【店舗活用事例】「Marketing Touch」のデジタルスタンプサービスによる来場者分析

~スタンプイベントに参加した来場者の2割以上が2つのフロアを回遊~

SMN株式会社のマーケティングプラットフォーム「Marketing Touch」は、伊勢丹新宿店ストロベリーショップが開催するイベント『150cm-ish" STYLE"』の「デジタルスタンプキャンペーン」において、提供するデジタルスタンプサービス(*1)が採用されました。

 同店舗での電子スタンプの採用は、昨年8月に続いて2回目となります。今回のイベントでは、「Marketing Touch」による効率的なイベント運用と来店計測と併せて、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」(*2)を活用した来店時の傾向分析を行いました。

【イベント概要】
・イベント名:『150cm-ish" STYLE"』
・開催期間:3月11日(水)~3月16日(月)
・場所:伊勢丹新宿店本館3階(店舗)、6階(催事場)
・実施内容:来店者のスマートフォンでスタンプ押印画面を表示し、QRコードを読み取りスタンプで“当たり”が出た場合は、景品をプレゼント
・イベントURL: https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/event_calendar/150cm-ish_style.html
 

<イベントイメージ><イベントイメージ>

 

【計測分析概要】

・導入企業:株式会社 三越伊勢丹
・『150cm-ish" STYLE"』イベント内容
  小柄女性のためのファッションイベント。今回は約30ブランドから、ウェアやシューズ、アクセサリー、アンダーウェアが登場するほか、インフルエンサー・スタイリストによる“小柄映えアイテム”をご紹介。
・来店計測と分析:SMN株式会社
・分析方法:マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」によるAI分析
・期間:2020年3月11日~3月16日
・目的:2フロア(リニューアルした3階店舗と6階催事場)来店計測と送客、効率的なイベント運営、AI分析による来場者の測定
・課題:2フロアの回遊、顧客層とイベント来場者の傾向の差異などを可視化
・取り組み
(1)「Marketing Touch」の電子スタンプを活用した、2フロアを回遊するスタンプラリーを実施
(2)電子スタンプの情報から「VALIS-Cockpit」による来場者の傾向を分析
(3)『150cm-ish" STYLE"』の公式LINEページに、「Marketing Touch」のページに遷移するリンクを配信。リンクをクリックしたユーザーの特徴を分析※上記分析に関して、「お客様個人を識別できる情報」は一切含まれておりません。

【計測分析概要】
・導入企業:株式会社 三越伊勢丹
・『150cm-ish" STYLE"』イベント内容
  小柄女性のためのファッションイベント。今回は約30ブランドから、ウェアやシューズ、アクセサリー、アンダーウェアが登場するほか、インフルエンサー・スタイリストによる“小柄映えアイテム”をご紹介

・来店計測と分析:SMN株式会社
・分析方法:マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」によるAI分析
・期間:2020年3月11日~3月16日
・目的:2フロア(リニューアルした3階店舗と6階催事場)来店計測と送客、効率的なイベント運営、AI分析による来場者の測定
・課題:2フロアの回遊、顧客層とイベント来場者の傾向の差異などを可視化
・取り組み
(1)「Marketing Touch」の電子スタンプを活用した、2フロアを回遊するスタンプラリーを実施
(2)電子スタンプの情報から「VALIS-Cockpit」による来場者の傾向を分析
(3)『150cm-ish" STYLE"』の公式LINEページに、「Marketing Touch」のページに遷移するリンクを配信。リンクをクリックしたユーザーの特徴を分析

※上記分析に関して、「お客様個人を識別できる情報」は一切含まれておりません

【計測による可視化できた内容】※一部抜粋
(1)電子スタンプを活用した、2フロアを回遊するスタンプラリー
   計測の結果、スタンプイベントの参加者の2割以上が2つのフロアを回遊。催事会場とともに、3階のリニューアル店舗への送客の促進と結果に対する詳細な分析が可能に

(2)電子スタンプ接触ユーザーにおける「VALIS-Cockpit」を活用した来場者の傾向分析
   スタンプに接触したユーザーに対し、「VALIS-Cockpit」による、店舗のコンセプトに沿ったキーワード(低身長、小柄、肌触りなど)を抽出し、分析。WEB閲覧履歴における、スタンプ接触前(4週間前)、接触後(1週間後)のキーワード抽出の比較から、イベント参加後の関連キーワードの接触率が増加傾向(3~4%)にあり、イベントによる興味関心の高まりを裏付ける結果に

(3)LP接触ユーザーのキーワード毎の増加率
   LP(ランディングページ)に接触したユーザーに対し、「VALIS-Cockpit」のWEB閲覧履歴から抽出した、特定のキーワード(小柄、新宿など)においては、接触前(1週間前)、接触直後との比較で、接触率の増加(3%強)をみることができた。上記分析の結果により、新規顧客獲得のための有効なセグメントとタイミングを発見され、施策後のユーザーの傾向に沿った販促展開が可能に

「Marketing Touch」の電子スタンプサービスは、管理画面からキャンペーン設定が可能となるため、事前の紙の印刷や配付が不要です。さらに素材や文章の差し替え、設定変更などの調整が期間中でも簡単に行うことができます。効率的なイベント運営を支援するほか、「VALIS-Cockpit」の分析により、来店後の店舗におけるデジタル運営に寄与します。

「Marketing Touch」は、今後も、各種ソリューションとの連携を強化することで販促効果を高め、実店舗や催事における収益最大化を支援してまいります。
                                        以 上

*1  「Marketing Touch」のデジタル(電子)スタンプサービス
静電マルチタッチ技術を応用し、ブラウザでスタンプの押印認証をすることができる、アナログとデジタルを融合したスマートフォン向けサービスです。ユーザーのスマートフォンからサイト画面を表示するだけで使用可能なため、手間をかけず簡単に導入することができ、スタンプラリーやポイントカード、クーポンの消込みなど様々な施策で活用いただけます

*2  「VALIS-Cockpit」
膨大なユーザー行動データを高度な分析と可視化技術により、デジタルマーケティングの一元化・自動化を実現するマーケティングAIプラットフォーム

【「Marketing Touch」概要】
「Marketing Touch」は、様々なWebマーケティングおよびタッチポイントと連携し、Web行動履歴と来店・購買データを紐づけ、ターゲットとなる消費者の特定やインサイトの抽出をするほか、マーケティングコミュニケーションの最適化を行う、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォームです。
 
【SMN株式会社 概要】
2000 年 3 月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。
現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」をはじめ、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォーム「Marketing Touch」を提供することで、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。(上場証券取引所:東京証券取引所市場第1部、証券コード:6185)
URL https://www.so-netmedia.jp/

※ 記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

<本サービスに関するお問合せ>
SMN株式会社 O2O事業推進室
Tel: 03-6421-7521
E-Mail: Info-Touch@so-netmedia.jp
  1. プレスリリース >
  2. SMN株式会社 >
  3. 【店舗活用事例】「Marketing Touch」のデジタルスタンプサービスによる来場者分析