下「ADK MS」)は、DAIVID LTD.(本社:英国、代表取締役社長:Ian Forrester、以下「DAIVID社」) の日本初進出のための調査プロジェクトを共同で実施することになりました。日本国内の消費者を対象にした独自の調査分析を通じて得る知見をDAIVID社のユニークなソリューションに反映させて日本国内における動画広告の最適化に貢献することを目指します。

ソーシャルメディアが浸透した現代において、動画広告の効果における「認知」という指標だけでなく、SNS上で自社の動画が「視聴者や顧客にどのような感情を喚起させるか、共感やシェアされるか」という視点が重要となってきます。今回ADK MSは、イギリス発のスタートアップ企業でAIを活用した広告調査プラットフォーム「DAIVID(※1)」を提供するDAIVID社と共同プロジェクトの実施によって、グローバル市場で受け入れられているDAIVID社の分析手法をいち早く日本市場に導入されることを支援します。両社共同で日本市場向けに、動画分析のためのノーム値(※2)を立てるために、日本の様々な動画を日本の消費者に視聴してもらう調査・検証を行います。この調査結果により、対象の動画広告を見た消費者や顧客にどのような感情を喚起するのか、日本独自の感情パターンを認知や理解促進のみならず、共感を得て、エンゲージメントを高めるためのクリエイティブを示唆するソリューションサービスを提供してまいります。

また、ADK MSは2021年3月に立ち上げた「ADK CONNECT」において提供するソリューションの一つであるCEM(※3)を中核ソリューションと位置付け、顧客資本を豊かに育てるフルファネルマーケティングサポートを行っております。DAIVID社との協業を契機に動画マーケティングのDX化を推進し、CEMソリューションの一つとして体系化してまいります。

<提供するサービス>
・対象動画において視聴者に各シーンでどのような感情を喚起させるのか詳細分析すると共に、それがネガティブか、ポジティブかを判断。
・検索意向や、口コミ意向、購入意向も確認。ブランドイメージも分析最終レポートにおいては対象動画の評価と改良ポイントも示唆。
・対象動画はどのようなターゲットが高く反応するのか特定し、SNSにおけるターゲティングの特定を示唆。
・動画が捉えたアテンションを測定する。例えばどのようなクリエイティブ要素がアテンションを獲得したか、動画の終了までアテンションを維持させたかなど。
・クリエイターとメディアプランナーとマーケターがこの分析を通じて効果的な動画広告の開発手法確立をサポート。

■DAIVIDのソリューション


今後も、DAIVID社の独自の感情分析・理解力を持つメソッドが、クライアントビジネスの戦略を転換するツールとなり、マーケティングソリューションビジネスの一つにしていきたいと考えます。更に、これまでの豊富な経験や専門的な知識と最新情報を掛け合わせ、最適な提案およびサービスの効果最大化を目指した支援を行い、クライアント企業のビジネス成果への貢献に努めてまいります。


(※1) DAIVID
AIを活用した広告調査プラットフォーム。PCおよびモバイルデバイス上で動画を被験者に見せ、ウェブカメラを通じて、顔表情分析、アイトラッキングや先駆的な感情分類手法であるDAIVID 39などの一連の先進技術を使用し、広告主が広告キャンペーンによって生じる感情的影響と注目を最適化するのを支援するサービス。

(※2) ノーム値 
同手法でアンケートを繰り返し行い、その結果を積み重ねることによって抽出された基準値のこと。

(※3) CEM
Customer Equity Management。
顧客のLTV向上や、顧客からのブランド推奨行為の誘発など、アクイジションのみならず優良顧客育成のCRM領域も含めたフルファネルでのマーケティングサポート。

<ADKマーケティング・ソリューションズ会社概要> 
ADK MSは、クライアント企業のあらゆる課題に向き合い、コミュニケーションを中心としたマーケティング領域における総合的なソリューションを提供しています。事業ブランド「ADK CONNECT」においては、デジタル&データドリブン・マーケティングを専門領域とし、ADKグループ内の多彩なスペシャリストが連携しあい、ソリューションをご提案いたします。 
・ADK MS ウェブサイト https://www.adkms.jp/
・「ADK CONNECT」について https://www.adkms.jp/adk-connect/
・CEMブランディングについて https://www.adkms.jp/adk-connect/cem/

<DAIVID会社概要> 
DAIVIDは広告主のキャンペーン最大化を支援する、AIを活用した広告調査会社です。
Unrulyの元広告幹部イアン・フォレスターとランス・トラオレによって2018年に設立されたロンドンを拠点とする同社は、一連の先進技術 –顔の表情、視線追跡、機械学習、など を使用しブランドや代理店がクリエイティブやメディア戦略の注目度や感情的な反応に関するデータを最適化できるよう支援しています。同社は広告テスト・プロセスに革命を起こし、そして人間のパネルを人間の注意レベルと感情を予測するアルゴリズムと入れ替え、広告主が自社広告の効果を高める手助けをいたします。
・DAIVID ウェブサイト https://daivid.co/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ADKホールディングス >
  3. ADKマーケティング・ソリューションズ、AIによる広告調査プラットフォーム「DAIVID」を活用するサービスの日本初進出をサポート